【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2020/07/23 20:40

イタリアのパレルモで過去230年で最大の記録的な短時間豪雨。2時間で1年間分の雨が降った模様

2020年7月19日
palermo-heavy-rain0716.jpg
・7月16日 イタリア・パレルモ

日本や中国などを含めて、アジアでは過去に記録にないような短時間での豪雨などによる被害が出ていますが、ヨーロッパでも「前例のない」ような雨が記録される場所が多くなっています。

イタリア・シチリア島のパレルモでは、壮絶な短時間豪雨により、道路や住宅が、ほんの2時間ほどで各地で水没した様子が報じられていました。

2020年7月16日 パレルモにて
cars-under-water0716.jpg

palermo-cars-water003.jpg

palermo-flood-005.jpg

palermo-italy-2020.jpg

パレルモの市長は、「この雨は、パレルモを襲った雨としては、1790年以来最強のものだった」と述べたことが報じられています。

気象局は、「約 2時間で年間の降水量と同じ程度の雨が降った」と述べていますので、壮絶な豪雨が短時間に降ったもののようです。

パレルモ気象局は「このような雨になるとは予測していなかった」とも言っていたようですが、日本などの豪雨でも、今は降雨量の予測が難しくなっていて、「予想できる最大量」になってしまうことも多くなっています。

降雨のシステムが変化あるいは崩壊してしまった状況は、今はすでに世界中に拡大しているようで、これから気温が上昇していき、台風やハリケーンなどの暴風雨が発生しやすいこれからの時期は、さらに信じられないような雨や洪水を経験していくことになるのかもしれません。

今年は秋の終わりころまでは雨と洪水に関しての報道が本当に多くなりそうです。


ストロンボリ火山で大爆発, イタリア

2020年7月19日ウォッチャー

2020年7月19日、イタリアのストロンボリ火山で2020年7月19日03:00(05:00 LT)に突然大爆発が起こりました。爆発は火山の平均爆発の約10倍強かった。

爆発は、クレーターテラス全体とシアラ・デル・フオコに配布されたと、INGVエトナ天文台が報告しています。

地震の観点から、この現象は、爆発的な出来事の短いシーケンスと03:10 UTCまで続く火山振戦振幅の増加によって特徴付けられています。

ht●●tps://youtu.be/QmnFojKJDEM

2020年7月19日、イタリアのストロンボリ火山で2020年7月19日03:00(05:00 LT)に突然大爆発が起こりました。爆発は火山の平均爆発の約10倍強かった。

爆発の産物は、クレーターテラス全体とシアラ・デル・フオコに配布されたと、INGVエトナ天文台が報告しています。

地震の観点から、この現象は、爆発的な出来事の短いシーケンスと03:10 UTCまで続く火山振戦振幅の増加によって特徴付けられています。

地球物理学的なデータは、爆発が火山での爆発の平均サイズの約10倍強く、2017年3月15日の大規模な噴火に匹敵することを示唆している、と火山発見のトム・ファイファー博士は報告している。

「爆発は中央/SWクレーターエリアの通気孔から発生し、450 m [1 500フィート]の距離で250 Paの圧力波が検出され、火熱溶岩爆弾でクレーターテラス全体とその向こうにシャワーを浴びました。

しかし、2019年7月3日と8月28日の発作よりも約1桁小さかった。

2019年7月3日の噴火は2007年3月以来最も強かった。溶融物が一連の火災に火をつけた後、1人のハイカーが死亡しました。イタリアの通信社ANSAは、噴火は安全のために海に飛び込む約30人の観光客を送ったと言いました。目撃者の一人は、ジノストラの町の人々が家の中で自分自身をバリケードしたり、海に身を投げたと言いました。

stromboli-explosion-03z-july-19-2020-bg1.jpg

stromboli-explosion-03z-july-19-2020-bg2-thermal.jpg

stromboli-explosion-03z-july-19-2020-bg3-thermal.jpg

stromboli-explosion-03z-july-19-2020-bg4-thermal.jpg

stromboli-explosion-03z-july-19-2020-bg5-thermal.jpg

エオリア諸島のNE最中のストロンボリは、歴史的な時間の多くを通じてその噴火を特徴付けている頻繁な穏やかな爆発活動にその名前を貸しました。高さ924m(3 031フィート)の小さな島は、2つの主要な噴火サイクルで成長した火山の出現した頂上であり、最後に島の西部を形成しました。

20200723-203406.jpg

ネオストロンボリ噴火期は約13 000年から5 000年前に続き、現代のストロンボリ建物が形成された。活発な頂上の通気孔は、海面下に広がる一連の斜面の故障の最新の結果として約5000年前に形成された著名な馬蹄形のスカープ、シアラ・デル・フオコの頭に位置しています。

最終更新:2020/07/23 20:40

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2020年7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム