【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/07/28 21:13

米中西部イエローストーン国立公園では、先月12日以来、6週間で1400回近くの地震が相次いでいる。震源が集中する北西部では、約60年前に28人が犠牲になる地震が起きていることから、巨大地震の兆候や火山活動との関連が懸念される。

 ユタ大学地震観測所(UUSS)と米地質調査所(USGS)によると、イエローストーン国立公園で群発地震の活動が観測されるようになったのは6月12日。以来、6週間で1400回近い地震が観測されている。

 このうち、地震の規模が最も大きかったのは、現地時間6月15日に発生したマグニチュード(M)4.4、次いで今月19日のM3.6など、M3クラスの揺れが8回観測されている。

 震源は、公園の北西に位置するウエスト・イエローストーンのヘブゲン湖周辺に集中している。モンタナ州のヘブゲン湖では1959年8月に起きたM7.3の地震の影響で、土砂崩れが発生、キャンプしていた28人が巻き込まれて死亡した記録がある。

 ヘブゲン湖近くには、世界で最も有名な間欠泉「オールド・フェイスフル・ガイザー」が存在するため、群発地震も火山活動との関係性が懸念されるなか、イエローストーン火山観測所の主任研究員ジェイコブ・ローエンシュタイン氏は、「前回と同じ規模の地震が発生するまでは、200年近い周期が必要だろう」と指摘し、群発地震は通常の地震の範囲内だと説明している。

 また、ユタ大学のジェイミー・ファレル助教も、「火山のマグマ活動と関連していることを示す兆候は認められない」としながら、群発地震はあと1カ月近く続くとみている。

最終更新:2017/08/02 18:43

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年