【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/05/15 21:41

活動極小期の太陽で「直径20万キロメートル」に及ぶ巨大なフレアが発生。複数のコロナ質量放出による磁気嵐が地球に接近中

2019年5月12日 太陽黒点AR2741(中央)が爆発した時の様子
cme-explosion-20m.jpg

太陽活動極小期の異変
太陽は現在、すでに活動極小期に入りつつあり、基本的には太陽活動は小さな状態のまま推移していたのですが、5月10日頃から出現していた黒点 AR 2741 がどんどんと成長しました。

そして、その後、冒頭にありますような太陽フレアを何度か発生させています。

冒頭の写真の 5月12日の黒点の爆発では、その直径は 20 万キロメートルに及んだことが報告されていました。
solar-explosion-002.jpg

その頃のこの黒点の位置は、以下のように、「地球にダイレクト」の方向でした。

2019年5月13日の太陽
sunspot-ar2741-0513.jpg

観測の限りでは、5月10日から 13日の間に、この黒点 AR 2741 では「 3回から 4回の爆発」が起きています。

上の写真でわかりますように、その時の黒点の位置は、地球の方向を向いていましたので、今後、その複数のコロナ質量放出(CME)による磁気嵐が地球にやってくると思われます。

アメリカ海洋大気庁(NOAA)の宇宙天気予報官は、5月15日から 16日に、地球で地磁気嵐が発生する確率は、55%から 60%だとしています。

発生した場合は、最も弱い G1クラスか、あるいは、そのひとつ上の G2クラスの地磁気嵐になる可能性もあるとのこと。

また、この磁気嵐は、ある程度長く継続するものとなる可能性もあります。

地上の生活への影響はそれほどないとは思いますが、高層では大きな影響を受けますので、オーロラなどの空の現象が世界的に派手になるかもしれません。

現在すでに太陽活動は極小期といえるのですけれど、なかなか予想外の動きを見せてくれています。

最終更新:2019/05/15 21:41

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

現在、情報を取得中です

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム

現在、情報を取得中です。