【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/06/22 22:38

収まらないイエローストーンの群発地震。発生以来の地震の回数は500回に迫る規模に
yellow-stone-swarm-cause-panic.jpg

アメリカのイエローストーンで、過去数十年で最大規模のマグニチュード 4.5の地震が発生すると共に群発地震が続いていることについての記事

・地球リセットの時期? : イエローストーンで過去40年で最大規模の地震と群発地震が。そして昨年以来、世界各地で活動の兆しが伝えられる超巨大火山たち

2017年6月17日の米国の報道より
yellowstone-m45-earthquake.jpg

アメリカのイエローストーン国立公園で 6月15日にマグニチュード 4.5の地震が発生し、それと前後して、この1週間ほど 200回を超える群発地震が続いています。

このマグニチュード 4.5というのは、規模としては 2014年3月のマグニチュード 4.8以来ということで、3年ぶりの大きな地震ということになります。3年ぶりだと、大した感じではないと思われるかもしれないですが、そもそも、その 2014年3月の M4.8 の地震は「イエローストーンでの観測が始まって以来最大の地震」だったのです。

そういう意味では、過去数十年と比べて、この2〜3年はイエローストーンでの地震は、規模も回数も増えてきているというようなことは言えるのかもしれません。

イエローストーンが地下が持つ「地球の環境を根本的に変える」もうひとつの要素

イエローストーンについて書いた最も新しい記事は、昨年8月の、

・イエローストーン近くの川が「沸騰」してから4カ月後の夏、周辺の川では1万匹にのぼる魚が大量死…
 2016/08/18

というものでしたが、ここにある、

> イエローストーン近くの川が「沸騰」してから4カ月後

というフレーズは、その言葉通りに、昨年の4月、イエローストーン近くの川が「沸騰している」のが発見されたのでした。

2016年4月14日のツイッターへの投稿
yellowstone-boiling-river2c.gif

そして、その4ヶ月後に、イエローストーン・リバーという川で、1,000〜10,000匹(正確な数はわからず)の魚が大量死していたということがあったのです。

・川が沸騰

とか、

・川魚が大量死

というのは、このあたりの川では、そうそうあることでなかったですので(このあたりではなくとも、川が沸騰するということはあまりないでしょうが)、かなり話題となっていました。話題というのか、つまりは「噴火と関係あるのではないか」という懸念というか、そういうものです。

イエローストーンですが、「どうして話題となりやすいのか」ということを再度確認しておきますと、科学的な意味での予測として以下のようなことが考えられているからです。イエローストーン国立公園 Wikiipedia からの抜粋です。

今後予想される噴火

イエローストーンは 60- 70万年前後の周期で巨大噴火を起こしており、前回の巨大噴火より既に 60万年が経過しているので、いずれ近いうちに巨大噴火が起こることが予想されている。

噴火の規模は最悪ピナトゥボ山の噴火( 1991年)の 100倍以上の規模になるとされる。 ユタ大学イエローストーン火山観測所のボブ・スミス所長によれば、超巨大噴火が起きた場合、イエローストーン国立公園は完全に消えてなくなるという。

イギリスの科学者によるシミュレーションでは、もし破局噴火が起きた場合、3-4日内に大量の火山灰がヨーロッパ大陸に着き、米国の 75%の土地の環境が変わり、火山から半径 1000km以内に住む 90%の人が火山灰で窒息死し、地球の年平均気温は最大10度下がり、その寒冷気候は 6年から 10年間続くとされている。


という予測になっているのだそうです。

なお、上に、

> 火山から半径 1000km以内に住む 90%の人が火山灰で窒息死

とありますが、この 1000キロメートルという範囲は実感が湧きにくいと思いますので、図で示しますと、下の円の真ん中の KILL ZONE と書かれた「真っ赤な部分」が、イエローストーンから半径 1,000メートルのエリアです。
yellowstone-kill-zone.gif

他のピンクの部分も、降灰による大きな影響を受けるとされています。

参考として同じ縮尺の日本列島を添えてみましたが、その日本がほとんどすっぽり入るエリアで、科学者たちの予測が現実となれば、影響は大きそうです。

もっとも、イエローストーンの大噴火のサイクルは「 60万年ほど」だとされていますので、このサイクルだと、かなり大ざっぱなレベルの推測でも、噴火の次のサイクルを予測することは不可能ですので、結局は「いつ噴火するのかはわからない」という以上のものにはならないです。

しかし、逆にいえば、確かに「いつかは噴火する」ということも言えるわけで、今の時代にそれは困ると。

それはイエローストーンだけではなく、世界のどこの超巨大火山でもそうですが、「今の時代」に過去のようなことが起きては大変だ、ということから、何かの動きがあるたびに、報じられたり、インターネットなどで話題になったりしているのだと思われます。

それにしても、昨年以来、「世界中で超巨大火山の科学的報道が多い」ことは事実でもあります。

さて、話をイエローストーンに戻しますと、その状態はどのようなものかといいますと、冒頭のマグニチュード 4.5の地震と共に発生している群発地震は、下のようになっています。

2017年6月11〜17日までのイエローストーン地域でのすべての地震
yellowstone-swarm-0617.gif
この 20年ほどのイエローストーンでの異変としては、

・2004- 2006年にかけてイエローストーン公園の東西 80km南北 30kmの範囲で地盤が最大 12cm上昇。過去にはなかった現象

・1999年にイエローストーン公園内の湖の底で高さ 30m以上、長さ 700mの巨大な隆起が発見される

・イエローストーンの地下 20kmから 50kmまでに、東西 80km南北 40Km(容積は約 4.6万km3)の世界最大のマグマだまりがあることが判明


というようなことがあり、少しずつではあるけれど、「何か変化してきている」ということは言えるようです。

さらに、今年4月に、イエローストーンの地下・・・というより、アメリカ大陸の非常に広い範囲の地下に、「炭素の湖」があることが、英国ロイヤル・ホロウェイ大学の地質学者たちによって発見されたことが、今年4月のフォーブスで報じられていました。

下の赤い部分が、炭素、正確には「溶融炭素」というものの湖となっていることがわかったのだそうです。

2017年4月30日の米国フォーブスより
molten-carbon-lake-1.gif
この地図を見た時、

「噴火(火)と炭素の組合せは……最高の二酸化炭素発生コンビなのでは……」

と思いましたが、「炭素が燃えると、二酸化炭素になる」と記憶していますので、イエローストーンではなくてもいいのですが、何らかの「噴火などの地下の巨大な火の事象」があった場合、北アメリカ大陸は「おびただしい二酸化炭素に包まれる」というような可能性があるのかなあと考えてしまいました。

フォーブスの記事の中にも、
融解した炭素(主に炭酸塩)の貯留層は、それらが放出されたならば、劇的かつ即座に地球の環境を 10年間以上変化させる可能性がある。

炭素は、上部マントルの地球の表面の 350キロメートル下にあり、その量は、合計で 110万平方キロメートルの広さに及び、メキシコの国土面積とほぼ同じ大きさとなる。

ありがたいことに、近い将来にこのような放出の事態が起こるリスクはほとんどない。


という下りがあり、この炭素が放出された場合、アメリカのみならず、地球の環境を劇的に変化させてしまう可能性を持つようです。

今年の 4月に「世界で最も危険な火山 10」の元も新しいデータが発表されています。

これは、予測される火山の噴火の規模だけの比較ではなく、「周辺にどのくらい人や文明が存在してているか」などを含めた「予測される被害の大きさ」の順位といっていいかと思います。

今回は、その順位を記して締めたいと思います。

世界で最も危険な10の火山 2017年版

1. フレグレイ平野(Campi Flegrei / イタリア) 半径100km以内の人口は600万人

2. ミチョアカン・グアナファト( Michoacan Guanajuato / メキシコ) 半径100km以内の人口は580万人

3. 姶良カルデラ [鹿児島湾北部](日本) 半径100km以内の人口は260万人

4. イロパンゴ山(Ilopango / エル・サルバドル) 半径100km以内の人口は670万人

5. ヴェスヴィオ山(Vesuvius / イタリア) 半径100km以内の人口は600万人

6. 大屯(タトゥン)火山郡(Tatun / 台湾) 半径100km以内の人口は980万人

7. コルベッティ・カルデラ(Corbetti / エチオピア) 半径100km以内の人口は980万人

8. コアテペケ・カルデラ(Coatepeque / エル・サルバドル) 半径100km以内の人口は650万人

9. タール火山(Taal / フィリピン) 半径100km以内の人口は2480万人

10. サンタマリア火山(Santa Maria / グアテマラ) 半径100km以内の人口は620万人


そのイエローストーンの群発地震は、その後もほとんど収まっていません。

そのためか、さすがに報じる米国メディアが多くなっています。

群発の回数は、6月20日の時点で地震発生開始以来 460回を超えていて、500回に達するのも時間の問題となりつつあります。

2017年6月20日の米国の報道より
ys-2017-0619m.jpg

アメリカ地質調査所のデータでは、過去1週間でのイエローストーン領域での地震の数は 441回となっていました。

2017年6月21日までの1週間でのイエローストーンでの地震
yellowstone-week-swarm.png

このデータを見てみますと、地震の起きている範囲が「比較的広い」ということが言えそうな気もします。

イエローストーンは群発地震がわりとよく起きますけれど、このように広い範囲であるというところが最近の群発地震とは違うところのような気がします。

イエローストーンが噴火した際の予測される影響の範囲
yellowstone-kill-zone02.gif

単なる群発地震だけで先がどうのこうのは言えないですけれど、イエローストーンは噴火した場合の影響が大きなものだけに、こういうことが起きると、いつも話題も大きくなります。

もし地震の規模が大きくなっていくようだと、噴火はともかく、地質的に何かの変化が進行しているということも考えられるのかもしれません。

最終更新:2017/06/22 22:38

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム