【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2018/10/12 22:12

アルゼンチン ブエノスアイレス近郊の町の大地に原因不明の巨大な亀裂が広がり続けている

アルゼンチンの報道より
cracks-argentina-2018oct.jpg

アルゼンチンの首都ブエノスアイレからそれほど離れていないエントレ・リオス州のディアマンテという村で最近、

「原因不明の亀裂が拡大している」

ことが報じられています。亀裂は、写真や動画で見ても、かなりの面積にわたっており、崖沿いにあると見られるディアマンテという村の状態がかなり不安な感じになっていることがわかります。

上空から撮影されたディアマンテの亀裂の状況
ar-cracks-01.jpg

ar-cracks-03.jpg

このディアマンテという村は、下の位置にあります。

エントレ・リオス州ディアマンテの場所
diamante-argentina-map2018.jpg

ブエノスアイレス、ロサリオ、コルドバといったような、このブログでよく取りあげられる場所の近辺でもあります。

亀裂は近くから撮影された画像ですと、下のような感じです。
diamante-cracks-2018b.jpg

結構、深刻そうな亀裂ですが、アルゼンチンの民間防衛の専門家たちは、最近の大雨により地盤が不安定になっていることが原因かもしれないと述べています。

当局は原因について調査を進めていますが、今のところ公式の発表はありません。

南米での「地殻の崩壊」といえば、ペルーのクスコ周辺で、今年の 2月に突如巨大な亀裂が発生し、住民たちが移転を余儀なくされることをご紹介したことがありました。その後、このペルーの亀裂は 8月になってもまだ拡大を続けていることを以下の記事で取りあげています。

世界遺産でもあるペルー・クスコに巨大な亀裂が突如出現し、住民たちが移転を余儀なくされる

2018年3月5日
ペルーの報道より
cusco-crack-0227a.jpg

アンデス山脈中の標高 3000メートルを越える場所にあり、観光地としても名高いペルーのクスコ。かつてインカ帝国の首都だった街であり、その市街は世界遺産にも登録されています。

クスコの場所
cusco-map.jpg

そのクスコで、2月27日に、「突如として巨大な亀裂が発生した」ということが報じられていました。

クスコに発生した亀裂 2月27日
cusco-crack-003.jpg

場所によっては、深さが 50メートルから 60メートルに及ぶ、規模の大きな亀裂だと報じられています。

今年の春にペルーで発生した巨大亀裂は今も拡大を続けている…。非常事態宣言が5ヶ月間発令され続けている現地では村が消滅していた

7月24日のスペイン語版BBCの記事より
peru-crack-2018july.jpg

その後どうなったのかについては、あまり報じられていなかったこともあり、私は知らなかったのですが、冒頭の BBC の報道で、

「亀裂は現在も拡大し続けている」

ということがわかったのです。

そして、その今の現地の状態は、惨状としか言いようのないものだったのでした。

下の写真は、今年 3月から最近まで撮影された、ペルー・クスコ周辺の亀裂の発生した場所の状況です。なお、最も被害の激しい場所は、ルット・クトゥト(Lutto Kututo)という村で、写真を見る限りは、もはや「村は消滅した」というようなことになっているようです。

2018年3月から7月にかけて撮影されたペルーのルット・クトゥト村の周辺の状況
peru-crack-001.jpg

peru-crack-002.jpg

peru-crack-004.jpg

peru-crack-005.jpg

今年 2月から亀裂が発生した土地の面積は 30ヘクタールに及んでいるそうですが、亀裂の発生していない周辺地域も地盤的に非常に不安定な状態となっており、さらに亀裂の発生が拡大していく可能性が強いようです。

ペルーでは最近大きな地震があったわけでもなく、他に周辺で異常な地質現象が起きているというわけでもありません。このクスコ周辺だけが、唐突といってもいいような感じで地盤が崩壊し続けているのです。

この土地には長く住んできた人々がいるわけで、少なくとも、そういう人々が暮らし始めてから起きたことのない事象であり、そして、今後この土地に住み続けることは、何ともいえないにしても、難しいような気がします。

今はいろいろな理由によって「人々がもともと住んでいた場所に暮らせなくなる」ことが多いです。

その理由には、洪水もあれば、地震もあります。そして、このペルーの地では、このような前例のない地質活動によって、それが起きているのです。

また、関係はないでしょうけれど、今回の出来事のあったディアマンテの周辺では、今年、いろいろなことが起きていまして、以下の記事はその一部です。

以下は、ブエノスアイレス近郊で川が「突如として赤くなった」ことをご紹介したものです。

アルゼンチンのブエノスアイレス近郊を流れる川の水が「一晩で血のような赤」に変色。原因は不明
2018年5月28日のアルゼンチンの報道より
river-red-tigre.jpg

川や湖の水が「突然、赤く染まる」という事例をご紹介することが多くなっていますが、今度は、南米アルゼンチンの首都ブエノスアイレスに近い、ティグレという街を流れる川が一晩にして、鮮やかな赤色……というより、写真を見ますと、むしろ「血のような赤色」といったほうがいい感じの色に変わったのでした。

赤く染まったティグレの川
tigre-river-002.jpg

アルゼンチン・ティグレの場所
tigre-argentina.jpg

ディアマンテと近いコルドバでは、今年、「 7200万匹」というものすごい数のミツバチたちが「突然の大量死」を起こしたことを以下の記事で取りあげました。

アルゼンチンのコルドバで7200万匹にのぼるミツバチたちの「突然の大量死」が発生。現時点で原因は不明

2018年3月27日の報道より
bees-dieoff-argentina.jpg

アルゼンチン中部のコルドバで、ミツバチの「突然の大量死」が発生したことが報じられています。

死亡したミツバチの数は「 7200万匹」という大変な数です。

3月27日のコルドバの養蜂場の風景
cordoba-dth-bees.jpg

bees-2018march-007.jpg

コルドバの場所
cordoba-map0327.jpg

最初、ソーシャルネット等に投稿されたものが、アルゼンチンの全国的な報道で取りあげられ、その規模の大きさから、現在世界的な関心を集めているようです。

dth-bees-03.jpg

どの地域でのミツバチの大量死でもそうですが、このアルゼンチン・コルドバの大量死においても、確定した原因はわかっていません。原因の「推定」に関しましてはさまざまに出ていまして、その中には、「農薬が原因では」というものもあります。おそらく、ネオニコチノイド系農薬のことを言っているのだと思います。

ただ、今年になって急にコルドバ周辺でネオニコチノイド系を大量に使い出したのならともかく、実際には周辺農家の栽培方法などの状況がほとんど変わっていない中で、突然の 7200万匹の大量死という出来事が起きたわけでして、原因を農薬だけに絞るのは少し無理がありそうです。

原因についてのアルゼンチン当局の調査は続いているようですが、いずれにしても、前代未聞の出来事だったようで、コルドバの養蜂家のひとりは取材に対して以下のように述べています。

「私は現在 62歳で、生涯この地で養蜂家として暮らしていますが、こんな大量のハチの突然死は見たことがありません」

原因はともかく、数十年起きたことのなかったことが起きたということは事実のようです。

アルゼンチンというのは、現実としての接点の意味では馴染みのない国ではあるのですけれど、このブログでは、相当な回数で取りあげさせていただいている国でもあります。

地質あるいは、それを含む環境全般に何か異変が起き続けている感じがしないでもない地域ではあります。

最終更新:2018/10/12 22:12

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今月

過去の日記

2019年
2018年
2017年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム