【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2020/05/19 00:31

新型コロナウイルスは感染して回復した後もHIVのように「永遠に」体内に残る可能性が医学的研究でさらに強く示される。

2020年5月14日
新型コロナウイルスは「地球上から消えない」とWHOが声明

世界保健機構(WHO)が、新型コロナウイルスが、「地上に永遠に残るタイプのウイルスになる可能性がある」として、そのたとえとして、エイズウイルス(HIV)を取り上げて以下のように述べていたことが世界中で報じられていました。

HIVのように、コロナウイルスは決して消えないかもしないと WHO は述べた
ndiatoday.in 2020/05/14

世界保健機関(WHO)は13日、新型コロナウイルスが消滅することはないかもしれないとの見解を示し、世界の人々は新型ウイルスとの共生方法を学ばなければならないと述べた。

WHOの緊急事態対応の責任者であるマイケル・ライアン氏は、コロナウイルスは地域社会で別の風土病ウイルスになる可能性があり、決して消えることはない可能性があると語った。

ライアン氏は、HIVが消え去ったことがないのと同じように、新型コロナウイルスがいつ消えるのかについての手がかりはないと述べた。

「 HIV が地球上から去ったことは一度もありません。しかし、HIVに感染している人がより長く健康的な生活を送るための方法を私たちは見つけ、われわれはエイズウイルスと折り合いをつけることができています」とライアン氏は述べた。


これは、新型コロナウイルスが、一度登場してからは、完全に地球に定着したエイズウイルスのようになる可能性が高いとしたものであり、新型コロナウイルス自体の性質を述べたものではないです。

しかし、現実として、新型コロナウイルスというウイルス自体が、エイズウイルスの性質を持っていることについては、以下のような記事などでこれまで何度も記してきました。

コロナウイルスは、HIV のような突然変異のためにヒト細胞に結合する可能性が SARS よりはるかに高いと科学者たちは述べた
Coronavirus far more likely than Sars to bond to human cells due to HIV-like mutation, scientists say
South China Morning Post 2020/02/27

中国・南海大学のチームによる研究で、新型コロナウイルスが HIV とエボラで見られるものに類似した遺伝子に変異させたことが示されている。この発見は、感染がどのように広がり、どこから来たのかを理解するのに役立つはずだ。

中国とヨーロッパの科学者による新型コロナウイルスの新しい研究によると、新型コロナウイルスは、ヒト細胞と結合する能力が、同じコロナウイルスである SARS ウイルスの最大 1,000倍強力になる可能性があることを意味する HIV のような突然変異を持っていることがわかった。

この発見は、感染がどのように広がったのかということだけではなく、どこから来たのか、どのように戦うことができるのかを説明するのに役立つ。

科学者たちは、SARS(重症急性呼吸器症候群)が、ヒトの細胞膜上の ACE2 と呼ばれる受容体タンパク質と結合することによって人体に入ったことを示した。

また、いくつかの初期の研究では、新型コロナウイルスは、SARS の遺伝構造と約 80%を共有する同様の経路をたどることが示唆された。

しかし、受容体 ACE2 タンパク質は健康な人の細胞には大量に存在しない、このことは SARS が 2002年から 2003年にかけて世界中で約 8,000人に感染したものの、それ以上の感染拡大が起きなかったことを説明することができるものだ。

HIV やエボラを含む他の感染力の高いウイルスは、人体のタンパク質活性化因子として機能する「フーリン」と呼ばれる酵素を標的とする。多くのタンパク質は、生産されると不活性または休止状態になり、さまざまな機能を活性化するために特定のポイントで「切断」する必要がある。

中国・天津にある南海大学のルアン・ジショウ教授(Professor Ruan Jishou)と彼のチームは、新型コロナウイルスのゲノム配列に、SARS ウイルスには存在しないが、 HIV とエボラウイルスでは見られるものと類似した変異遺伝子のセクションを見つけた。

ルアン教授は以下のように述べる。

「この発見は、新型コロナウイルス 2019-nCoV は、その感染経路において SARS コロナウイルスとは大きく異なる可能性があることを示唆しています。この新型コロナウイルスは、HIV などの他のウイルスの感染メカニズムを使用する可能性があるのです」

研究によれば、この突然変異は、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質の切断部位として知られる構造を生成している可能性がある。

ウイルスは、到達するスパイクタンパク質を使用して宿主細胞に侵入するが、通常、このタンパク質は不活性だ。ウイルスのタンパク質の切断部位の構造の仕事は、ヒトの細胞のフーリンタンパク質をだますことだ。

そのため、スパイクタンパク質を切断して活性化し、ウイルス膜と細胞膜の「直接結合」を引き起こす。これによりウイルスに感染する。

そして、この研究の調査によると、このような構造を持つ新型コロナウイルスの結合方法は、SARS の細胞との結合方法と比較して、「 100倍から 1,000倍」効率的なのだという。

論文は査読前だが、発表からわずか 2週間で、この論文は Chinarxiv で最も多く読まれている。

その後の調査で、湖北省の武漢にある華中科技大学の李華教授が率いる研究チームが、ルアン教授のこの調査結果を確認した。

SARS、MERS、または Bat-CoVRaTG13 (コウモリのコロナウイルス)では、突然変異は発見されていない。コウモリのコロナウイルスは、新型コロナウイルスの遺伝子と 96%の類似性を持つため、これが新型コロナウイルスの発生源だと考えられている。

一方、2月10日の科学雑誌 Antiviral Research に掲載された、フランス・マルセイユ大学の科学者エティッネ・デクロイ(Etienne Decroly)氏の研究でも、新型コロナウイルスから、他のコロナウイルスには存在しない「フーリンのような切断部位」が見つかっている。

新型コロナウイルスに対する科学者たちの理解は、過去数か月で劇的に変化してきている。

当初、このウイルスは人類への大きな脅威とは見なされていなかった。

中国疾病管理予防センターは、新型コロナウイルスのヒトからヒトへの感染の証拠はないと述べた。しかし、中国疾病管理予防センターのその仮定はすぐに無効となった。

現時点(2月26日)で、世界中で 81,000人以上の感染が確認されている。

中国の研究者たちは、フーリン酵素を標的とする薬によって、人体でのウイルスの複製を妨げることができる可能性があると述べた。フーリン酵素を標的とする薬には、インディナビル、テノフォビルアラフェナミド、テノフォビルジソプロキシル、ドルテグラビルなどの一連の HIV-1 治療薬、およびボセプレビルやテラプレビルなどの C 型肝炎治療薬が含まれる。

ただし、これらの薬が新型コロナウイルスの治療に効果があるという理論を裏付ける臨床的証拠はまだない。

ルアン教授のチームが「予期せぬ挿入」と論文で説明した突然変異は、ラットや鳥インフルエンザの種に見られるコロナウイルスなど、多くの可能性のある原因に由来する可能性がある。

このことと共に、当時ショッキングだったのは、以下の記事で取りあげましたように、新型コロナウイルスには「人間の免疫細胞に感染する」性質があることです。

新型コロナウイルスは免疫細胞を標的にすることで HIV のように免疫系を攻撃する可能性があると科学者たちが警告
Coronavirus could attack immune system like HIV by targeting protective cells, warn scientists
South China Morning Post 2020/04/12

中国とアメリカの研究者たちは、Covid-19 を引き起こすウイルスは、本来なら有害な侵入者から体を保護するはずの T細胞を破壊する可能性があることを発見した。中国の一人の医師は、HIVと同様の影響を懸念する医療関係者たちが増えていると述べた。

中国とアメリカの科学者たちが、Covid-19 を引き起こす新型コロナウイルスは、体内のウイルスを殺すための強力な免疫細胞を攻撃する可能性があると警告した。

上海とニューヨークの研究者チームによって行われたこの驚きの発見は、新型コロナウイルスが人間の免疫システムを攻撃し、HIV (エイズ)患者に見られるものと同様の損傷を引き起こす可能性があるという最前線の医師の観察と一致した。

上海復旦大学のル・ル(Lu Lu)博士とニューヨーク血液センターのジャン・シボー(Jang Shibo)氏は、実験室で増殖させた Tリンパ球細胞株に、新型コロナウイルス Sars-CoV-2 を結合させる実験をおこなった。

T細胞として知られている Tリンパ球は、体内に外部から侵入した病原体など異物を特定して排除する上で中心的な役割を果たしている。

Tリンパ球は、ウイルスに感染した細胞を捕獲し、その膜に穴を開け、有毒な化学物質を細胞に注入することによってこれを行う。これらの化学物質は、ウイルスと感染細胞の両方を殺し、それらをバラバラに引き裂く。

ところが、今回の実験で科学者たちが驚いたのは、本来はウイルスを排除する役割を持つ T細胞が、実験ではコロナウイルスの餌食となったのだ。また、研究者たちは、ウイルスのスパイクタンパク質に独特の構造を発見した。

それらが接触すると、ウイルスのエンベロープと細胞膜の融合を引き起こすと思われる。

その後、コロナウイルスの遺伝子は T細胞に入り、 T細胞の保護機能を無効にしてしまった。

研究者たちは、同じコロナウイルスの SARS ウイルスでも同じ実験をおこなったが、SARS ウイルスには、T細胞に感染する能力がないことを見出した。

つまり、新型コロナウイルスだけが、T細胞を攻撃する能力を持っているのだ。

2003年の大流行で数百人が死亡した SARS は、ACE2 と呼ばれる特定の受容体タンパク質を運ぶ細胞にのみ感染する能力を持つが、この ACE2 タンパク質は T細胞には非常に低いレベルでしか存在しない
(※ T細胞には SARS の受容体がないために、SARS は T細胞に感染できないが、新型コロナウイルスは受容できる能力を持つということ)。

T細胞への新型コロナウイルス感染をさらに調査した後、研究者たちは、「病原性メカニズムと治療的介入についての新しい考え方」が喚起されるだろうと査読付き科学誌(Cellular&Molecular Immunology)に掲載された論文で述べた。

中国北京の公立病院で Covid-19 の患者たちを治療している一人の医師は、この発見により、新型コロナウイルスが人間の免疫システムを直接攻撃する最も悪名高いウイルスのいくつかのように振る舞う可能性があるという医学界の懸念の高まりに対する新しい証拠が追加されたと述べた。

センシティブな問題であるため、医師は匿名を条件に以下のように述べている。

「新型コロナウイルスを HIV と比較する医療関係者たちがますます増えているのです」

中国人民解放軍・免疫学研究所の科学者であるチェン・ヨングェン(Chen Yongwen)氏たちは、 Covid-19 の患者たちのうち、特に高齢者あるいは集中治療室での治療を必要とする患者たちでは、T細胞数が著しく減少する可能性があることを警告する臨床報告を 2月に発表した。T細胞数が少ないほど、死亡のリスクは高くなる。

数々の遺体を見た医師たちは、死亡者の内臓の損傷が「 SARSとエイズの組み合わせと似ている」と語っている。

新型コロナウイルス Sars-CoV-2 の結合機能の背後にある遺伝子は、他のコロナウイルスでは見つかっていない。新型コロナウイルスだけのものだ。

しかし、エイズやエボラなどのいくつかの致命的なウイルスが同様の遺伝子配列を持っているため、今回のパンデミックが起きる前に、新型コロナウイルスは、長い期間、人間の社会で静かに広がっていたのではないかという憶測を促している。

しかし、新しい研究によると、新型コロナウイルス Sars-CoV-2と HIV (エイズウイルス)の間には 1つの大きな違いがあった。

エイズウイルスは T細胞内で複製し、 T細胞を複製工場に変えて、他の細胞に感染するためのより多くのコピーを生成することができる。

しかし、この実験では、 T細胞に入った後の新型コロナウイルスの成長を観察することはなかった。

これは、T細胞に入った後、新型コロナウイルスが T細胞が一緒に死滅してしまう可能性を示唆している。

この研究はいくつかの新しい疑問を引き起こす。

たとえば、新型コロナウイルスでは、多くの人々が、何週間もの間、症状を引き起こさずに体内に存在している可能性がある。症状がない場合、新型コロナウイルスは、これらの患者の中の T細胞とどのように相互作用するかは不明のままだ。

一部の重症患者では、免疫システムが過剰反応して健康な細胞を攻撃する「サイトカインストーム」も引き起こされている。

しかし、なぜ、新型コロナウイルスがサイトカインストームを誘発するのかはよくわかっていないままであり、そのメカニズムもわかっていない。

人間をウイルスなどの感染症の病原体から守ってくれる免疫細胞のひとつとして「 T細胞」という細胞が知られています。

T細胞は、それが「初めて出会う病原体であっても」攻撃してくれ、人間の体をまもってくれるのですが、ところが、この新型コロナウイルスは、「この T 細胞を攻撃する性質を持つ」ことが、中国とアメリカの研究者たちによって突き止められたのが 4月始めの頃でした。

私は、新型コロナウイルスに対しては「基本的に対策をするべきではない」としていますが、このように考えるようになったのがこの頃でした。

さらに、以下の記事で、新型コロナウイルスが、「これまで見たことのない強烈な感染性を持つ」ことが示され、さらにそう思うようになりました。

SARS-CoV-2 ウイルスは332個のヒトタンパク質を標的とし、さまざまな結合部位を持っている。そして40の新薬候補が特定された
COVID-19 Research: SARS-CoV-2 Virus Can Target 332 Human Proteins, Have Variety Of Binding Sites! 40 New Prospective Drug Candidates Identified
Thailand Medical News 2020/04/03

医学、ゲノム、生物学分野の国際的専門家たちの主要な共同研究により、SARS-Cov-2 新型コロナウイルスは、すでに見出されていた ACE-2 受容体を含む 4つの結合方法だけではなく、 332 のヒトタンパク質を標的とすることができることが判明した。

新しい研究は、新型コロナウイルスが、人類がこれまでに経験した中で最も強力なウイルスのひとつとして説明できることを示している。ウイルスのゲノムの構造と、これがヒトのさまざまなタンパク質と相互作用する方法の分析により、研究者たちは、COVID-19 の治療に使用するために再利用できる 40 の新薬も特定した。

研究の結果は、複雑な数学、物理学、およびコンピューティングを利用するネットワークサイエンスに基づく感染ダイナミクスのモデリングツールに由来している。

新しいツールセットは、COVID-19 を引き起こす新型コロナウイルスが細胞に侵入した後の、ヒト細胞内のタンパク質の動作をマッピングした。

研究者たちが、他のヒトウイルスを研究するために 2012年に最初に研究グループと共同で開発した AI モデルは、SARS-CoV-2 が脳内の細胞を攻撃する可能性があることも予測した。

この発見は、報告書が述べているように、初期の COVID-19 の症状には、嗅覚や味覚の喪失が含まれているという最近の報告を説明するのに役立つ可能性がある。

新型コロナウイルスがは、体内に入った直後にヒト細胞を乗っ取り、ウイルス複製マシンを再構築する。これは、コロナウイルスのすべての株が持ち、太陽のコロナの形状をしたスパイクタンパク質に依存している。

これらのウイルスのタンパク質が、健康なヒトの細胞のタンパク質と結合すると、ヒト細胞内の基本的な機能を破壊し、何百万ものウイルスのバージョンの複製を始める。

ウイルス感染のモデリングの最初のステップは、SARS-CoV-2 がどのタンパク質を攻撃してヒト細胞を乗っ取るかを理解することだった。

その結果、研究者たちは、これらのタンパク質が 332 あると報告した。

研究者たちのツールセットは、コロナウイルスが標的とする 332 のタンパク質のそれぞれの働きをモデル化し、これらのタンパク質が細胞内で発動して、新型コロナウイルスの症状を引き起こす可能性があるメカニズムを予測した。

そして研究者たちは、最良の治療薬剤の候補は、 SARS-CoV-2 が最初に攻撃するタンパク質を標的とするものではなく、おそらく、同じ細胞内近傍で機能するものだろうと述べている。

「現在市場に出ているほとんどの薬剤は、細胞のタンパク質自体を直接ターゲットにしていません。ウイルスが標的とするタンパク質がわからないため、阻害するための薬剤を見つける知識が今のところ十分ではないため、細胞内ネットワークの近傍のネットワークを十分に理解する必要があると考えられます 」

ハーバード大学医学部の生物医学情報学の助教授であるMarinka Zitnik博士は、機械学習を使用して、すでに市場に出回っている薬物やCovid-19の治療に転用できる臨床試験で利用可能なデータをバラバシのグループが調査するのを支援しました。

研究筆頭者バラバシ博士は次のように述べる。

「他のすべての研究者が、すぐに候補となる薬剤を構築して研究できることを可能とするために、新たな結果が出た場合には、すぐに研究を公開します。新しい薬剤候補の分野で進歩を遂げることが差し迫って必要となっており、今は、既存の学問や既存のビジネスに妨げられている場合ではないのです」

なぜかというと、このように多様な受容体を利用して感染できるウイルスというのは、他にはそうあるものではなく、受容体の種類が多いということは、一般的に考えれば、感染力が強いということになりますが、新型コロナウイルスは利用できる受容体が数百種類あるかもしれないというのです。

これは異常な感染力を持っている可能性を示しているわけで、「ここまで感染力が強い病原体の感染拡大を防ぐことは不可能ではないか」と思うに至ったからです。

合理的に考えて、人の力で感染抑制ができるわけがないと。

それよりも、感染が拡大していったとしても、普通の社会運営を続ける中で、

・多くの人々にストレスがかからない社会作りを行い
・多くの人々が十分な栄養と十分な睡眠を取ることができるような社会にし
・多くの人々が十分な日光を浴びて、ビタミンDと体内ホルモンの調整を促すことができる社会作りを行う


というようなことによって、「感染しても多くの人々が重症化しない社会作りのために多大な予算を計上する」ことが大事だと思ってきました。

もちろん、こんな理想が実現するとも思ってはいませんが、しかし、ロックダウンや緊急事態宣言は、上のような「感染症に対しての理想の社会の真逆の生活」を作り出してしまうので避けるべきだとも考えていました。

つまり、ロックダウンは、

・過剰なストレスを生み出し
・経済の破綻により栄養失調と睡眠不足が生じ
・太陽光の不足と運動の不足をもたらす


という「人々に不健康を強制する政策」であるわけで、こんなことが感染症の対策になるわけがないとは今も思います。

なお、この考えがある程度、間違いではない理由としては、先ほどのいくつかの論文が発表された 4月の初め以来、各国は強力なロックダウンなどの措置を続けていますが、「ロックダウンは、感染拡大も死者数も抑止できていない」ということが明らかになっているからです。

最初の頃は、「 2週間が大事」というようなことを各国当局は述べていたと思いますが、それから 1ヵ月、2ヵ月と経過した今も多くの国でロックダウンは続いています。

およそ地球上の人々の約半数、主要国ではそれ以上の人々が行動制限の中で暮らしています。

しかし、感染拡大は相変わらずの棒上げ状態です。

日々の新たな感染者数を見ましても、たとえば、4月に入って以来のこの 40日くらいは、ずっと毎日「 7万人から 8万人の新たな感染者が出ている」状態で、中長期的な改善の兆しは見えていません。

以下は、この 4ヶ月ほどの間の新たな感染者数の推移です。国や地域によって差はありますけれど、人口が多く、統計に反映されやすい多くの国がロックダウンをしている状態でこれですので、現状をよく示していると思います。

world-cs-0512.jpg

比較として、ロックダウンをしなかった国の同期間の推移は、おおむね以下のようになります。ロックダウンをしなかった国や地域はいくつかありますが、比較的人口が多い国として、スウェーデンとチェコ共和国と台湾の例を挙げさせていただきます。

単に推移の違いを見ていただきたいだけで、他の意味はありません。

sweden-0512a.jpg

czech-0512a.jpg

taiwan-0512a.jpg

これが「ロックダウンをしなかった国」のひとつの例で、他もおおむね似たような感じです。

このようなグラフを冷静に見ていけば、意味があるかどうかは多少わかるものではないでしょうか。

チェコに関しては、最近の以下の記事でご紹介しています。

チェコ共和国は、厳格なロックダウンを行っていないにもかかわらず、これまでのところ最悪の新型コロナウイルスの流行を回避している
Coronavirus: Czechs so far avoid worst of COVID-19 despite lenient lockdown
euronews.com 2020/05/08

チェコ共和国は、現時点では、新型コロナウイルスの最悪の感染流行を脱することに成功しており、日常生活は比較的普通に続いている。

保育園、ジム、小さな店舗が再開しており、5月25日までには、ほぼすべてのビジネス活動が再開される予定だ。

5月8日の時点で、チェコ共和国(人口 1060万人)の新型コロナウイルスでの死者は 270人にとどまっており、総感染者数は 8,000人と低い数値となっている。

不思議なのは、チェコは、屋外の行動などに対して、比較的自由なロックダウンの政策をとっており、人々は比較的普通に生活しているのに、このような流行の抑制に成功していることだ。

チェコで新型コロナウイルスの感染が最も深刻である東部の都市オロモウツでさえ、公園では人々が芝生の上に座り、屋外カフェで売られているビールを楽しんでいた。

実際には、チェコ政府は屋外での行動についてのロックダウンのアドバイスを通達しているが、そのメッセージに矛盾があるか、あるいは、チェコの人々が、政府の通達を公然と無視しているという。

最近、欧州委員会によって行われた、チェコ人、スロバキア人、ハンガリー人、ポーランド人およびブルガリア人に関する最新の新型コロナウイルスに対しての世界的大流行警報調査では、チェコ人が最も「我々は新型ウイルスの影響は受けない」と考えており、それにより、この新型コロナウイルスに対しての危機によるパニックが最も少ないことがわかった。

調査対象の 5つの国のうち、チェコ人が、新型コロナウイルスに対して最も楽観的だった。

取材では、チェコ人たちは、彼らが公共の場で運動し、公園で楽しむことができていることについて、ほとんどの人たちが満足していると述べていた。

対照的に、フランス、スペイン、イギリスなど他のいくつかのヨーロッパ諸国は、国民の屋外での自由な行動を厳しく制限している。

新型コロナウイルスは、屋外では広がりにくいことを示唆するエビデンスがいくつかあるが、しかし、これは新しいウイルスであるため、明確に確認されてはいない。

中国の研究グループが 4月7日に発表した研究では、中国のさまざまな場所で 188件の新型コロナウイルスの感染の発生を測定したところ「屋外環境で特定された発生は 1件のみだった」ことがわかった。伝染の大部分は、家庭内または公共交通機関内だった。

また、日本での調査では、「新型コロナウイルスは、閉鎖環境(室内や電車内等)で感染する確率が、屋外環境と比較して 18.7倍高かった」ことがわかった。

しかし、チェコ政府も、野外での行動には「マスクの着用」を義務づけている。これに関しては、多くのチェコ人は無視することになく同意し、多くのチェコ人たちが屋外ではマスクをしている。

チェコが緩いロックダウンを課した期間は、約 3週間だった。4月上旬には、マスクなしで、公園や森で自転車やジョギングすることを許可し、ゴルフコースを含むスポーツ施設も 4月上旬に再開され、4月末には一部の体育館やフィットネスセンターも再開された。

現在、英国政府を含む他のヨーロッパの政府が国をビジネスを元に戻す方法として、チェコのモデルを観察しているという報告がある。

そんな中で、WHO は、冒頭でご紹介しました報道のように、ここに至って、「世界の人々は新型ウイルスとの共生方法を学ばなければならない」というように述べ始めているようですが、もう今さら

米ロサンゼルスではではロックダウンがさらに3ヶ月延長

このような現状の中、すごいと思ったのは、たとえばアメリカなどでは「さらにロックダウンを強化」しようとしていることです。

5月12日付けの米ロサンゼルスタイムズは、ロサンゼルスの公衆衛生局長が、「ロックダウンを 8月末まで延長する」と述べたと伝えています。

la-summer-2020.jpg

感染状況に劇的な改善があった場合以外は、基本的に、夏の終わりまで自宅待機を延長すると。

あと 3ヵ月半、実質的なロックダウンが続くということです。

何とも言いようがないですが、ロサンゼルスがこれを発表したということは、アメリカの他の地域や、あるいは、他の国でも起きるかもしれません。

少し話が逸れましたけれど、要するに、新型コロナウイルスというものは感染力がきわめて強い上に、このウイルス自体が「 HIV の性質を持つ」ということは、以前も書いたことがあるのですが、「感染しやすい上に、感染すると、一生、体内に残る」「感染しやすい上に、感染すると、一生、体内に残る」「感染しやすい上に、感染すると、一生、体内に残る」という可能性が高いことです。

新型コロナウイルスが実際にはすでに非常に多くの人たちに感染していることは、世界中の数々の抗体検査で明らかになっていまして、多くの場合が無症状ですので、日本でも相当な数の人たち(人口の数パーセントの感染で数百万人、数十パーセントに達すれば数千万人)がすでに感染して「治っている」可能性が高いです。

しかし、感染した人は「一生、それと向きあわなければならない」可能性があるのです。

それだけに、先ほど書きました、

・ストレスのかからいな生活
・栄養と睡眠
・十分な太陽光

というものを、あるいは「一生気にかけたほうがいい」のかもしれないのです。

私たちは、生き方を変更する必要がある段階にあると思います。

私は今、以前よりもずっと長時間、太陽光を浴びるようにしていますが、外出できないのなら、ベランダでも屋上でもいいですから、皆様も太陽光をたくさん浴びて下さい。

なお、中国と香港の医師団グループによる「新型コロナウイルスに感染して回復した人たちが、慢性の健康被害を受ける可能性」についての研究の医学記事を最近読みました。

それを紹介した記事の概要をご紹介させていただきます。

新型コロナウイルスから回復した患者たちは、残りの人生で慢性的な健康への影響に苦しむ可能性がある

COVID-19 Alerts: Recovered Patients Could Suffer Chronic Health Effects For The Rest Of Their Lives
thailandmedical.news 2020/05/13

これまでに、世界中で 160万人を超える人たちが、SARS-Cov-2 (新型コロナウイルス)感染から「回復した」と見なされている。しかし、最初の症状から回復しても、その人たちにとっては、それはこれから始まる多くの戦いの最初に過ぎないかもしれないことが見出されている。

香港と中国の武漢で行われた新しい調査研究では、回復した人たちの多くが、最初に感染してから数か月後に息切れ、疲労、体の痛み等を報告している。そして回復した人たちが、肺、心臓、肝臓の機能の低下に苛まれていることがわかった。

しかし、それは氷山の一角かもしれないのだ。

SARS-Cov-2コロナウイルスは、呼吸器系を超えて人体の多くの部分を攻撃し、目からつま先、肝臓を含む胃腸管、腎臓、神経系、さらには男性の精巣に損傷を与えることが知られている。

医学研究者たちは、症状から回復した患者たちの長期的な健康状態の追跡を始めているが、同様のコロナウイルス(2003年の SARS )によって引き起こされた過去の流行は、その余波が 10年以上続くことを示している。

過去の研究では、 SARS の生存者たちは、その後約 12年間にわたり、肺感染症、高コレステロール値に苦しみ、感染しなかった人たちよりも頻繁に病気になったことが、科学誌ネイチャーに掲載された論文で判明している。

香港のプリンセスマーガレット病院感染症センターは、新型コロナウイルス患者のグループが退院してからの最大 2か月間を監視しているが、退院した生存者の約半数の肺機能のレベルが正常範囲より低いことが見出された。

ウイルスが最初に検出された武漢の 25人の回復した患者からの血液サンプルを調べた別の研究では、新型コロナウイルスの症状の重症度と関係なく、退院した人たちは、正常な機能を完全には回復していなかったことがわかった。

さらに別の研究では、武漢の病院から退院した 70名のうち 66名が、その後の CTスキャンで、肺に異常がある事例が多数見つかった。また、持続的な炎症の結果として回復した後でも、慢性心臓合併症が患者に発生する可能性があることも判明している。

ウイルスの種類により、人々に及ぼす影響にはさまざまなものがあるが、その長期的な影響の幅と持続期間を確定するには非常に多くの研究による定量化が必要だが、現時点では、新型コロナウイルスによる感染症の影響が長期になる可能性を排除することはできない。

ここまでです。

いろいろと厄介な病気なのですけれど、このウイルスが厄介なことは、4月の時点から何度もふれさせていただいていますが、だからこそ、最も大事なことは、

「ひとりひとりが健康でいること」

という、ありふれている主張ではありますけれど、それでも、やはり最も根本的なところに行き着くのだと思います。

それと、以下の記事の緑茶も含めて、「本来の日本人の食生活」は、感染症対策として大変に有効なものが多いですので、食生活も見直す時期かもしれません。

緑茶は HIV を寄せ付けない作用を持つ可能性がある
Green tea could keep HIV at bay
University of Sheffield News 2007/03/28

英シェフィールド大学と米テキサス州のベイラー医科大学が発表した研究によると、緑茶を飲むことは HIV / AIDS との闘いに役立つ可能性がある。

研究者たちは緑茶に含まれる「エピガロカテキンガレート(EGCG)」と呼ばれる成分が、HIV が免疫系細胞に最初に結合することを妨げることを発見した。エピガロカテキンガレートが免疫系細胞に結合すると、HIV が定着する余地がなくなるのだ。

シェフィールド大学の分子生物学およびバイオテクノロジー学部の研究を担当したマイク・ウィリアムソン教授 (Professor Mike Williamson)は、次のように述べている。

「私たちの研究によると、緑茶を飲むと、HIV に感染するリスクが低下し、 HIVの蔓延を抑制することができる可能性があります」

「これは治療法ではなく、感染を回避する安全な方法でもありませんが、感染者の生活の質を改善するために、従来の薬と組み合わせて、緑茶を摂取することをお勧めしたいと思います。将来的には、さまざまな量のお茶からどれだけの効果が期待できるかを判断する方法の研究をおこないたいとも思っています」


新型コロナウイルスの今回のパンデミックは、厄介な感染症流行であると共に、私たちに「考え方と生き方の変化を求めている」ものであるように感じることも多くなりました。

最終更新:2020/05/19 00:31

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2020年5月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム