【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2018/04/04 20:37

全島民避難から人々が帰島したばかりのバヌアツ・アオーバ島で再び火山が噴火。火山灰と「酸性雨」による壊滅的な被害が拡大している

2018年3月30日のニュージーランドの報道より
vanuats-acid-rain.jpg

噴火するアオーバ島のマナロ山
ambae-volcano-2018march.jpg

バヌアツ・アオーバ島の場所
vanuatu-ambae-map02.jpg

南太平洋にあるバヌアツにあるアオーバ島で、昨年 9月に大きな噴火が始まったマナロ山という火山が、3月の終わりに再び大きな噴火を起こしました。

昨年のこの火山の噴火については、以下の記事で取りあげていますが、その際には、島のほぼ全員にあたる 1万 5000人に避難命令が下されました。

環太平洋火山帯の地震と火山活動が超活発化。南太平洋のバヌアツ・アオーバ島で突如始まった火山の噴火により非常事態宣言

9月26日の英国報道より
vanuatu-emergency-monaro-02-copy.jpg

世界中で地震と火山の噴火が頻発していますが、南太平洋にあるバヌアツでは、火山の噴火の発生により非常事態が宣言されました。

バヌアツ北部にあるアオーバ島という島の住人は大部分が島から退避させられる事態となっています。

バヌアツでは、1週間前にマグニチュード 6.4の地震が発生したばかりですが、その後、マナロ火山が噴火を始め、バヌアツ政府は非常事態を宣言。北部にある人口 1万人のアオーバ島では 7,000人以上が島から避難したそうです。

今年になり、全島避難が解除され、島民たちは島へ戻り始めていたのですが、島民たちが戻ってすぐに、またもや大噴火が起きてしまったのでした。

4月2日のバヌアツでの噴火の様子
ambae-volcano-0401.jpg

この噴火による直接的な負傷者などは報告されていないものの、アオーバ島では、大量の火山灰のために、農作物、あるいはヤシの木、そして飲料水などが壊滅的な被害受けていると報じられています。

また、現在、雨の多い季節であるバヌアツでは、この噴火での火山灰と共に深刻なのが「酸性雨」です。噴火で噴出される火山ガスに含まれる二酸化硫黄が酸性雨となり、それがアオーバ島の広範囲に降り注いでいます。

そのため、土壌汚染が深刻となっており、農作物の被害の他、酸性雨と火山灰にまみれた草を食べた家畜や野生生物が死亡していっているという報告もあります。

火山灰と酸性雨の大きな被害が拡大しているアオーバ島
ambae-village-2018a.jpg

ash-rain-02.jpg

acid-cow2018.jpg

この噴火と、それによる被害の拡大を受けて、バヌアツの災害管理局は、昨年に続いて島民の避難の検討を始めたとのことです。

環太平洋火山帯での火山活動が今後さらに激しくなることはおそらく間違いなく、環太平洋火山帯でつながっている地域は、たとえば日本にしても、このような活溌な火山の噴火による生活への影響が今後人ごとではなくなる可能性は高いです。

最終更新:2018/04/04 20:37

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム