【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2021/04/12 21:23

[定期]米CDC有害事象報告システム(VAERS)データ。3月26日の時点までのワクチン接種後の有害事象報告数は5万6869件。死亡例は2342件

2021年4月11日
米 CDC (疾病予防管理センター)の「ワクチン有害事象報告システム / VAERS」のデータの最新情報を定期的にご紹介しています。

今回は 4月1日までの有害事象報告データです。

3月26日までのデータは、以下の記事にあります。

世界の出来1737 [定期]米CDC有害事象報告システム(VAERS)データ。

以下は、現時点で最新の 4月1日までの CDC への有害事象報告データです。

vaers-report-0401id01.jpg

新型コロナワクチンの有害事象報告
2021年4月1日までの全報告数 56,869件

・死亡 2,342件 (4.12%)
・永久的な障害 941件 (1.65%)
・受診 8,743件 (15.37%)
・緊急病院に搬送 8,946件 (15.73%)
・入院 4,961件 (8.72%)
・回復 21,678件 (38.12%)
・生命への脅威 1,484件 (2.61%)
・深刻でない事象 20,950件 (36.84%)


なお、これはあくまで、医療機関や本人などからの「報告」であり、CDC などは、これらがワクチンと関係しているとは述べていません。アメリカのメディアが、CDC にこの有害事象報告数について問い合わせをしたことが記事となっていますが、今のところ CDC からの回答はないと記されています。

有害報告全体の中の「重症」とされた事例は、7,971件と表示されていまして、前回より 250件ほど増加しました。

報告の中で、毎回個別で見ている「ベル麻痺(顔面麻痺の一種)」、そして「流産や胎児への影響」、「アナフィラキシー反応」は以下のようになっていました。

・ベル麻痺(顔面神経麻痺) 500件(データ) 前回までは 473件

・流産 / 早産 / あるいは胎児への影響  387件(データ) 前回までは 341件

・アナフィラキシー反応 2,878件(データ) 前回までは 2,578件


アナフィラキシー反応が、前週より 300件増加しており、 1週間で 1割以上の増加となっていますので、ややペースが急激となっています。

しかしここにきて、ワクチンの問題は、すでに接種直後から短期間で起きる副反応とか副作用のように言われている事象だけにとどまらないことが懸念されつつあり、これらのワクチンの「人類への長い影響」を懸念する医学者の声明を掲載しています。

それでも、CDC のこれらの短期間においての有害事象報告を見続けていますと、それぞれの事象の比率が比較的安定していますので、つまり、世界中で、このような割合で、何らかの短期間での有害事象は起き続けてていると考えるのが妥当のように思います。

最終更新:2021/04/12 21:23

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今月