【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2017/07/21 22:50

「動物たちの集団自殺」が続いている : トルコで羊が集団で飛び降り死。前月にはスイスで牛たちが集団自決したばかり
2017/07/20
7月19日のロシアの英字紙より
turkey-sheep-suicide.jpg

トルコで「羊の集団が自主的に崖から次々と飛び降りて死ぬ」という出来事が起きたことが報じられていまして、ちょっとご紹介しておきたいなと思いました。

羊たちは何かに追われていたわけでもなく、原因はまったくわかっていませんが、特筆すべきは「これが初めての出来事ではない」ということです。

まあ、動物の場合は「自殺」という言葉でいいのかどうかわからないのですが、人間において現在、「奇妙に自殺が増えている」というようなことはありまして、そのことは、過去記事の、

伝染病のように世界中に拡大する「自殺」の流行 : そして、自殺が増加している本当の理由
2016/05/18
2016年5月5日のオーストラリアの報道より
suicide-epidemic-aboriginal.jpg

曖昧な理由の中で増大し続ける世界の自殺

最近、世界中で自殺がどんどん増えていっているのですが、報道されるそれらのタイトルを見ていますと、「まるで感染症の増大のような表現」となっていることに気づきます。

下のそれぞれの記事は最近の海外での報道です。

2016年5月6日の英国デイリーメールの報道より
india-suicide-village.jpg

2016年4月28日の米国の報道より
us-suicide-001.jpg

2016年4月11日のカナダの報道より
Canada-Suicide-Epidemic.jpg

自殺が増えているということに関しての今の特徴は、報道をひとつひとつ読んでみても、「具体的な理由が浮かび上がりにくい」ということがあります。

ちなみに、アメリカ合衆国退役軍人省の発表によれば、2016年のデータでは、
・アメリカの退役軍人は1日平均 20人自殺していて、1年間では 7300人が自殺している
us-veterans-rates.jpg
このアメリカの退役軍人の自殺率は毎年増えているようで、どうやら、昔と今では戦争に従軍することは同じでも、その本人たちの戦争に対しての考えが変化してきているか、あるいは「戦争そのものが変化してきている」かかどちらかで、いずれにしても、
「戦争に関わった記憶に耐えられない」
という人々がとても多くなっているようです。

自殺が増加する2つの本当の理由

上のアメリカのものについては、自殺の増加していることについて、これを社会的に解決していかなければならいなというようなことが書かれてあるのですが、なぜ自殺がこんなにも増え続けているのかについての具体的な部分は推測以外は示されていません。

経済的に厳しいとか、仕事がないだとか、そういう理由だけであるならば、過去にもっとひどい状態の時はいくらでもあったはずで、たとえば、今よりもリーマンショックの時の方がそういう面では厳しかったと思いますが、下のアメリカ疾病予防管理センター(CDC)のグラフを見ますと、むしろ、その 2008年より今の方がはるかに自殺率が上昇しています。

アメリカ疾病予防管理センターによる米国の自殺率の推移
cdc-suicide-dat.gif

今回は、上に貼ったうちのインドの「自殺の連続する村」についての英国デイリーメールの記事をご紹介しようと思いますが、これは、バディ村という人口 2,500人の小さな村で、近年だけで 380人が自殺しているという異常事態に陥っている村の話です。

これについて、インドの精神科医は、「有毒な農薬による精神疾患や、経済的に厳しいことなどによるためではないか」と言っていて、これは一見、合理的なように聞こえますが、人口 12億人超で多くが農民のインドで、「有毒な農薬を使っているのは、その 2,500人だけ?」とは思いますし、そもそも農薬が原因でうつ病になるという根拠がどれくらいあるのわかりません(デイリーメールの記事では、中国にそのデータがあるとしています)。

あるいは、経済困難で苦しんでいる人も、特に今はひどい干ばつですから、ものすごい数にのぼると思います。

確かにインドは干ばつの際に農家の人が自殺することがとても多く、マハラシュトラ州という州では、今年、干ばつで苦しんで自殺した人の数は 3,500人に上るとされていますが(報道)、それでも、バディ村の「9人に1人が自殺」というのは、さすがに異常を感じます。

他もそうなんですが、最近の自殺の増加を見ていますと、「もはや合理的な説明はできない領域に入っているのでは」という感じもするのです。

というものに書いたことがありますが、ふと思うのは、「全体が死に向かう時代」というのもあるのかな、とか。

報道によれば、この事象が発生したのは、トルコ南東部のムラディエという山岳地域でした。

羊の飼い主のエルカン・オゼール(Ercan Ozer)さんによれば、羊の群は全部で 79頭で、そのうちの1頭が突然崖から飛び降りた後、残ったすべての羊が後を追って飛び降りたのだそうです。

崖から飛び降りた羊たちを回収する飼い主
sheep-turkey-02.jpg

トルコ・ムラディエ地区
muradiye-turkey.png

オゼールさんは必死で止めようとしましたが、どうやっても無理だったそうで、すべての羊が飛び降りて死んでしまいました。

動物などに追われていたわけでもなく、飼い主も「理由がまったくわからないのです」と述べています、

ただ、このトルコでの羊の集団での自殺はこれが初めてのことではなく、2005年には、トルコ東部で 400頭以上の羊が自殺し、2010年にも 50頭の羊の自殺が記録されているそうです。

2005年の英国BBCの報道より
sheep-bbc-2005.jpg

そして、今年6月には、スイスで「牛の崖からの集団での飛び降り」による大量死が起きていました。

2017年6月6日の報道より
swiss-cow-deaths.jpg
彼らがなぜ集団で死に向かうのかは、現在の動物学などにもある生態の部分からも、いまだにわかっていません。

しかし、彼らは確かに「自分で死を選んでいる」ようです。

こういう「自ら死に向かう」ことが人間社会で拡大しているということを含めて、何か地球のトレンドになっているというようなこともあるのかな、とか思った次第です。

動物も植物も私たちに「世界の現実」をリアルタイムで見せてくれる鏡だという部分もありますし、そういう時代なんですかね。

最終更新:2017/07/21 22:50

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2017/07/21 22:28

世界遺産にも登録されているアラビア海の島でイルカの大量死が発生
2017/07/20
7月16日のイエメンの報道社アバラープレスの記事より
socotra-dolphin-deaths.jpg

中東イエメンに属するアラビア海にあるソコトラ島という島の海岸に、少なくとも 20頭のイルカが死んで打ち上げられるということが、イエメンのメディアで報じられていました。

これまでにこのようなことが起きたことはなかったと現地の報道では記されています。

このソコトラ島というのは、下のような理由で「世界遺産」となっている場所でもあります。

ソコトラ島
ソコトラ島は、イエメンのソコトラ県に属するインド洋上の島。世界遺産に登録される独特の生態系と、その奇観で知られる。


このソコトラ島の海岸に、多数の死亡したイルカが打ち上げられているのが見つかったのでした。

イエメン・ソコトラ島の場所
socotra-yemen-map.gif

打ち上げられたイルカたち
socotra-dd-02.jpg

打ち上げられたイルカの種類は報道では記されていませんのでわかりません。

このアラビア海のあたりに、どのような種類の、あるいは、どのくらいの数のイルカが生息しているのか存じないですので、これが異常なことなのかどうかもよくわからないですが、どの地域にしても、この数のイルカの大量死はそれほど普通ではないです。
sdd-003.jpg

中東でも他の地域と同じように大量死は起きているのでしょうけれど、報道で取り上げられることは多くはなく、記憶だけでは、2013年に、イスラエルのガザ地区にマンタが大量に打ち上げられたことを思い出すくらいです。

2013年2月28日 イスラエル・ガザ地区に打ち上げられた無数のマンタ
manta-top02-01.jpg

いろいろ詳しいことはわからない事象ですが、場所的に気になるところもあり、ご紹介させていただいた次第です。

最終更新:2017/07/21 22:28

2017/07/21 22:20

南米で記録的な寒波と降雪 : チリでは場所により数十年ぶりの雪。アルゼンチンでは50年ぶりに最低気温記録を更新
2017/07/18
2017年7月16日の国立アルゼンチン気象局のツイッターより
smn-record-0716.jpg

北半球は、日本を含めて非常に暑い場所なども多数ある夏ですが、現在が冬にあたる南半球では、異常な寒波に襲われている場所が多くなっています。

冬ですから、気温が通常より下がるのは普通のことなのですが、場所により「歴史的な寒さ」となっていて、南米チリやアルゼンチンでは、気温や降雪状況が、最近では例にない事態となっています。

チリの首都サンティアゴでは、過去数十年の記録の中で初めてとなる雪が降ったことが大きく報じられていました。

2017年7月16日の報道より
santiago-chile-snowfall.jpg

南米チリに雪が降ったのは、7月16日のことで、チリ各地で雪が降ったようですが、特に死湯とサンティアゴでは、記録に残る中では 1980年代以来という降雪となったようです。

雪に不慣れな都市であるためなのか、この日、降雪の中で大規模な停電が発生し、多くの人々が電気のない中で過ごすことになったとのこと。

なお、屋根から落ちた雪や、雪で切れた電線などの影響で、少なくとも1名が死亡し、2名が負傷したと報じられています。

7月16日のサンティアゴの様子
santiago-snow-02.jpg

santiago-snow-01.jpg

また隣国のアルゼンチンでも、この日、強力な寒波に見舞われ、各地で観測史上の最低気温を次々と更新したことがアルゼンチン国立気象局の報告からわかります。

アルゼンチンの7月16日の最低気温
argentina-0716-temperature.gif

この気温分布を見ますと、アルゼンチン全土で低い気温だったことがわかりますが、特にマキンチャオという場所では -12℃、そして、デバリロッシェという街では -25.4℃まで気温が下がったのだそう。

アルゼンチン南部の7月16日の光景

bariloche-record-cold-and-snowstorm-argentina.jpg

arg-0717b.jpg

最終更新:2017/07/21 22:21

2017/07/21 22:15

ロシア・ヴォロネジの空に広がった超巨大積乱雲
2017/07/17
2017年7月13日 ロシア・ヴォロネジ
voronech-supercell-0713.jpg

最近のロシアは、以前では考えられなかった悪天候や荒い気象状況が頻繁に出現します。

ダウンバーストやスーパーセル(超巨大積乱雲)や竜巻などといったものは、どちらかというと無縁な場所が多いロシアで、最近はそういうタイプの気象が頻発しています。

ロシアのヴォロネジでは、冒頭のように、空一面に超巨大積乱雲が立ち昇り、地元の人々は SNS などで「まるでマザーシップのよう」などと話していました。

voronech-missblack11.jpg

2017年7月13日 ロシア・ヴォロネジにて
css-3.jpg

vss04.jpg

vss05.jpg

vss07.j</font>pg

最終更新:2017/07/21 22:21

ページ上部へ

カレンダー

2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム