【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/10/18 22:15

メキシコに出現した壮大な「虹色の雲」の下、地元の人々に「地震の噂」が広がる

2019年10月15日 メキシコ・カンペチェにて
campeche-saiun-mexico1015.jpg

10月15日、メキシコのカンペチェ州の上空に、非常に巨大な積乱雲が出現し、そして、その中に虹色の巨大な彩雲が生じるという現象が発生しました。

彩雲は以下のような状態でした。
rainbow-clouds-mexico1015.jpg

メキシコ・カンペチェの場所
campeche-mexico.jpg

積乱雲も、あるいは彩雲も、どちらも現象自体は珍しいものではないですが、これだけ巨大な様相をしているものは、あまり見られるものではないです。

そして、この雲の出現と共に「またメキシコに大地震が来るのではないか」という噂が流れていることが SNS などで伝えられています。

メキシコでは 2017年に立て続けに大地震が起きていまして、いまだに地震に対しては、やや敏感な部分があります。それらの地震については、以下の記事などで取り上げたことがあります。

前回のメキシコ地震から2週間経たずに、今度は首都でM7.1の地震が発生。詳細はまだ不明ながら甚大な被害の模様

2017年9月19日 地震で多くのビルが倒壊したメキシコシティ
mexicocity-0919.jpg

9月8日のM8.1地震の震源と今回のM7.1震源
mexico-epicenter-0919.png

9月8日にメキシコの歴史上で最大クラスのマグニチュード 8.1 の地震が発生しましたが、今度は首都メキシコシティで、マグニチュード 7.1 の大きな地震が発生しました。

現在(日本時間9月20日早朝)は地震が起きたばかりで、被害の詳細はわからないですが、いわゆる「首都直下型」の地震で、多くのビルが倒壊するなどしています。

SNS などに投稿されている現地の様子をお伝えいたします。

なお、地震のあった 9月19日は、1985年に死者 9500人以上を出したマグニチュード 8.0 のメキシコ地震と同じ日でした。32年目となります。


普通に考えれば、彩雲と地震などに関係があるはずもないと思われるのですけれど、この彩雲と巨大地震の関係は、2008年に発生した中国の四川大地震以来、続く迷信というか、そういう話とはなっています。

四川大地震が発生したのは、2008年5月12日ですが、その日の地震が起きる少し前に、以下のような彩雲が震源地上空に出現していたとされています。

2008年5月12日の四川大地震の直前に出現したとされる彩雲
sichuan-clouds-2008.jpg

そのようなこともあり、メキシコでも、このような話をベースに、地震の噂が流れているということのようです。

10月15日 メキシコ・カンペチェ
mexico-clouds-1015a.jpg

基本的には、関係があるものとは思えないものですけれど(彩雲は日々、世界中に出現し続けているものですので)、それだけ印象的な彩雲だったということなのかもしれません。

まあ、メキシコでは、いろいろな現象が起き続けていることは確かで、数日前にも、以下の記事で「湖の水が突然真っ赤になった」ことなどがありました。

メキシコ・オアハカ州の海沿いの湖の水が「突如として血のような赤」に染まる。この湖ではかつて一度もない出来事

2019年10月10日 赤く染まったメキシコ・オアハカ州のマニアルテペクの湖沼
manialtepec-pink-lagoon.jpg

これらの事象が何かの他の事象と関係してくるということはないにしても、今のメキシコで起きることは、とても示唆的だとは思います。

最終更新:2019/10/18 22:15

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今月