【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/11/08 17:30

凍りついたニュージャージー州のクランベリー畑に見るアメリカの異常な寒波

2019年11月4日 凍りついたニュージャージー州のクランベリー畑
frost-new-jersey.jpg

アメリカが現在、桁外れの寒波に見舞われていることは、記事で取りあげたことがあります。

Record Low Temps Up To 50 Degrees Below Normal Threaten To Absolutely Wreck The Rest Of The Harvest Season
End Of The American Dream 2019/10/31

平年より最大で華氏50度も低い米国の記録的な低温の中で、収穫前の農作物が完全に破壊される可能性がある

cold-weather-2019us.jpg

10月に、アメリカがこのような寒さに見舞われることは想定されていなかった。

アメリカの大部分の地域では、正式な冬の始まりまで、まだ 2か月近くあるが、西側の半分の大部分での天候は、今のところ、平年での 1月中旬に予測されるような気温や気象と似ている。

この極寒大気は、週末(11月2日)までに、アメリカ中西部にまで押し寄せ、予測では、ハートランドの気温は通常よりも最大 50度(華氏)低くなるが、この土地では残念ながら、まだトウモロコシの約半分が収穫されていない。

今年の初めは、前例のない降雨と極端な洪水により、多くのアメリカの農作家が、作物の植え付けの並外れた遅れに直面した。農家は、収穫シーズンの終わりに良い天候が続いて、作物が完全に成熟して収穫される時間が提供されることを望んでいたが、残念なことに、この季節に悪夢のシナリオが実現してしまった。

中西部では、すでにいくつかの地域で、モンスター的な暴風雪に襲われており、それに伴う記録的な降雪と低温が収穫期の残りの作物を完全に破壊する懸念が出てきている。

トウモロコシの場合、気温が数時間以上にわたって氷点下を大幅に下回ると、作物は完全に枯れるとされている。

そして今、その危機に直面している。なぜなら、全米のトウモロコシで、すでに収穫されているのは、全体の半分以下に過ぎないのだ。いまだに、半数以上のトウモロコシが収穫されていない。

実際、最新のアメリカ農務省(USDA)の作物進捗報告書には以下のように記されており、アメリカの全トウモロコシの 40%ほどしか収穫されていないことが示されている。

10月28日のアメリカ農務省の作物進捗状況の報告書より

アメリカ農務省は、10月28日の週次作物進捗報告書で、アメリカのトウモロコシの 41%の収穫が完了したことを報告した。これは、貿易の予測である 48%を下回っている。また、過去 5年間の平均 は61%であり、大きく下回っている。

トウモロコシの収穫に関して最も遅れているのは、ミネソタ州で、10月28日の時点で、22%しか収穫されていない。ミネソタ州の同時期の過去 5年間の平均進捗率は 56%だ。


この数字から「悪夢のシナリオ」という言葉が誇張でないことがおわかりかと思われる。

今週(10月最終週)のアメリカの気温は信じがたいものだった。

USA トゥディは、ユタ州では、氷点下 43℃に達した郡があったことを以下のように伝えている。

10月30日のUSA トゥディの報道より

氷点下の寒さに見舞われている地域が広がっており、10月30日には、ワイオミング州ビッグパイニーで、日の出前に -31℃まで気温が急落した。

ユタ州ピーターシンクスでは、30日の早い時間に、信じられないことに -43℃まで気温が下がった。ユタ州の気象学者ティモシー・ライト氏によると、これは、アメリカ本土 48州すべてにおいて、10月として観測史上最も低い気温だと思われると話した。


アメリカは各地が非常に寒い。特に、国の西半分のすべての場所が寒冷化しており、多くの都市で 10月としては史上最低の気温を記録した。

その例として、ウェザーチャンネルには以下のような記録が示されている。

アメリカの10月としての最低気温を更新した場所の一例 (摂氏)

・モンタナ州ボーズマン:-25℃(10月29-30日)

・ワイオミング州キャスパー:-22℃(10月29-30日)

・コロラド州グランドジャンクション:-11℃(10月30日)

・モンタナ州リビングストン:-24℃(10月29日)

・ワイオミング州ローリンズ:-28℃(10月30日)

・ワイオミング州ロックスプリングス:-21℃(10月30日)

・ソルトレイクシティ:-10℃(10月30日)


これまで、アメリカで 10月中にこのような気温が広範囲に出現したことはない。

コロラド州デンバーでは、3日間連続で、記録的な低温だったことを CBS が以下のように報じている。

10月30日のCBSニュースの報道より

デンバーの気温は、10月30日の早朝に -16℃ まで下がった。これは、10月30日にデンバーで記録された過去最低気温より 15℃も低い気温だ。10月30日には、さらに気温が低下すると見られている。


現在、アメリカでは、カリフォルニアで恐ろしい山火事が続いている。そのような中、アメリカの多くが経験したことのない寒さに震えている。今年のアメリカはずっと、このような奇妙で極端な気象に覆われている。

そして、今のアメリカの気候や気温を見る限り、この冬も極端な気候になると考えざるを得ない。

この寒さは、アメリカの「いつも暖かい都市」にも影響を与えている。たとえば、10月31日の朝、ニューメキシコ州のアルバカーキの最低気温は、 -7℃という記録的な最低気温となる予測が報じられた。

アメリカ国立気象局によると、ニューメキシコ州東部中央および南東部を含むアルバカーキ南部のある場所では、2月以外では、このような気温が観測されたことはないという。

しかし、この異常に冷たい空気がアメリカ西部に移動すると、実際の被害が発生する。USA トゥディによると、中央平野部に流れ込む上空の大気は「通常より 30〜 50度(華氏)低い」ことがわかっているという。

そのため、11月6日までの最高気温は、コロラド州、テキサス州および中央平原で平年より極端に低くなることが予測されている。

現在、アメリカ中西部の大部分は雪で覆われている。これにより、多くの農家が、作物を収穫することができなくなっており、そこに今度は壊滅的な寒気が流入してくる。

11月2日のアメリカの積雪の状況
snow-us-1102.jpg

多くの地域で作物の損失が深刻になる可能性がある。そして、現在世界の他の場所でも起きている気象の問題を考えると、そろそろ余裕がない時期が近づいているのではないだろうか。

農業は現在、高度な技術を用いているが、それにもかかわらず、農業は結局、天候に大きく依存する。これは、「私たちの食糧を作り出すのは天候」だという言い方でもいいのかもしれない。

これまでの段階で、今年はアメリカの農業に最悪の年となりつつあったが、記録的な寒波と異常に早い降雪は、アメリカの多くの農家にとって、致命的となる可能性がある。

そのアメリカのニュージャージー州から「凍結したクランベリー畑」の画像が投稿されていました。

投稿を読みますと、どうやら散水した後このようになってしまったようです。

frost-nj-crop02.jpg

なぜ散水したのだろうと思いましたが、このクランベリー畑のある地域は、「平年なら散水して当然の気候」だというこうになるのかもしれません。

それが今年は、散水した直後に、このようになってしまったと。
frost-nj-white003.jpg

ニュージャージー州は、ニューヨークと隣接している場所で、気温はニューヨークと同じ推移だと思いますが、この日はどのような気温だったかといいますと、以下のようになっていました。

11月4日のアメリカ東部の朝の気温
cold-temps-1104.jpg

この日の朝は、氷点下近くまで下がっていたようで、それと風などの影響によって、クランベリー畑は凍結してしまったようです。

なお、今後のアメリカの予想気温を見て見てみましたら、さらに寒くなっていくようでして、11月8日のアメリカの予想最高気温を見ますと、シカゴなどでは、0℃となっています。もう一度書きますけれど、「最高気温」です。

体感気温を見ますと、以下のように激しい寒さとなる予測です。アメリカでは気温の表示は華氏ですが、華氏では「 32度」が摂氏 0度となります。

つまり、32以下の気温が表示されている場所は、氷点下ということになりますが、今週、アメリカ東部のほぼすべてが氷点下の体感気温となるようです。

11月8日のアメリカの予想体感気温
wind-chill-1108.jpg

このような気温ですと、ニュージャージー州のクランベリー畑の例に見るように、農作物には厳しい状態となっていると考えられます。

そして、このような気温がアメリカの東部から中央部に広く拡大しています。

皮肉なことに、現在、アメリカで平年より気温が高い場所は、激しい山火事が続くカリフォルニア州などの西部だけとなっています。他は、平年より低いか、激しく低い状態です。

なお、アメリカと同じように、現在、北極からの大気の影響を受けている北欧やロシアでも、時期としての観測史上最低クラスの気温が各地で記録されています。

この寒波のアジアへの影響はまだ見られませんが、今後、この冷たい大気が北半球に拡大していけば、同じような状況も起き得るかもしれません。

最終更新:2019/11/08 17:30

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2021年
2020年
2019年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム