【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2019/03/22 23:16

中国雲南省で観測史上最大級の激しい雹嵐により大規模な破壊が発生

2019年3月20日 雹に覆われた中国雲南省の金平県
china-yunnan-0320.jpg

中国南部の、ベトナムとの国境に近い金平県が 3月20日、激しい雹嵐に見舞われました。

少なくとも過去 30年間で見られたことのないような激しい雹嵐だったということです。

hailstorm-china-0320b.jpg

hail-cars-yunnan.jpg

hail-higai-yunnan03.jpg

この雹嵐で、車両や建物などの損壊などを含めて、1万7000人が影響を受け、被害総額は少なくとも 700万元(約 1億1500万円)に達したとのこと。

rare-hail-china07.jpg

雹に見舞われた場所は、金平県という場所で、以下のように、中国最南部の地域のひとつで、ベトナムとも近い場所です。

雲南省金平県の位置
kinpei-china-2019.jpg

このような地域において、今回のような雹嵐が発生するというのは非常に珍しいことであると現地の気象当局は述べています。

北半球の春が本格化すると共に、昨年同様に、また激しい気象が各地に出現し始めそうです。

最終更新:2019/03/22 23:16

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2019/03/22 22:38

アフリカ東部を襲ったサイクロン「アイダイ」による死者数がモザンビークとジンバブエで「数千人」にのぼる可能性/西オーストラリア近くサイクロン2つ発生

モザンビークのサイクロンの被害を伝える3月19日の報道より
mozambique-storm-0319.jpg

アフリカ大陸は、サイクロンなど暴風雨の直撃を受けることはあまりないのですが、3月17日から 18日にかけて、モザンビークとジンバブエを非常に強力なサイクロン「アイダイ (Idai)」が直撃するという事態が発生しました。

まだ被害の全容は明らかになっていないとはいえ、モザンビークの当局は、このサイクロンの洪水などでの死者は、少なくとも 1000人を超える可能性があると声明を出しました。

アイダイが去った後のモザンビーク各地の様子は壊滅的な状態となっています。

2019年3月19日のモザンビークの各地の様子
mozambique-after-idai01.jpg

cyclone-idai-flood003.jpg

ozambique-flood-roof.jpg

after-cyclone-004.jpg

idai-wind-005.jpg

モザンビークの場所
mozambique-map-2019.jpg

最も被害が大きかったモザンビークのベイラという人口 53万人の町では「家屋の 90%以上が損壊あるいは全壊した」とされており、家のない状態の人たちが多数発生しており、人道的な危機も生まれようとしています。

ただ、このベイラという町は現在、通信網が完全に寸断され、道路も破壊されているため、到達できない被災地も数多くあり、被害はさらに拡大する可能性があると、国際赤十字・赤新月社連盟は述べています。

行方不明者の数も非常に多いため、犠牲者の数もさらに増えるおそれがありそうです。

モザンビークの隣国のジンバブエでも、現時点で 100人規模の死者と、200人以上の行方不明者が出ていると報じられています。

最近は、ハリケーンやサイクロンの移動のコースが、かつてないようなものになる事態が相次いでいて、昨年以下のような記事で、異例のハリケーンやサイクロンについて取り上げさせていただいたことがあります。

176年ぶりにスペインにハリケーンが上陸か。極めて異例のコースの進路のハリケーン「レスリー」が見せる「地球の変化」

2018年10月14日の報道より
hurricane-in-spain2018.jpg
ここのところ、暴風雨についての記事が多く、しかも、ふだんは暴風雨とはあまり縁のない場所でのハリケーンやサイクロンなどの報道が目立ちます。

そのような中で、現在、なんと、

「スペインにハリケーンが上陸する」

ということが報じられています。

アラビア半島のイエメンに史上3番目となるサイクロン・ルバンが上陸。「2日間で数年分の雨」が降り、壊滅的な大洪水に

2018年10月15日 イエメンの大洪水の中で慣れない水中を進むラクダ
yemen-floods-2018.jpg

中東アラビア半島のイエメンに、10月14日、サイクロン「ルバン」が上陸し、ふだんはほとんどの雨の降らない砂漠の国にイエメンに、数年分と考えられる雨量を記録する大雨が降り、大変な洪水が引き起こされています。

西オーストラリア近くで非常に危険な熱帯低気圧「Veronica」「Trevor」

tc-veronica-trevor-march-24-2019-gfs-mr-march-20.jpg
熱帯低気圧「Trevor」は、2019年3月18日にサンゴ海・熱帯低気圧「ヴェロニカ」は2019年3月19日に西オーストラリア州キンバリー北部で形成されされました。


オーストラリアの熱帯低気圧の強度スケールで、深刻な熱帯低気圧「Trevor」がカテゴリ3の低気圧にアップグレードされました。トレバーは、ポートマッカーサーとノーザンテリトリー/クイーンズランド州の国境との間のどこかに上陸する前に、激化を続けると予想されています。当局は、住民に今日の準備を完了させ、救急隊からの指示に従い、そして彼らのサイクロンキットを準備させるように促している。

西オーストラリア北西部の沖合でも深刻な熱帯低気圧のヴェロニカが発生しているため、オーストラリアの歴史上2度目で2つのカテゴリ4以上のサイクロンが互いの24時間以内に海岸を横切ることになるでしょう。 3月22日に言った。

3月22日午前8時16分のUTC、極度の熱帯低気圧「Trevor」は130 km / h(81 mph)の最大10分の風速と972 hPaの中心気圧を持っていた。

ダーウィン熱帯低気圧警報センターは、過去数時間の間に雷の活動の増加が新たな深い対流を示していることを発見したと述べた。

北半球と南東の両セクターでは、垂直方向のウィンドシアが低く、SSTが高く、流出路が良好であるため、上陸前の急速な環境強化が続いています。SHIPSのガイダンスでは、今後24時間で75%を超える確率で急激な強化の可能性があります。

サイクロンの循環は広範囲で、強風が今夜真夜中から南湾岸沿岸の大部分に影響を与える可能性があります。

著しい暴風雨と風の影響があり、カルペンタリア湾南部沿岸の低地沿岸域に広範囲に浸水する可能性があります。

Carpentaria地区の平らな地形と相まって、大循環と低せん断環境は、サイクロンが上陸後ほぼ24時間持続することを可能にするでしょう。

3月24日と25日の日曜日と月曜日の間、残りの熱帯低気圧は、ノーザンテリトリーの東部を越えて内陸に移動し続けると予測されています。

これらの地域では、大雨によりフラッシュフラッディングや著しい洪水の洪水が起こり、それに伴って雷雨の風突風が損傷する危険性があります。

stc-trevor-and-veronica-at-0720z-march-22-2019-himawari-8.jpg





コア内では、上陸時の突風は275 km / h(171 mph)にもなり、これが大きなインフラストラクチャと植生の損傷を引き起こすとMorganは述べた。非常に危険な暴風雨と非常に激しい降雨が組み合わさって、低地の浸水を引き起こす可能性があります。

「トレバーがさらに内陸に移動するにつれて、50〜100 mm(1.9〜3.9インチ)の広範囲にわたる3日間の降雨量を見ている」とモーガン氏は語った。「私たちが知っているように、オーストラリアのこの地域では道路が切断されコミュニティが非常に急速に孤立する可能性がある

上空の大気の状態やジェット気流などの大気の流れが激しく変化している中で、このような「これまでにない地域での暴風雨の被害」は、今後もさらに多くなっていくことが予想されます。

最終更新:2019/03/22 22:38

ページ上部へ

カレンダー

2019年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム