【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/09/12 20:12

日本列島の南にあるモンスター級の未来のスーパー台風16号と、大西洋で形成されつつあるドリアンの次のスーパーハリケーンを見て思う

2019年9月12日
「何だかすごいでかい低気圧が日本の下にあるんですが……」と知らせていただきまして、見てみると、以下のようなものでした。参考までに、関東に大きな被害を与えました台風15号の大きさを比較のために載せています。

2019年9月12日午前の上空の大気の流れの状況
typhoon-16-0912.jpg

台風15号に続いて日本にやってくるかもしれないメガ暴風雨

地球全体の図は以下のようになり、地球規模で見ても、そうとう巨大な低気圧だと言えます。
wind-earth-0912b.jpg

Yahoo! 気象ニュースより抜粋
Yahoo! 2019/09/12 https:●//news.yahoo.co.jp/byline/nyomurayo/20190912-00142180/

台風16号発生か

千葉県の停電など、台風15号の後遺症が続いていますが、フィリピンの東海上で台風が発生しそうです。というのは、現在の熱帯には3つの台風の卵となる雲の渦巻きがあるからです。
tp-0912-three.jpg
一番東のマーシャル諸島近海のもの(1)と、フィリピンのすぐ東海上(3)のものは、熱帯低気圧になるまで時間がかかりそうですが、真ん中のフィリピンの東海上にあるもの(2)は、すでに熱帯低気圧になっています。

気象庁では、この熱帯低気圧が24時間以内に台風になって北西進すると予報しています。


ということで、この巨大な熱帯低気圧は、台風になるようです。

24時間以内とありますが、気象庁がこれを発表したのが、9月12日午前9時ですので、9月13日までには台風になる可能性が高いようです。

もちろん、先ほどの熱帯低気圧の範囲が、そのままの大きさで台風になるわけではないでしょうけれど、少なくとも、台風15号よりは巨大な台風になりそうですね。

千葉や鎌倉など関東の一部では、いまだに電力が復旧していない地域もあるところへ、またこんな台風が、仮にでもこちらに向かってくるのは困りますね。

この熱帯低気圧が台風16号になった後、どのような進路を取るかは、現段階では何ともいいようがないですが、世界の気象機関の進路予測は以下のようになっています。

台風16号の進路予想
corse-t16-0912.jpg

最も多い予測は、そのまま西の方に進み、台湾や中国のほうに向かうコースの予測ですが、関東のほうに向かう予測も若干存在します。

今後の高気圧の勢力や風の流れの変化によって、状況は変わってくるでしょうけれど、この巨大な台風が日本に向かう可能性はゼロではないということになりそうです。

今回の台風15号の被害は、台風の影響でこんなに長く電気や水道のインフラがシャットダウンしたというのは、戦後の日本では、ほぼ聞いたことがないものではないかと思っています。

台風通過直後は、それほど大きな人的被害がなかったこともあり、まさか、こんなに大きなダメージが与えられていたとは想像もつきませんでした。

9月12日現在でも、40万軒以上が停電で、全面復旧の目処は立っていないと報じられています。

また、農業被害も深刻なようで、産経新聞によれば、9月11日の時点で、千葉県の農林水産業の経済的被害額が 126億円に達したそうで、これは、千葉県での台風による農林水産被害としては過去最大だそうです(これまでの過去最大は 2017年の台風21号と22号による 46億円)。

しかも、ここには漁船や漁港関係の被害は加えられていないということで、今後、農林水産関係の被害額が大きく増加する見込みのようです。

大西洋でもまた

なお、この「暴風雨の連鎖」は、大西洋でも発生しそうで、9月の頭に、史上最強のハリケーンといわれ、アメリカで非常事態宣言が出されたハリケーン・ドリアンは、アメリカ本土へは影響を与えなかったのですが、バハマ諸島を壊滅させたことは、地球の記録などで記事にさせていただいていました。

9月11日には、バハマ諸島の中で最も被害が大きかったアバコ島という島などを中心に、「行方不明者が 2500名にのぼっている」ことが報じられました。

また、このハリケーン・ドリアンでは、バハマ諸島にあるグランドバハマ島という島の石油貯蔵施設が完全に破壊され、原油の流出が続いています。

バハマ諸島の美しい島々は、ハリケーン・ドリアンによって、短期間では回復することができないようなダメージを与えられましたが、何と、このカリブ海やフロリダ方面に、「再び強力なハリケーンが近づくかもしれない」のです。

これは、現在はまだアフリカ沖から移動している位置にあり、今後、熱帯低気圧になることが予測されています。その後、ハリケーンになるかどうかわからないのですが、少し前にドリアンのような超強力なハリケーンが生まれたあたりと同じような海域を通ってきますので、ハリケーンになる確率は高そうです。

これがまた、アメリカ海洋大気庁 (NOAA)の進路予測は無慈悲なもので、この熱帯低気圧は、今後、「ハリケーン・ドリアンと同じようなコース」を辿り、NOAA の予測とおりだと、

「またもバハマ諸島を直撃する」

のです。以下が進路予測です。

大西洋上を進む熱帯低気圧の進路予測
hurricane-next-0911.jpg

現時点では、この熱帯低気圧は、フロリダ州などを直撃する進路を取ると予測されているようです。

この大西洋からカリブ海にかけての小さな島々は、最近繰り返しハリケーンの被害を出していまして、今回は、バハマ諸島がドリアンの直撃を受けましたが、その前は、2017年にハリケーン・イルマでカリブ海の島々が壊滅させられました。

以下の記事などで取りあげていました。

元の風景のすべてが消えたカリブ海の楽園 : ハリケーン「イルマ」が通過した後のセント・マーチン島の惨状

2017年9月6日 ハリケーン・イルマが通過したセント・マーチン島の観光エリア
irma-sm-0906.jpg

st-0906-floods.jpg

普段のセント・マーチン島
sm-ord-01.jpg

最初に上陸したのは、カリブ海の小さな島「セント・マーチン島」で、その景観の美しさから「楽園」的な観光スポットでもありました。

セント・マーチン島の位置
st-martin-map.gif

ふだんのセント・マーチン島は先ほどの写真にあるような非常に美しいリゾート地でもあります。

下は、イルマが上陸した際のセント・マーチン島の写真です。

2017年9月6日 カリブ海セント・マーチン島
irma-st-03.jpg

irma-sm-05.jpg

「完全に」といっていいほど、島の各所が破壊されてしまった様子がわかります。

下の動画は、イルマが通過した後に、おそらく観光客の人によって撮影された、ホテル周辺の様子のようです。

https:●//youtu.be/-gSTsyQY_9U

こういう廃墟が、延々と広がっているようです。

セント・マーチン島の場所は、2017年9月5日に NOAA (アメリカ海洋大気庁)の発表した、イルマの予想進路図上では下の位置になります。
noaa-irma-02.gif

これを見ますと、セント・マーチン島は「最大の強風域」の真っ只中にあったようです。

カリブ海の他の小さな島々も非常に悲惨なことになっているようで、2017年9月7日の CNN の報道には下のような記述があります。

・アンティグア・バーブーダのブラウン首相は地元放送局の取材に対し、「バーブーダは文字通りがれきと化した」と語った。

・バーブーダ島(人口約1800人)を視察したブラウン首相によれば、被害は全住戸に及んでおり、水道も電話も使えない状況にある。バーブーダ島は90%以上が破壊されたと話している。

・サンバルテルミー島では消防署が高さ1メートルの水につかり、市長公邸も損壊。多数の住宅で屋根が吹き飛ばされるなどの被害が続出した。

・サンマルタン島のホテルにいた女性はCNNの取材に対し、「ヤシの木が折れ曲がっている。一面真っ白で何も見えない」「風が吹きつけて壁が揺れ、がれきが吹き飛ばされる音が聞こえる」と語った。

・ユーチューブに掲載されたシントマールテン島のライブカメラの映像は、暴風が吹き荒れる様子を映し出した後、カメラが破壊されて映像が途切れた。


カリブ海の各地でこのようなことになっているようなのです。

先ほどのセント・マーチン島でも激しい洪水が起きていたことが写真からわかります。

2017年9月6日 セント・マーチン島
sm-floods-03.jpg

ちなみに、この水没している建物はホテルで、いつもは下のような光景を見せてくれている場所でした。

stMartin-island-001.jpg

現在発達している熱帯低気圧の予想進路は、 2017年のハリケーン・イルマとほぼ同じとなっていまして、まだハリケーンに発達していくかどうかはわからないですが、バハマ諸島を含めて、さらなる被害が出る可能性があります。

その予想コースにあるのは、以下のような国と島々で、最近のハリケーンの被害を受けているところが多いです。

caribbean-islands-locate.jpg

ところで、ハリケーンの規模は、カテゴリーの 1から 5であらわされ、5が最大ですが、この「カテゴリー 5のハリケーン」という現象も、「 21世紀的な現象」です。

カテゴリー5のハリケーンは、2000年代になり急激に増加したのです。

以下は、1920年代からの約 100年の「カテゴリー5のハリケーン」の推移です。

10年ごとのカテゴリー5のハリケーンの発生回数
cat-5-hurricane100.jpg

戦後の時代に関しては、カテゴリー5のハリケーンが、2000年代に入ると共に急激に増加してきたことがわかります。

この「 21世紀タイプの自然災害」という表現は、このブログにはよく出てくる概念で、雹嵐や大規模森林火災といったものは、基本的に、「21世紀に入った途端、大幅に増加した」自然災害です。

以下の記事などで取りあげています。

Are hailstorms getting worse in U.S.? Why 2019 could produce record damage
CBS 2019/04/19

アメリカでの雹嵐が悪化している? 2019年は記録的な雹の被害が生じる可能性がある理由

2017年は、アメリカの歴史で最悪の雹(ひょう)が発生した年だったが、2019年は、すでに「それを越えてきている」と保険の専門家は言う。

雹は現在のアメリカで、住宅、車、作物、人的被害などへの損害で、年間 220億ドル (2兆4000億円)もの損害を与えている。

降る雹は、野球ボールのサイズが一般的だが、今年、アメリカで降った最大のものはグレープフルーツほどの大きさだった。雹はサイズが大きいほど、スピードも速くなり、野球ボールサイズの雹は最大で 170kmほどの速度で落ちてくる。

アメリカ南部では今年、複数の激しい天気の中で幾度となく雹が発生し、すでに 23人が死亡している。

雹では、物的な損害が壊滅的なものになる場合がある。雹の被害において、これまでの最悪の年である 2017年では、米国ビジネス&ホームセーフティ保険協会(IBHS)によると、米国は 220億ドル (2兆4000億円)の損害を被った。

これは平均的なハリケーンの被害のコストを上回っているが、雹は一度に大きな被害を出すのではなく、アメリカ国内のさまざまな地域で個別に発生するために、雹がこれほどまでに大きな被害を出していることは知られていない。

雹によってダメージを受けた住宅の修理も高価なものとなることが多く、家の修復が完了するまでには平均 5か月かかる。

気象学者によると、大気中の水の量が増えると雹の量が増える可能性が高いとのことだが、雹が降る量や、被害の程度を予測することは難しい。

世界最大の再保険会社の1つ、ミュンヘン再保険社によれば、世界全体として雹嵐をもたらす「対流性暴風雨」が数多く発生し始めたのは 21世紀初頭からだという。

2017年と 2018年は、世界的に大規模な暴風雨による被害が続いたが、21世紀に入ってから 2014年までに雹による被害は着実に上昇し続けていたという。


ドイツのカールスルーエ工科大学が発表した、西暦 1900年以来の自然災害の経済損失を示したグラフを載せました。その中の「山林火災」に注目しますと、興味深い事実がわかります。

1900年から 2015年までの自然災害での経済的損失の推移
disasters-1900-2015-wild-fire.gif

らいまでは「赤い部分」がほとんど見られないということで、

「山林火災というのは新しい自然災害」

であることがわかります。

山林は昔からあったものでしょうが、その火災は最近の 30年くらいの間に「生まれた」自然災害のようです。

地震や洪水は、増加しているとはいえ、昔からあった災害ですが、ここ 30年くらいで急激に出現し続けているのが、

・山林火災
・干ばつ(上のグラフで「黒」)
・巨大な嵐(上のグラフで「紫」)

今年に関しましても、雹も山火事も、どちらもすごいですが、これらと同じように、カテゴリー5のハリケーンというものも、21世紀に増えたもののようです。

今後はどうかと予測しますと、台風やハリケーンの強さを決定する大きな要因のひとつが海水温度ですが、この海水温度が高い状態が続いている現況では、今後もいくらでも強大な暴風雨が発生する要素があると考えざるを得ません。

仮に、今後発生する台風16号が日本や関東を直撃したり、まだ名称がない大西洋のハリケーンの卵が、カリブ海の島々を直撃したりするような無慈悲なことは起きないとは思いますけれど、しかし、この、

「自然の無慈悲」

というキーワードも 21世紀に顕著なものであり、21世紀に入ってから、そのような事例をどれだけ見てきたことかと思います。

いずれにしましても、秋が終わる頃までは、相当不安定な気象が続きそうです。

そして、今年という括りだけではなく、来年もその次の年も、基本的には同じような気象が続いていくという可能性が比較的高いように思います。

最終更新:2019/09/12 20:12

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム