【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2018/12/17 19:51

ハワイのキラウエア火山の今年の噴火は「過去200年間で最大の規模だった」ことが最近の調査で判明

2018年12月12日の米ウェザーチャンネルの報道より
kilauea-200-largest.jpg

ハワイのキラウエア火山で大規模な噴火が発生したのは、今年の 5月でした。

下の写真は、噴火が発生した直後の 5月5日の様子です。
luana-st-0505.jpg

その後もキラウエア火山の噴火は活溌化し、9月まで噴火が続きましたが、今年のこのキラウエア火山の一連の噴火は、最新の調査で、

「過去 200年間で最も大規模な活動だった」

ことが判明したと報じられています。

この噴火では、次々と新たな亀裂が発生したり、新しい島が形成されたりと、いろいろなことがありました。

2018年7月中旬 ハワイに出現した新しい島
new-island-size02.jpg

また、この噴火では、キラウエア火山の 8番亀裂といわれる亀裂を流れる「溶岩の速度」にも驚かされたものです。

下がその動画ですが、ものすごい速度でしょう。

https:●//youtu.be/IlAjkodY_kI

こういういろいろなことを見せてくれていたキラウエア火山の噴火ですが、科学者たちの発表によれば、東側での噴火の溶岩量とカルデラの崩壊の度合いに関して、過去 200年で最大だということがわかったようです。

噴火は 5月から 8月まで続きましたが、この間にキラウエア火山が噴出した溶岩量は、3.2立方キロメートルとなり、この数ではよくわからないですが、競技用のプールで換算すると、「 30万のプールの量に相当する」のだそう。

噴火は 9月に停止しましたが、しかし、キラウエア火山の活動は、基本的に「長く停止することはない」とされていまして、次の噴火はいつでも起こりうるようです。

アメリカ地質調査所(USGS)による火山のリスク評価では現在、キラウエア火山は「アメリカで最も脅威のある火山」と位置づけられていて、セントヘレンズ山やレーニア山より上位にあります。

USGSのハワイ火山観測局の代表は、科学誌サイエンスに対して、「キラウエアで次に何が起こるのか、私たちには予測もつかないのです」と語っています。

最終更新:2018/12/17 19:51

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム