【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

記事詳細

2018/05/04 20:14

金正恩はトイレを拒否! メディアが報じない“南北首脳会談”友好ムードの大嘘

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅大統領が27日、軍事境界線のある板門店で会談し「南北は完全な非核化を通して、核のない朝鮮半島を実現するという共通目標を確認した」とする「板門店宣言」に署名した。

 随所に友好ムードを演出した両者。金正恩氏は午前の会談で、早朝のミサイル発射実験を凍結することを確約し「もう叩き起こしません。私が確約します」と述べた。夕食会には、正恩氏が北朝鮮名物「平壌冷麺」を持参。会談冒頭で「大統領が気楽な気持ちで、遠くから来た平壌冷麺を」と言いかけ「遠いと言ってはだめだな。おいしく召し上がってもらえれば」と気遣ってみせた。

 各国メディアでは2人が笑顔で共同会見に臨む姿や、手をつないで両国の国境を踏み越える瞬間が何度も放映され、まるで正恩氏が改心したかのように報じているが、実際は全く違う。

 正恩氏が韓国側の施設「平和の家」で芳名録に記帳する際には、韓国側が用意したペンには一切触れず、本国から持参したペンで自筆。要員が椅子や芳名録をスプレーで消毒し、爆発物や盗聴器を探すような仕草も見せた。昼食で北側施設に戻る際には黒塗り車両に乗り、周囲を10人以上の要員が走って護衛するという厳戒態勢が取られた。

「正恩氏が恐れているのは暗殺。黒塗り車両は防弾使用だが、それだけではモノ足りないと“人間の盾”を呼んだ。ここからもわかるように、正恩氏は心から韓国を信用していない。あくまで制裁解除、資金援助のために演技しているだけに過ぎない」とは半島事情に詳しいライター。

 米メディアによると正恩氏は排出物から健康状態を分析されるのを嫌い、韓国側施設のトイレを使用せず、本国からわざわざトイレ付車両を持ち込んだという。「合意文書には朝鮮戦争の終結、平和協定締結が明記されていますが、これは言い換えれば、正恩体制の堅持を約束させたようなもの。今後、在韓米軍の完全撤退を要求してくるでしょう。会見で文大統領は『非核化』という言葉を何度も繰り返していましたが、正恩氏は1度もその言葉を使っていない」

 歴史的な会談を成功に導き、浮かれまくる文大統領を見ながら、正恩氏はほくそ笑んでいるに違いない。

 さて、お次はドナルド・トランプ米大統領との首脳会談だ。なかなか日程が決まらず“やるやる詐欺”の可能性も出てきているが、仮に実現したとしても文氏の時とは正反対のピリピリした雰囲気に包まれることは確実だ。

 外交専門家は「軍事産業を後ろ盾に持つトランプ大統領は戦争したくてたまらない。米朝会談でトランプ大統領は半島の即時非核化を要求するでしょう。これに正恩氏が応えない限り、交渉は決裂。むしろ米国側が破談させるため、正恩氏が最も触れられるのを嫌う北朝鮮の人権問題に言及するかもしれません。南北首脳会談によって、米朝の緊張は“高止まり”したとみるべきです」と話す。

 大ドンデン返しが待っているような気がしてならない

最終更新:2018/05/04 20:14

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2018年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム