【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/06/14 21:22

ロシアのムルマンスクに「夏の雪」という異常事態。気温も「1日で25℃」も低下

2019年6月11日のロシアの報道より
murmansk-june-snow.jpg

今の地球は、寒冷化も温暖化もどちらの概念もあてはまらない、場所によりカオス的ともいえる気象状況が展開されています。少し前には、カナダのアルバータ州で「6月の雪」が記録されたことを以下の記事で取り上げさせていただきました。

記録的な寒さが続くカナダのアルバータ州で、ついに「初夏に大雪」という事態が発生

カナダ・アルバータ州の6月の大雪を伝えるツイッターより
banf-alberta-0607.jpg

そして、6月11日、今度は、ロシアの北欧に近いムルマンスクという街で、やはり 6月に雪が降ったことがロシアのメディアで一斉に報じられていました。

ムルマンスクは、高緯度にある地域ですが、さすがに、6月の雪は大変に珍しいことだけに、大きく報じられています。

ロシア・ムルマンスク
murmansk-map-2019a.jpg

なお、6月は、北欧も含めたこれらの地方では、季節として夏ですので、「夏の雪」という文字も報道では使われていました。

ソーシャルネットにも、ムルマンスク各地から雪の写真が投稿されています。

2019年6月11日 初夏の雪に見舞われたムルマンスク
murmansk-anow-0611b.jpg

dog-snow-2019.jpg

summer-snow-cars005.jpg

densen-murmansk-100.jpg

なお、この日のムルマンスクは、気温も 6℃と、この季節としては異例の寒さとなっていたようです。

気温 6℃を表示するムルマンスクの温度計
murmansk-6c-007.jpg

しかも、この写真を投稿した方によれば、前日の最高気温は「 30℃」だったそうです。

なお、現在、世界を支配しているのは、このような寒冷化だけではないです。

たとえば、インドでは記録的な「6月の猛暑」が続いていて、以下の報道のタイトルにありますように、6月で 50℃を超えるような気温となっています。

インド北部で50.3℃ ニューデリーでは6月史上最高記録も
https:●//news.yahoo.co.jp/byline/morisayaka/20190611-00129733/

インドでは記録的な熱波が続いており、10日には北部ラジャスタン州チュルで50.3℃まで気温が上がりました。水をめぐるトラブルが発生し複数人が死亡、さらに熱中症が原因と見られるサルの死体も発見されています。

10日インド北部ラジャスタン州の町チュルで、50.3℃まで気温が上がりました。インドの国内史上最高気温は2016年に観測された51.0℃なので、この記録に0.7℃と迫る高温です。チュルは今月1日にも、50.8℃まで気温が上昇しています。

一方ニューデリーでは10日、6月の最高気温記録となる48.0℃を観測しました。この時期の最高気温の平均は約40℃ですが、先月26日から毎日のように平均を上回る暑さが続いています。

インド北部では、夏のモンスーンが始まる直前の5月頃が一年のうちで最も暑い時期です。

しかし今年はモンスーンが遅れていること、さらにエルニーニョの影響も加わって、6月中旬になっても記録的な熱波が起きています。

水を巡る争い

こうした暑さが原因で、各地で水をめぐるトラブルが発生しています。

殺人事件

5日タミルナデュ州では、公共水道の水を大量に持ち帰ろうとした親子を注意した33歳の男性が、殴られて死亡しました。同様にジャールカンド州でも、水を多く持ち帰ろうとして叱責された男性が6人を刺殺するという、悲惨な出来事が起きています。

熱中症のサル

一方で、46℃を記録したマディヤプラデーシュ州ではサル15匹の死骸が見つかりました。

サルの集団が水を巡って闘争となり、敗れた方のサルが水を飲むことができず熱中症になって死に至ったのではないかと考えられています。

暑さはいつまで?

この暑さはいつまで続くのでしょうか。

インド気象局によると、11日までは北部を中心に厳しい暑さが続くものの、12日からは和らぐとのことです。

気温が下がる原因の一つが、アラビア海に発生しているサイクロン・バユ(Vayu)の存在です。

アラビア海の海水温は30℃以上と、高温になっています。このためサイクロンは強まりながら北上し、13日にはインド北西部に最接近または上陸するもようです。サイクロンに伴う雨の影響で暑さは和らぐものの、かわって洪水や土砂災害などの被害が心配されます。

異常な気象と気温は、世界各地を覆っていまして、日本も以下の報道にありますように、地域的に降水状況がやや心配になってきています。

北日本と西日本に少雨情報 水不足懸念
https:●//tenki.jp/forecaster/deskpart/2019/06/11/4908.html

世界全体の状況を見ていますと、どうも、この秋以降の「食糧に関する問題」は、日本を含めて全世界的なものとなっていきそうな感じが漂っています。


最終更新:2019/06/14 21:22

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム