【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2018/03/30 19:04

ギリシャ・クレタ島が赤く染まった日

2018年3月22日のギリシャのメディアより
crete-in-red.jpg

SNSに投稿された3月22日のクレタ島の様子
crete-0322-youtube.jpg

ギリシャのリゾート地でもあるクレタ島で 3月22日、「大気が真っ赤に染まる」という現象が起きたことが、報道やソーシャルネットで報じられています。

赤く染まるクレタ島
crete-so-red03.jpg

下は動画です。

https●://youtu.be/ny1bgXiTn0E

この現象は、以前にもいくつかご紹介したことがありますが、「砂漠のサンドストーム(砂嵐)が大気を赤く染める」現象だったことが報道などに記されています。

ただ、中東などでサハラ砂漠からの砂嵐で大気染まる現象が起きるのは理解できなくはないのですが、

「クレタ島で?」

と思いました。

そして、報道を読んでみた後、地図を見直してみてわかりましたが、「強烈な南からの風がアフリカ大陸からサハラ砂漠の砂を運んできていた」のです、

下がクレタ島と、その南アフリカ大陸の位置です。

クレタ島
crete-map01.jpg

このサハラ砂漠からのかなりの距離をギリシャ沖まで砂嵐を運ぶような気圧の配置となっていたということのようなのです。

ずいぶん昔まで記録を遡ればわからないですが、少なくとも最近のクレタ島では聞いたことのない現象だと思います。

インスタグラムに投稿されたクレタ島の様子
crete-instagram-a.jpg

それにしても、この1年くらいは、この「風景が赤く染まる」という出来事をずいぶんとご紹介した気がします。

少し思い浮かべただけでも、下の2つの記事が思い出されます。

白と赤に包まれて トルコ南部がかつてない規模の砂嵐により「空も景色も真っ赤に染まる」。そして、他の地域では相変わらず続く記録的大雪

2018年1月19日 トルコ南東部マルディンにて
turkish-red-air01.jpg

マルディンの街が真っ赤に染まった様子を撮影した動画

https:●//youtu.be/1zPNT9b9SUc

前回の記事はトルコについてのものでした。それは、

・トルコの各地で過去50年間で最大の降雪。その大雪の中に出現する非現実的な白い世界
2018年1月18日 トルコ東部トゥンジェリ市の光景

tunceli-turkey-0118.jpg 

というもので、トルコの東部、西部、北部、中部などの広範囲で、この数日、「記録的な雪」が続いているというものでした。雪は、1月19日の時点でも続いている地域が多いようです。

そんな中、雪の影響を受けなかったトルコ南東部のマルディンという街が、その 1月19日に「この地では、かつて経験したことのない砂嵐」に見舞われました。

1月19日 トルコ南東部マルディン
turkish-red-air02.jpg

砂嵐に見舞われるという語感からは「景気が茶色になる」という雰囲気がありますが、この時のトルコの砂嵐は「街を真っ赤にした」のでした。

またも「赤い空」が リビア内戦で血の海となったアジュダビヤの大気が砂嵐で真っ赤に染まる

2017年3月17日のアジュダビヤ(リビア)の光景
libya-red-sky.jpg

リビアで、3月17日の朝、「大気が真っ赤に染まる」という現象が起きました。

場所は、リビアのアジュダビヤという街です。

この場所は、2011年のリビアの内戦のターニングポイントとなった日の直前に、Wikipedia の記述では下のようなことがあった場所です。

2011年3月15日、欧米の介入はないと確信したカダフィ大佐は反政府勢力の最後の防御地アジュダビヤの総攻撃を宣言し、翌日には攻撃を開始した。

リビア・アジュダビヤの場所
libya-ajdabiya-map.png

その後も IS などの絡みで多くの「血」が流れている場所ですが、そのリビアの街が真っ赤に染まったのでした。

2017年3月17日 リビア・アジュダビヤ
la-02.jpg

la-03.jpg

しかし、砂嵐に見舞われた場合に必ずしも赤くなるということではなく、むしろ茶色になったり真っ黒になったりすることが多く、その「大気の色」にはさまざまなパターンがあるのですが、今回は真っ赤になりました。

そして、このリビアのアジュダビヤの周辺では、昨年 2016年の 1月にも大規模な砂嵐に見舞われたのですが、その時も真っ赤になりました。

2016年1月17日 リビア・トゥブルク
tobruk-01-17a2.jpg

砂嵐によって大気が茶色くなったり、太陽光が遮られるために「真っ黒になる」というものはよくありますが、最近は鮮やかに赤くなる傾向があるようです。

その原因はわかっているとはいえ、こうも赤い光景の出現が続くと、いろいろと示唆を考えるところもあります。

最終更新:2018/03/30 19:04

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2018年3月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム