【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2018/12/30 21:09

インドネシア・クラカタウ火山の噴火は、その爆発で「地図を変えた」ことが衛星画像が確認される。そして津波による犠牲者の数は430名に

2018年12月26日のクラカタウ火山の噴火の様相
krakatau-1226.jpg

インドネシアのクラカタウ火山の噴火の影響と見られる津波での被害について 12月24日に書きました以下の記事では 200名以上の方が亡くなったとお伝えいたしました。

200名以上が犠牲となった津波を発生させたインドネシア・クラカタウ火山の壮絶な海底噴火の様子

2018年12月23日 無人機で撮影されたクラカタウ火山の噴火の様子
krakatau-eruption-1223.jpg

しかし、その後の 2日間で判明した犠牲者の数は大幅に増え、12月27日の時点で、死者 430名、家を失った人の数は 1万6000に上ると報じられています。

その後のクラカタウ火山の活動は収束するどころか激化しており、インドネシア当局による噴火警報レベルは最初に噴火した 12月23日より1段階上がっていまして、現在は上から2番目の警報レベルとなっています。

空中から撮影されたクラカタウ火山の噴火
krakatau-1227-eruption03.jpg

クラカタウ火山の場所
krakatau-tsunami-2018c.jpg

さらに、驚いたのは、今回の噴火で、

「地図が変わった」

のです。

12月27日に人口衛星が撮影した画像では、クラカタウ火山の一帯を形成している海域は数日前とは違う地形となっているのでした。

その衛星画像は以下ですが、写真だけだとわかりづらいと思いますので、先に地図でご説明しますと、クラカタウ火山を形成する以下のエリアのうちの噴火している島の形が変わったことがわかります。

islands-cjange-1226.png

以下が衛星写真です。

before-krakatau-1223.jpg

after-krakatau-1226.jpg

以前こちらの記事でご紹介したことがありますが、クラカタウは、1880年の噴火で下のように島の様相を変えました。

krakatau-1880-2005b.jpg

今回の島の地形の変化はそれ以来のものとなると思われます。

活動がさらに大きくなる中、インドネシアの火山活動の今後がどのようなことになるのかわからなくなってきています。

最終更新:2018/12/30 21:09

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム