【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2020/04/22 22:31

パンデミックは今後30-40日以内に「自然に終焉」する イスラエルの著名な数学者が、新型コロナの感染は「ロックダウンをしてもしなくても」どちらも発生から70日間続いた後に収束するという理論を発表

2020年4月21日
ロックダウンに感染抑止対策としての意味がないことも判明
infections-70-days001.jpg

すべての国と地域で新型コロナウイルスは同じ時間的サイクルで推移する

非常に興味深い記事を見かけました。

それは、以下のようなタイトルの記事で、「ロックダウンをしようがしまいが、それとは関係なく新型コロナウイルスは70日間で収束する」という論文が、イスラエルの著名な数学者で、テルアビブ大学サイバーセンターの責任者でもある教授によって発表されたというものです。

infections-70-down.jpg

これは最初、イスラエルの報道メディア Mako に「イスラエルの感染拡大のピークは2週間以内に収まるとテルアビブ大学の教授は語る」というタイトルで掲載されていたものですが、このイスラエルの報道はヘブライ語でして、翻訳にやや難しいものがあるのですが、先ほどの英字メディアが、それを取り上げていましたので、ご紹介したいと思います。

今回知りましたイスラエルの科学者の「どんな条件下でも新型コロナウイルスの流行は 70日間で収束する」という言葉を聞きまして、「なるほど」と思ったのです。

たとえば、中国から始まった新型コロナウイルスの感染拡大は、その中国本土では、武漢を中心として 1月から深刻な感染拡大が発生しましたが、実際の数値はともかくとしても、3月の中旬頃には、少なくとも中国本土での感染拡大は実際に落ち着いています。

中国に続いて、早い感染拡大が発生した国としては、おおむね、
・シンガポール
・韓国
・香港
・台湾

などですが、以下は、2月19日の新型コロナウイルスの感染状況です。ここにある「日本」というのは、すべてクルーズ船内の感染者で、日本の本土での感染拡大はまだ起きていない時でした。

2月19日の感染状況
coronavirus-cases-0220b.jpg

そして、これらの「感染拡大の早かった国」である、シンガポール、韓国、香港、台湾などは、ほぼすべて、

「早い時期にに感染拡大した国から《順次》パンデミックが収まっていった」

ことが思い出されます。

これらシンガポール、韓国、香港、台湾などでは、2月の中旬過ぎから急激に感染者が拡大しましたが、4月中旬頃には「感染拡大はほとんど過去のこと」にまでなりました。

何のことはない。「早くに感染が拡大した場所から順次、流行が収まっていった」という事実があるのです。

もちろん、このテルアビブ大学の教授の論文の内容は、今、世界中の多くの医学者や科学者たちから反発を受けています。「そんなに簡単に収まるわけがない」と。

しかし、これに関しても、数学的な統計を用いて「ひとつの数学的統計の結果」として発表しているわけで、それに対して感情的に反発するのはどうかしています。そして、少なくとも、現時点では、その通りになっている。

それとも、韓国やシンガポールや香港や台湾が、アメリカやヨーロッパには想像もつかないような、並外れた素晴らしい新型ウイルス対策をしていたと?

そんなことはないはずです。

何より、この論文の内容がある程度、正しいものなのかどうかは、「時間と共にわかる」のですから、それでいいのだと思います。間違いだったのなら、それで訂正すればいい。

アメリカやヨーロッパの多くの国でロックダウン等の政策が始まってから 1ヶ月ほどになりますけれど、仮にこのイスラエルの教授の理論が正しければ、それらの多くの国で、あるいは、日本でも、少なくともあと 1ヶ月と少しで、感染拡大は終焉に向かうことになるのですから、その時に正しいか正しくないかはわかります。

そもそも、以下の記事で書きましたように、

「厳格なロックダウンをしている国と、何もしていないスウェーデンのグラフが、ほぼ同じ」

ということも、そのことを示していないでしょうか。

英国とスウェーデンの人口 100万人あたりの感染者数の推移の比較(3月3日-4月11日)
uk-sweden-10mc.jpg

このイスラエルの教授の論文を取り上げていたインドの地政学のメディアである「グレートゲームインディア」の記事からご紹介します。

このグレートゲームインディアは、世界で最初に、新型コロナウイルスが「武漢のウイルス研究所から流失した可能性がある」ことを理論的に突き止めたサイトのひとつであり、その記事をアメリカのゼロヘッジが記事にしたことで、世界中に「ウイルス流出説」が広がりました。

そういう意味でも、このインドのサイトにある記事の多くは信頼できるものだと思っています。

イスラエルの研究 : ロックダウンの実施と関係なく、COVID-19 感染は 70日間で収束する
STUDY: COVID-19 Infections Subside In 70 Days Irrespective Of Lockdown
greatgameindia.com 2020/04/17

衝撃的な新しいイスラエルの研究の結果は、新型コロナウイルス COVID-19 の感染が、都市を封鎖するロックダウン状態にしようが、封鎖せずにそのままにしておこうが、それとは関係なく、70日間で収束することを論文で示した。

この論文は、イスラエルの著名な数学者であり、イスラエル宇宙庁の会長であるアイザック・ベン・イスラエル(Isaac Ben-Israel)教授によって発表された。

ベン・イスラエル教授の簡単な統計分析は、COVID-19 の広がりが約 40日後にピークに達し、70日後にほぼゼロに低下することを主張している。これは各国の政府が、感染拡大を阻止しようと強制的な対策を取っても取らなくても結果は同じだという。

アイザック・ベン・イスラエル教授は、テルアビブ大学のセキュリティ研究プログラムの責任者であり、イスラエルのナショナル・リサーチ・デベロップ会議の議長でもある。

isaac-ben-israel.jpg
アイザック・ベン・イスラエル教授

ベン・イスラエル教授は、米国、英国、スウェーデン、イタリア、イスラエル、スイス、フランス、ドイツ、スペインの新型コロナウイルス感染率の道筋を予測したプロットを立てた結果、その数は衝撃的なストーリーを語った。

それぞれの国が、たとえばイスラエルのように封鎖と隔離を行ったか、あるいは、スウェーデンのように平時と同じ社会状況を続けていたかに関わらず、同じように新型コロナウイルスの感染はピークに達し、まったく同じように収束した。

このグラフは、すべての国がほぼ同一の新型コロナウイルスの感染パターンを経験したことを示しており、感染数は 6週目にピークに達し、8週目までに急速に鎮静している。

tosefet-infection-70.jpg

教授は、「新型コロナウイルスは独自の感染拡大のパターンに従っている」とイスラエルの通信社 Mako に語った。

また、「封鎖の行われていない国でも感染数は減少し、封鎖している国と同様の推移を辿る」と教授は、論文に書いている。
アイザック・ベン・イスラエル教授は、通信社に以下のように述べている。

「新型コロナウイルスの増殖が指数関数的かというと、そうではありません。感染の拡大時期には指数関数的に始まりますが、約 8週間後に急速に衰退します」

「なぜ、新型コロナウイルスがこのような固定されたパターンを描くのか、その理由は不明です。気候などを含めて、あらゆる種類の推測はできますが、おそらく、このウイルスは独自のライフサイクルを持っているようです」

しかし、死亡率はどうだろうか?

たとえば、イタリアの致死率は驚異的な 12%を超えるものとなっている。これについて、教授は以下のように述べる。

「イタリアの死亡率は、新型コロナウイルスとは何の関係もありません。これは、イタリアの医療制度にある独自の問題です」

確かに、イタリアは非常に高い新型コロナウイルスの死亡率を示すが、イタリアは同様に、異常に高い季節性インフルエンザの死亡率を持つことを思い出させる。たとえばドイツは、インフルエンザの感染率と死亡率が低く、同様に新型コロナウイルスの死亡率も低い。

イスラエル教授は分析要約論文で、過去 50日間のデータは、厳格なロックダウン政策は、それを「より穏やかな社会的距離政策に置き換えることが可能」であることを示していると結論付けている。

イスラエルで行われている前例のないロックダウン政策の合理性について、教授は、通信社に以下のようにコメントしている。

「私には、ロックダウンは大規模なヒステリーだと思えます。ヒステリーという表現以外にそれを説明する他の方法がありません。たとえば、イスラエルでは、季節性インフルエンザで毎年 4,500人が亡くなっています。インフルエンザのために、ロックダウンしますか? 今起きていることは完全に社会的ヒステリーなのです」

アイザック・ベン・イスラエル教授は、新型コロナウイルスでのロックダウン政策が誤りであることを数学的に示した。

一方、カリフォルニアの別の研究では、カリフォルニア州では、新型コロナウイルスに対する集団免疫をすでに獲得している可能性を調査している。それが証明されれば、この調査は世界的なロックダウンを打破する突破口となるだろう。

ここまでです。

実際には、各国の強行な政策は、臆病なエリート指導者たちの持つ恐怖に誘発された「ロックダウンという社会的なヒステリー」が全世界に広がっていったということのようで、そして、アイザック・ベン・イスラエル教授の統計が正しければ、日本でもアメリカなどでも、5月の中旬くらいまでには感染者は減少に転じ、6月までには新たな感染者は出なくなると思われます。

夏前には実質的な新たな感染者は出ないということになると思われます(欧米に関しては、ウイルスと人種的な感染率の関係の懸念も多少ありますけれど)。

パンデミックはあと 1ヵ月ほどで終わるのです。

このベン・イスラエル教授の数値がまったく現実に沿っていることは、最近のたとえば、ニューヨークに関しての以下のような報道でもわかります。

新型コロナ「ピークは過ぎた」―クオモNY州知事
米東部ニューヨーク州のクオモ知事は19日の記者会見で、新型コロナウイルス感染による州内の1日の死者数が507人となり、前日(540人)を下回ったと発表した。その上で「感染のピークは過ぎた」との認識を示した。(時事通信 2020/04/20)


ニューヨークでロックダウンが始まったのが 3月22日ですので、現在、約 30日目ということになります。ベン・イスラエル教授は、感染拡大から、

> 約 40日後にピークに達し、70日後にほぼゼロに低下する

としていますので、あと 10日ほどでニューヨーク州での新たな感染者数が減少に転じれば、ベン・イスラエル教授の言うように、

「 5月下旬から 6月の頭には、ニューヨークの感染者数はゼロに向かう」ということになります。

日本の感染拡大の増加の「時期」の状況を見ても、まあおおむね同じくらいの時期の収束となりそうです。

これは、経過を見ていれば、その頃になって、ベン・イスラエル教授の統計が正しかったかどうかわかることでもあり、それ以上書くことでもないです。

どうせ、ニューヨーク州の知事などを含めて、多くの怯えた指導者たちはまだロックダウンはやめないでしょうし、5月の頭に感染者数が減少に転じた時には、

「強固なロックダウンのお陰で減少した」

と主張するのでしょうが、そういう主張は毅然と「無視」するべきです。

弱い心の臆病者たちのたわ言を許していては、また同じことが繰り返される。

ロックダウン等の政策をおこなった、このような途方もなく臆病で恐怖に弱い施政者たちの、とんでもなく弱い心がどれだけ実際の社会を破壊したか。

現実と科学を無視して、恐怖に駆り立てられて走り続けた結果、もはや取り返しのつかない崩壊を各国にもたらしています。

たった 2ヶ月ほどで、多くの国や地域が立ち直れないダメージを受けており、今後、企業や国家や年金の破綻や個人の自死や中小の破綻の連鎖が続く地獄の時期を過ごさなければならなくなっています。

かつて経験したことのないような世界的な食糧危機も近いと思われます。

地獄ですよ、地獄。

世界中のエリート臆病者たちにもたらされてしまった地獄。

なお、ベン・イスラエル教授の出した数値に関しては、「何もしなかった国」の代表であるスウェーデンの疫学者も同じような「 5月という時期」を出しています。

スウェーデン、ロックダウンせず新型コロナ対策成功か 疫学者が主張「5月中にも集団免疫獲得」
ENCOUNT 2020/04/20

世界中で猛威をふるう新型コロナウイルス。各国で様々な拡大防止策が取られる中、スウェーデンでは学校、ジム、レストランなどが営業を続けながらも国民へ「ソーシャル・ディスタンス」を意識するように呼びかけ、対応してきた。

そんな中でスウェーデン公衆衛生局の疫学者アンダース・テグネル氏が「集団免疫を持ち始めた」との考えを示したことを米紙「デイリー・ニュース」が報じた。

「スウェーデンは、集団免疫獲得が近いとし、封鎖をしない対応後に新型コロナウイルス対策の成功を主張」との見出しで掲載されたデイリー・ニュースの記事では、テグネル氏が「我々のモデルによると、ストックホルムで多くの人々が免疫を持ち始め、それが感染拡大に影響を与え始めます。我々のモデルは5月中を示しています」との考えを明かしたことを伝えている。


ベン・イスラエル教授の計算が正しければ、ほとんどの欧米やイスラエルなどのようにロックダウンなどの対策をしようが、スウェーデンのように「何もしないで時間の経過を待つ」政策をとろうが、2ヵ月半でパンデミックは終わる可能性が高いのです。
仮にその通りに終わらなくても、経済と個人に死ぬほど毀損が与えられていないスウェーデンのような国では、立ち直りもある程度早いはずです。

アメリカや中国のように、数千万人規模の失業者を出したり、日本も含めて、個人の多くの飲食店や店舗が徹底的に破壊されてしまった国や地域では、元に戻るのにどれだけかかるかわからない。

というか、日本のように壊滅的な債務を持つ国は、基本的には永遠に元に戻らないと思います。

関係ないですが、昨日などは、原油先物市場のチャートが以下のように「崩壊」していました。「歴史上初めてのマイナス価格」となったそうです。

4月20日のニューヨーク原油先物(安値は1バレル=マイナス 40.32ドル)
oil-minus-0420.jpg
・原油価格がマイナス化した意味

原油のマイナス価格って意味がよくわからないですが、こういうことがあるんですね。

もう今は、こういう歴史上で見たことのないような狂気の市場のチャートがどこにでも散見されるようになりました。

パンデミックが終わり、ウイルスの脅威は去っても、ここまで壊れた経済と市場のシステムが元に戻るのに何十年かかるのか。
あるいは、戻らないのか。

いずれにしましても、今回のアイザック・ベン・イスラエル教授の理論でも、そして、以下の記事で取り上げましたノーベル賞学者であるリュック・モンタニエ博士の理論でも、

「もうじきパンデミックは終わる」のです。


最終更新:2020/04/22 22:31

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2020年4月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム