【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2019/12/20 20:36

欧州が異様な12月の熱波に包まれる中、オーストリアの空が「赤いアスペラトゥス波状雲」で覆われる

2019年12月19日
austria-red-clouds1217.jpg

この数日、ヨーロッパのほぼ全域が「異様な暖かさ」に覆われています。

以下のように、12月下旬に入ろうとしている時に、最大で 22℃などの通常ではあり得ない気温が示されています。

2019年12月17日のヨーロッパの最高気温
europe-hot-december2019.jpg

ここまで気温が高くなっている理由はよくわからないですが、そのような中、冬にはあまり見られないような空の光景が各地で出現しているようです。

オーストリアのグラーツでは、空前面が真っ赤に染まる光景が投稿されており、しかも、その雲はおそらくはアスペラトゥス波状雲のようにも見えるもので、かなりの迫力を醸し出していました。

2019年12月17日 オーストリア・グラーツの空
graz-clouds-002.jpg

graz-clouds-tate003.jpg

graz-clouds-005.jpg

graz-red-clouds007.jpg

graz-red-clouds100.jpg

真冬にこのような赤い空の光景を見るのは珍しい感じです。

現在、ヨーロッパ各地とオーストラリアなどでは、観測史上の記録を破るような高温(オーストラリアは 50℃間近)に見舞われていて、一方で、インドなど、観測史上で最も低い気温を記録する場所も現れていて、気温と気象のアンバランスはさらに拡大しています。

そのため、自然の光景もさらに過激化していくのかもしれません。

最終更新:2019/12/20 20:36

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月