【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2019/02/21 19:06

世界中で赤黒く輝いた2019年最大のスーパームーン

2019年2月19日 凍結した米スペリオル湖と赤く歪んだスーパームーン
lake-superior-0219.jpg

2月19日は、世界各地でスーパームーンが観測された日でした。

スーパームーンというような大仰な名称がつけられていますが、これは、月が地球に最も近くにあるときの満月のことでして、そのためにふだんより大きく明るく見えるというだけのことではあり、それ自体は、ある程度頻繁に起きることです。

この 2月19日のスーパームーンは、今年観測できる中で最も大きくて明るいものだったそうで、tenki.jp の記事によれば、 2月19日の満月は、最も小さい時と比べて、直径が 14パーセント大きく見え、明るさは 30パーセントも強く輝いて見えたのだそうです。

まあしかし、スーパームーンという現象だけなら、特にどうということではないのですが、今年 2019年は、スーパームーンと、皆既月食(ブラッドムーン)が同時に起きた「スーパー・ブラッド・ムーン」という月の現象から始まった年でありもありました。

そして、その今年 1月21日は、以下の記事で取りあげさせていただきましたように、皆既月食は、「主にアメリカを血のような赤で照らした」現象となりました。

2019年最初の「赤い月」はスーパーブラッドムーン。そしてその皆既月食の血の色はアメリカだけを照らした


2019年1月21日 米アーカンソー州で撮影された皆既月食

newhope-arkansas-moon0120.jpg

スーパー・ブラッド・ムーンの日に思い出すこと
日本ではちょうど今日(1月21日)の日中にあたる時間に「赤い月」が広く観測されました。

赤い月というのは、皆既月食のことで、皆既日食は太陽が黒くなるのに対して、皆既月食の場合は、光の反射の性質により、月が血のような真っ赤になることが知られています。

下の地図は、1月21日に、スーパー・ブラッド・ムーンを観測できた場所で、赤の国や地域だけで、血の月(皆既月食)を見ることができました。

2019年1月21日にスーパー・ブラッド・ムーンを観測できた地域
blood-moon-us0120b.jpg

それから約1ヶ月後の 2月19日に、またスーパームーンの日がやってきたのですけれど、これがまた世界中で、

「赤くて歪んでいるスーパームーン」

の投稿や報道がとても多い日となりました。

冒頭のアメリカのスペリオル湖で撮影されたスーパームーンも、見事に赤く、そして歪んでいます。

bomb-moon-2019.jpg

月が赤く見えるのは、見ている角度が浅い場合、つまり地平線や水平線に近い場所に月がある場合は、大気の厚さと光の色の通過度との関係で、ある程度赤く見えるのは普通のことではあります。

また、月が「歪む」のは、大気の中に冷たい空気と暖かい空気が混在している場合など、蜃気楼的な原理で先ほどのスペリオル湖の歪んだ月のようなものも稀に見られることもあります。

というようなに、月が真っ赤であっても歪んでいたとしても、それそのものは現象としては異常でも何でもありません。

ですが、 2月19日には、そんな月があまりにも多く撮影されていたのでした。

少しご紹介させていただきます。

2019年2月19日 世界各地の赤くて歪んだスーパームーン

2月19日 米ニューヨークの真っ赤で少し歪んだスーパームーン
new-york-0219.jpg

2月19日 ロシア・ペルム市の歪んだ赤いスーパームーン
perm-russia-0219.jpg

2月19日 スイス・ロルシャッハーベルクの歪んだスーパームーン
super-moon-switzerland0219.jpg

2月19日 米ワシントン D.C.の真っ赤なスーパームーン
supermoon-washington-0219.jpg

2月19日 アルゼンチン・ブエノスアイレスの歪んで赤黒いスーパームーン
supermoon-buenos-aires.jpg

このくらいにしておきますが、特にアメリカのニューヨークとワシントン D.C のスーパームーンは、異様といっていいほど赤く、ここまで月が真っ赤に見えるというのも、そうそう頻繁にあることではなさそうです。

そういえば、最近もっとすごいものを見ました。

2月15日の地球の「大気の流れ」を示した地図なんですけれど、下のようになっていたのです。

2019年2月15日の北半球の大気の流れ
smile-weather-0215.jpg

場所が少しわかりにくいかと思いますが、上の領域は、地図では下の範囲となります。ここが「顔」となっていました。
face-map-0215.jpg

右目が、アメリカ五大湖からカナダのハドソン湾くらいまで、左目が、ロシアのモスクワのあるあたり一帯、口は南米とアフリカの間の大西洋あたりですかね。

というように、この数日は、現象の主役であったスーパームーンの周囲でも、いろいろな様相たちが出現していました。

そして、それと共に、強烈な自然の現象や様相や状態は、今後もさらに激しく出現していくことも疑う余地がないですし。

とはいっても、いろいろと起きる社会の出来事や自然現象に心をすべてもっていかれては、波に飲み込まれるばかりですので、何が起きても、あまり深刻にそこに入り込まずに、できるだけ平静に穏やかに生きていくのがいいのではないかとも思います。

最終更新:2019/02/21 19:06

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2019/02/21 18:34

2月でハリケーン!中央大西洋における爆発的な低気圧形成、ジェット気流内の並外れた風速

2019年2月20日ウォッチャー
hurricane-force-low-nac-11z-feb-20-2019-f.jpg

中央大西洋に位置するハリケーンの力の少ない低気圧が北東に移動し、北大西洋を横切るジェット気流内で並外れた風速を引き起こしています。サイクロンは信じられないほど急速な激化を経験し、南グリーンランドに衝突する前に2月21日にアイスランドの西を通過すると予想されています。

「このジェット機は北大西洋で昨夜発生した激しい爆弾サイクロンに関連しています」とSevere Weather Europeの気象学者は言いました。「地上約10 km(6.2マイル)の所で風速約400 km / h(250 mph)が観測されている」

今日の早い時間、UTCの00:00(2月20日)頃、コアはさらに強くなり、風速は最大407 km / h(253 mph)でした。

12z-sfc-February-20-2019.jpg
2019年2月20日12:00

12z-250hpa-february-20-2019.jpg
2019年2月20日

サイクロンは2月20日の朝に非常に急速な激化を経験し、940 hPa以下に深まった。たった19時間以内に、このサイクロンは信じられないほど51 hPa - 1 003から952 hPaへと深まった。

51 hPaは、「爆弾発生」および「爆弾サイクロン」としても知られる「爆発的なサイクロジェネシス」の2倍以上のしきい値(24時間で24 hPa)です。

north-atlantic-ocean-bombogenesis-data-chart-feb-2019.png

サイクロンは2月21日にアイスランドの西を15メートル(49フィート)まで波を発生させ、その後グリーンランド南部に上陸すると予想。

最終更新:2019/02/21 18:34

ページ上部へ

カレンダー

2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム