【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/06/21 17:25

中央ヨーロッパのほぼ全域で「10センチ以上の大きさの雹が降る」というかつてなかった黙示録的事象が発生。フランスでは農作物に壊滅的な被害

2019年6月11-16日 中央ヨーロッパ各地にこのような雹が
slovenia-hail-0611.jpg

この春からのヨーロッパの気象がムチャクチャになっていることは、何度か取り上げたことがありますが、6月中旬にかけて、それを非常によく物語る出来事が発生していました。

中央ヨーロッパの各地が、 10センチ以上の雹(ひょう)に見舞われたのです。

下は、6月11日を中心とした「巨大な雹に見舞われた場所」です。小さな緑の三角の地点が 5cm以上の雹が降った場所で、赤とピンクの三角の地点は、 10cm以上の雹が降った場所です。

2019年6月 巨大な雹に見舞われた場所
hail-reports-essl.jpg

サイズが 10センチ以上の雹というだけでも、十分珍しいのですが、こんなに広い範囲で同時にこのような雹に見舞われるというのは、おそらくはヨーロッパの歴史の中で初めてのことだと思われます。

このような雹のために、ヨーロッパ各地で、車、各種建造物、インフラなどに大変な被害が出ていたようです。

bench-table-destruction.jpg

しかし、最も深刻なのは「農業被害」です。

フランスなどをはじめとして、各地で重大な農業被害が出ていることが報告されています。

6月15日 フランス南部の町で果樹園と畑が全滅したことを伝えるSNS
france-hail-0615.jpg

全滅したトウモロコシ
france-nectarine-crrp-768x576.jpg

フランスでは、全土的にこのような雹による畑の完全な破壊が起きたことが伝えられていまして、この事態に対し、フランス農務省は緊急事態を宣言しています。

先ほどの雹のマップを見る限り、他にも、ドイツやオーストリア、ポーランドなどでも、巨大な雹が降っていたようですので、農業被害は、ヨーロッパのかなり広い範囲に渡っている可能性があります。

今年のヨーロッパは、春になっても長く寒波が続き、農業自体の状況がよくありませんでしたが、今回の件で壊滅的な被害を受けた場所も多そうです。

世界で農業地帯が次々と、洪水や、あるいは干ばつ、雹などで荒らされています。

場合によっては、今年の夏以降、本格的に食糧の問題が世界各地で起きてくる可能性もないではないかもしれません。

最終更新:2019/06/21 17:25

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

現在、情報を取得中です

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム

現在、情報を取得中です。