【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/05/16 21:24

太陽フレアの影響により、地球で過去2年で最強のG3級の磁気嵐が発生

2019年5月14日の英国エクスプレスより
solar-storm-warning2019.jpg

太陽活動極小期の異変

前回の以下の記事では、活動極小期の太陽で、複数の太陽フレアと、それに伴う CME (コロナ質量放出)が発生し、地球に向かっていることなどにふれました。

活動極小期の太陽で「直径20万キロメートル」に及ぶ巨大なフレアが発生。複数のコロナ質量放出による磁気嵐が地球に接近中

2019年5月12日 太陽黒点AR2741(中央)が爆発した時の様子
cme-explosion-20m.jpg

太陽活動極小期の異変
太陽は現在、すでに活動極小期に入りつつあり、基本的には太陽活動は小さな状態のまま推移していたのですが、5月10日頃から出現していた黒点 AR 2741 がどんどんと成長しました。

そして、その後、冒頭にありますような太陽フレアを何度か発生させています。

冒頭の写真の 5月12日の黒点の爆発では、その直径は 20 万キロメートルに及んだことが報告されていました。

solar-explosion-002.jpg

この磁気嵐が、地球を直撃し続けているようなのですけれど、これが「予想以上に強い」もので、スペースウェザーによれば、「過去 2年間で最強の磁気嵐」となっているそうです。

磁気嵐は、5段階のレベルに区分されていまして、最も強いレベルが G5、最も弱いレベルが G1となっていますが、今回の地磁気嵐では「 G3 」が計測されているようです。

この数年は、最も弱い G1 クラスの磁気嵐がほとんどでしたので、 G3 レベルの磁気嵐というのは、現在の太陽活動の状態を考えますと、予想外といえるものです。

先日、カナダで極めて珍しい「青いオーロラ」が出現したことをご紹介したこちらの記事の最後に、

> 何だかちょっと太陽の活動が不安定な感じもしないでもない最近です。

と書いたのですけれど、その通りに、太陽の不安定さが増しているようです。

なお、G3レベルの磁気嵐で考えられる影響としては、アメリカ海洋大気庁(NOAA)の宇宙天気予報センターによれば、以下のようになっています。

磁気嵐 G3 レベルでの影響(NOAAによる)

電力系統では電圧調整が必要な場合があり、一部の電力保護機器では警報の誤作動を起こす可能性がある。

衛星機器では表面帯電が起こりうる。低軌道衛星では抗力が増加しうるため、軌道の補正が必要になる可能性がある。

衛星測位や長波を用いた電波航法は間欠的に問題が起こる可能性がある。短波放送は途切れ途切れになる可能性がある。オーロラは、磁気緯度50度付近まで見える。


このようなことで、地上においては、顕著な影響は、おそらくはないとは思いますが、それでも、数年来の強い磁気嵐の渦中ではあります。

なお、上の NOAA の記述にオーロラについてのことがありますが、この 2日間ほど、ふだんは決してオーロラの出ないような緯度の場所で、昨日一昨日とオーロラが出現していました。

アメリカでは、オハイオ州、ノースダコタ州、ワイオミング州などでオーロラが観測されたことが、スペースウェザーで報じられています。

2019年5月14日 米オハイオ州クライドで撮影されたオーロラ
clyde-ohio-0514.jpg

2019年5月14日 米ワイオミング州シェリダンで撮影されたオーロラ
wyoming-aurora-0514.jpg

この磁気嵐の原因となった黒点は、すでに地球に面してはいませんので、今後、続いて CME による磁気嵐が発生することはないと思われます。

それでも、このような不安定さがあるということは、今後数カ月は、太陽の動きに注視してもいいのかもしれないですね。

最終更新:2019/05/16 21:24

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム