【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2018/06/13 21:36

6月初めより千葉・房総沖で「スロー地震」が発生。プレート境界の地盤が数センチメートル動く。防災科学技術研究所は今後の地震に注意をと

防災科学技術研究所が6月11日に発表したプレスリリースより
bousou-slow-slip0611.jpg

地震や火山、気象などについての研究をおこなっている国立の研究開発法人、防災科学技術研究所が 6月11日、

「千葉の房総沖で 6月初めに初めにスロー地震を検出した」

というリリースを発表していました。

リリースの冒頭は以下のようなものです。

房総半島沖で「スロー地震」を検出

国立研究開発法人 防災科学技術研究所は、房総半島沖において地震が群発的に発生し、これと同期して通常とは異なる地殻変動があることを検出しました。この地震活動・地殻変動の原因となっているのは、房総半島沖において約2-6年間隔で繰り返してきた「スロー地震」と推定されます。


スロー地震というのは、スロースリップとも言われていて、揺れを伴わずに断層が動く、一種の「地殻変動」のことです。

今回のこの事象により、房総沖で、約 1センチメートルから 6センチメートル(メディアによって数値が違う)ほど断層が動いたようです。

この房総沖では、数年ごとに地殻変動が発生していますが、そのたびにある程度の規模の地震が発生してきました。

最近では、2007年に発生したスロー地震の後に千葉沖で最大震度 3の地震、 2014年には最大震度 5弱の地震が発生しています。

今回も、実はこれを書いている時(6月12日午前)に、この千葉沖を震源とする地震が発生していまして、これまでと同じパターンとなっています。

2018年6月12日午前5時の千葉県沖の地震
earthquake-20180612-m49.jpg

この地域では、しばらく、ある程度の地震のは発生が続くと思われます。

また、房総沖では過去にもかなり大きな地震も起きています。記録に残っている房総沖での巨大地震は以下のようになります。

過去500年ほどの間の房総沖での巨大地震

・1590年 03月21日 マグニチュード不明

・1655年 05月02日 マグニチュード不明

・1605年 02月03日 マグニチュード 8 (推定)

・1677年 11月04日 マグニチュード 8 (推定)

・1909年 03月13日 マグニチュード 7.5

・1953年 11月26日 マグニチュード 7.4

・1984年 09月19日 マグニチュード 6.6


今回のスロー地震については、NHK の報道から抜粋しておきたいと思います。

千葉県東方沖 プレートが緩やかに動く 念のため地震に注意

NHK 2018/06/11
千葉県の東方沖で、地下のプレートの境界がゆっくりとずれ動く「スロースリップ」と呼ばれる現象が起きていることがわかりました。

過去にはこの現象に伴い、震度4前後の揺れを観測する地震も起きていて、専門家は、念のため今後の地震活動に注意するよう呼びかけています。

政府の地震調査委員会が6月11日に開いた会合で、国土地理院や防災科学技術研究所の観測データが示され、房総半島では今月に入り、GPSによる観測で地盤が南東におよそ1センチずれ動く変化が捉えられたということです。

地震調査委員会によりますと、千葉県東方沖やその周辺では海側のプレートが陸側のプレートの下に沈み込んでいて、これらのプレートの境界がゆっくりとずれ動く「スロースリップ」と呼ばれる現象が起きているということです。

この現象は数年おきに発生し、周辺の地震活動が活発になるということで、最近では4年前の平成26年1月に千葉県で震度3の揺れを観測する地震が2回起き、平成19年8月には震度5弱の揺れを観測する地震も起きています。

最終更新:2018/06/13 21:36

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2018/06/13 21:31

メキシコで猛烈な熱波が続く中で、南米ペルーやチリでは異常といえる寒波。チリ南部のカブルグア湖は極めて珍しい「凍結」に見舞われる

ペルーの異常な雪について報じるメディア
peru-ab-snow2018.jpg

先日、メキシコ、時期としては異常な熱波に見舞われていることを以下の記事でご紹介しました。

メキシコで桁外れの熱波。各地で最高気温が50℃を超え、首都メキシコシティでは99年前の観測史上最高記録を更新
mexico-burning-2018.jpg

この時と同じ頃から、チリやペルーといった、南米の太平洋側の地域では異常な寒波に見舞われて続けています。

冒頭の記事にありますように、ペルーでは、過去 1週間ほど異例といえる大雪に見舞われ続けているようで、混乱が広がっているようです。

ペルー南部のプーノという場所では、降雪と寒波の中、子どもたちに病気が蔓延していることも報じられています。

ペルーの寒波と子どもたちの病気についての報道
peru-cold-june2018.jpg

6月4日 完全に雪に覆われているペルーのプーノ
puno-june2018-snow.jpg

また、チリでも各所で、雪と寒波に見舞われていまして、南部のカブルグア湖という湖のある地域は、かなりの大雪となり、この地域では非常に珍しい「雪に覆われ凍結した湖」の姿が現れました。

6月9日 雪に覆われたチリのカブルグア湖
snow-caburga-0609.jpg

下は、雪に覆われたカブルグア湖周辺の様子が撮影された動画です。

https:●//youtu.be/qvar4DdXt2E

ペルーのプーノとチリのカブルグア湖は下の位置になります。

この周辺の他の地域でも同じような降雪と寒波に見舞われている場所が多くなっています。

ペルーのプーノとチリのカブルグア湖の場所
puno-caburgua.jpg

南半球である南米の多くでは、これから冬に向かっていきます。今はまだ季節では秋となりますが、それでこのような状況ですと、南米のこの冬もまたかなり厳しい冬となっていく可能性があります。

理由がエルニーニョなどにあるのか、他にあるのかは明確にはわかっていませんが、南米のこの数年の冬は毎年寒波が厳しくなり続けている感じがあります。

下のように「世界の気温が混乱している」というようなことを書かせていただきました。

温暖化も寒冷化もなく世界各地の気温はムチャクチャな渦中。メキシコでは44℃の中で信号機が溶け、極東シベリアでは37℃の超熱波。一方で、ロシア西部と南米チリでは寒波の記録を更新中

0602-kion-anomaly01.jpg
0602-kion-anomaly02.jpg

この状態、つまり気温が高いにしても低いにしても、極端な方向にまで突き進んでいくという傾向は今後も拡大していきそうです。

最終更新:2018/06/13 21:31

2018/06/13 11:14

こんにちは!リコー農研です。

当店の今週(6/6 - 6/12)の人気商品ランキングを発表!

1位の商品は[送料無料]【ピートモス 0-10mm】300リットル=5袋EU産ミズゴケ土壌改良剤です。
他にも2位には[送料500円]【結晶硫マグFe】1kg葉面散布にも土壌施肥にも使える硫酸マグネシウム肥料
3位には[送料無料]【Si58】粉20kg有効性微生物を増やすケイ酸肥料です。などもランクインしております♪

店内にもオススメ商品がたくさん揃っているので
気になる方は是非チェックしてください!
リコー農研のトップへ!

王冠
リコー農研週間ランキング

(6/6 - 6/12)

※本ランキングは楽天市場ランキングチームが独自にランキング順位を作成しております。
※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

最終更新:2018/06/13 11:14

ページ上部へ

カレンダー

2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム