【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2020/11/11 20:58

4日の郵便投票を3日付にするよう指示されたと郵便局職員暴露、投票日翌日に郵便投票を集める人々も

2020.11.11
新型コロナウイルスの影響で郵便投票が急増し、開票が遅れに遅れている米大統領選挙だが、選挙管理においていくつか不審な点も指摘されている。

■期限後に届いた郵便投票の日付を変えて有効票に

 バイデンが制した激戦州の1つ、ミシガン州もまた郵送による投票が急増した地域である。ミシガン州では郵送による投票は当日午後8時必着で、それ以降に届いた投票は、有効投票としてカウントされないことになっているという。

 しかしそこに内部告発を行う人物が現れた。ミシガン州トラバースシティの郵便局員を名乗る人物が、上司から11月4日に到着した投票用紙に11月3日のスタンプを押すように命じられたというのだ。

 保守派の活動家であるジェームズ・オキーフ氏が運営する調査報道機関「Project Veritas」のYouTubeにチャンネルに11月5日に投稿された動画では、トラバースシティの郵便局員によるショッキングな内部告発が語られている。

ht●●tps://youtu.be/fS6xOuhsiJw

投票期限後に到着した投票用紙は無効になるのだが、この郵便局員は4日に上司からの命令で期限後に届いた投票用紙をすべて集め、3日の消印を押して集計に回したというのである。

 投稿されるや再生回数はたちまち100万回を超えたこの動画であったが、郵政公社の広報担当はこの動画を認識していると言及している一方、地元警察は動画を認識しておらず、調査もしていないと述べている。

 動画を投稿したProjectVeritas側は当然この人物とその発言内容は本物であると主張しているが、ワシントンD.C.の“ファクトチェック”メディア「Politi Fact」は、そのような指令が実際にトラバースシティの郵便局員に与えられたかどうかは確認できず、また動画内の人物の身元を確認できないとしている。

 はたしてミシガン州で票の集計に“不正”が行われていたのか、今後の調査で何かが判明してくるとすれば事態は錯綜してくるだろう。

■大量のバイデン票が積みあがった時間帯

 米大統領選においてほかにも疑わしい点が指摘されている。

 中国からアメリカに亡命した実業家の郭文貴氏が設立したメディアの一角を成す「G News」の記事によれば、ウィスコンシン州とミシガン州の開票状況で不可解な動きを見せる時間帯があったということだ。それまでトランプ有利のまま両者共に順調に票を積み重ねていたのだが、あるタイミングでバイデンに大量の票がカウントされている時間帯があったのだ。統計学上はあり得ないように思えるこの大量のバイデン票はいったいどこからきたものなのか。

wisconsin-the-race.jpg

ウィスコンシン州では11月4日の午前4時頃、票数を示す曲線がほぼ垂直方向に伸び、ミシガン州でも午前6時頃に同様のことが起こっていることがグラフからも示されている。これは自然の確率曲線ではなく、操作によってのみ検出される種類のものであるという。

 そして開票所で開封されているメール便の中に中国のメール便サービスである「SF Express(順豊エクスプレス)」の封筒が多く見られることも“疑惑”を招いている。国際郵便ではない一般の郵便投票でなぜこれほどまでにSF Expressが使われているのか(記事ではSF Expressはアメリカでは営業していないとあるが、同社のウェブサイトではアメリカでもサービスを提供しているとある)。

mailedballots3.jpg
「G News」の記事より

「G News」の記事ではSF Expressで送られた投票用紙はアメリカの大統領選挙に介入したい中国共産党からのものであると主張している。中国に住むアメリカ人の郵便投票であっても、SF Expressが使われることはないというのである。

 そしてきわめつけともいえるのは、カリフォルニア州ロサンゼルス某所の郵便ポストに投函された郵便投票が4日の朝に回収されていることを収録した動画である。3日の午後8時必着どころか、4日の朝に回収されているとはいったいどういうことなのか。

ht●●tps://youtu.be/ikEmxXFcOW4

何かとキナ臭さを感じる今回のコロナ禍での大統領選挙だが、今後選挙の有効性をめぐって法廷で争われる可能性はあるのだろうか。そしてそこに仄見える中国の影とは……。“ロシア疑惑”ではじまったトランプ政権だったが、バイデン政権は“チャイナ疑惑”からスタートすることになるのか、大統領選挙をめぐって予断を許さない状況がまだ少し続きそうだ。

最終更新:2020/11/11 20:58

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

今月