【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2019/04/26 20:06

ロシア・ケメロヴォの上空に浮かんだ虹色の「ムーンコロナ」

2019年4月18日 ロシア・ケメロヴォに出現した月のコロナ
kemerovo-moon-corona0418.jpg

太陽や月の周囲を「光の輪が囲む現象」はいくつかあり、一般的なものとしては、単純に光の輪が太陽や月を囲むハロ(暈)という現象があります。

その他、観測されることはかなり稀なものとして、その「光の輪が虹色になる」というものを、コロナと呼びます。日本語だと「光冠」などとされています。

冒頭のロシアのケメロヴォに出現したものもコロナです。英語では、ムーンコロナとか、ルナーコロナ(Lunar Corona)と呼ばれています。

4月18日 ケメロヴォのムーンコロナ
russia-lunar-corona002.jpg

russia-moon-corona-003.jpg

このようなコロナは、太陽の周囲に出現することは、わりとよくあるのですが、「月」はかなり珍しいものです。

写真を見る限りは、薄い雲に光が反射して発生しているようで、そのために、雲の移動と共に、コロナの形がどんどん変化していくというのは風情があります。

russia-moon-corona004.jpg

russia-mc-007.jpg

ちなみに、太陽のコロナにつきましては、稀にとんでもなく美しいものが出現することがあり、過去記事でも、以下のようなコロナを取り上げたことがあります。

2017年2月22日 米国ニューメキシコ州で撮影されたコロナ
pollen-corona-nm2017.jpg

2018年3月に米ミシガン州スペリオル湖上空に出現したコロナ
lake-superior-photo2018.jpg

これらは、決して頻繁に起きる現象ではなく、その発生には、かなりの低い確率での光学的条件が揃う必要がありそうです。

最終更新:2019/04/26 20:06

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2019年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

今月