【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/06/09 15:31

北極で何かが起きている 夏なのに北極海の氷面積が急激に増加に転じ、ニューファンドランド島には突如として「氷河」が誕生。そして、太陽活動はさらに低下を継続中

2017/06/09
arctic-ice-0405.png

北極を中心として、奇妙なことが起きています。

今は、地球の北半球は季節としては夏に向かう時ですので、北半球の極である北極も夏に向かいます。したがって、例年は「氷が溶けて、少なくなっていく」のが普通です。

ところが、上の比較のグラフを見てもわかる通り、今年5月に入ってから「氷の面積が急激に増加している」のです。

その増え方も相当急激に「大量」に増えていることがわかります。

下は、上のグラフの5月中旬くらいからの部分を拡大したものです。

5月に入ってからの北極の氷面積の比較
arctic-april-may02b.png

過去の平均ではこの時期にゆっくりとした氷の減少を見せていますが、今年はそれとはまったく違う線を描いています。

何が起きているのか。

北極に起きていること

北極の氷面積の急激な増加は、たった2週間ほどの期間の変化が「衛星写真でもわかるほど」で、相当急激な変化だということがわかります。

2017年4月30日から5月13日までの衛星写真による北極の氷の変化
arctic-ice-2017c.gif

このような、近年の過去では見られないような「夏の氷の増加」という現象に現在の北極は見舞われているわけですが、まずは、この事象を取りあげていた記事をご紹介し、その後に、さらに最近、太陽活動の減退がさらに明らかになってきたことにもふれておきたいと思います。

寒冷化やミニ氷河期の到来というのは、短いスパンで変化が起きるというものではないでしょうが、少しずつこういう変化も顕著になっきているということなのでしょうかね。

まずは北極の氷についての記事をご紹介します。

北極海は5月になって氷が増大している

北極の氷に何か驚くべきことが起きている。5月は本来なら北極の氷が溶けていく時期に入っているはずだが、今年は5月になってから、バレンツ海(北極のヨーロッパ側の海)の氷面積が拡大し続けているのだ。

衛星画像を見ると、4月以来、氷面積が後退せずに拡大している様子がわかる。

下のグラフ(今回の記事の冒頭のグラフ)は、2017年の 4月以来の氷面積の拡大が平均を上回っていることを示している。

arctic-day133.png

この氷面積の拡大は、大部分がバレンツ海においてで、面積の拡大は、5月中旬の 5日間だけで 8万5000平方メートルに及び、氷面積は、57万2000キロメートルに達した。

この北極の氷の異常な成長についてのいくつかの洞察は、大気環境学研究室(AER)の 2017年5月8日の北極地方の報告書にも記されている。

そこには以下のようにある。

現在、主に北極圏の北大西洋側に「地表電位の正圧」の高さの異常が集中しており、北半球の中緯度を越えた場所では「地表電位の負圧」が集中している。これにより、5月の北極振動(AO)と北大西洋振動(NAO)が記録的なものとなっている。

また、北極の大西洋側では、ニューファンドランド島の海岸沿いに 1980年代には見られなかった氷河が目撃されているという報告がある。下は、NASA の衛星が撮影した 2017年5月5日のニューファンドランドの海氷状況だ。

newfoundland-2017-05-05.jpg

ここまでです。

最後のほうにある大気環境学研究室の文書の表現は何だかよくわからないものだと思われるかもしれないですが、この「北極振動」とか「北大西洋振動」など、現象に「振動」とついているのは「平年との海水温度の差」のことを言います。

たとえば、エルニーニョ現象は、日本語では「南方振動」といいます。

エルニーニョ(南方振動)は「太平洋の赤道あたりの海水温度の平年との差異」を示しますが、「北極振動」とか「北大西洋振動」も、その海域の海水温度の「平年との差異」を示すもので、簡単に書けば、

「現在、北極圏の海の海水温度が通常とは大変違うことになっている」

という意味だと思います。

また、ニューファンドランド島は北米大陸の東の端にある島で、どうやら、ここに「氷河」が出来はじめているということのようです。

ニューファンドランド島の位置
newfoundland-map2.gif

そういえば、今年4月に、このニューファンドランド島に、

「北極から巨大な氷山が流れてきた」

という出来事が起きていたことを思い出します。

2017年4月17日 ニューファンドランド島の海岸にて
big-peoples-01b.jpg

カナダ東部にあるニューファンドランド島の海岸に「巨大な氷山が接近」するという事態が起きました。

分割した氷山が、北極のほうから風や海流の影響でやってきたのだと思われます。

ニューファンドランド島でこのような光景が見られるのは、おそらく史上初めてのことで、この珍しい出来事を見るために、多くの人たちが海岸に集まりました。
ferryland-canada-map.png

流れてきた氷山の高さは最高の部分で約 46メートル。

漂着してから、多少崩落したようですが、今のところ、消える気配も、どこかに去る気配もないようです。

ニューファンドランド島でこのようなことが起きたことは過去にはなく、これが初めてですので「北極のほうで何か起きている」というような感じはありました。

そんなわけで、夏の氷面積の拡大を含めて、どうやら北極のほうで何かが進行しているらしいという雰囲気が強くなっているようですが、これが一時的なものなのか、あるいは、このまま地球はミニ氷河期に入って、私たちはみんなマンモスのように氷の中に閉じ込められたまま凍ることになっていくのか(そんなことにはなりません)。

いずれにしても、秋頃までの北極の氷の状況を注視したいですね。

最近の太陽活動についても簡単にご紹介しておきます。

さらに弱くなり続ける太陽活動

地球が今後、温暖化に進むのか、それとも寒冷化に進むのかという選択はともかくとして、その地球の気温の傾向を決める条件は多々ありますが、このブログで過去に取りあげた大きな要因として、

・太陽活動

・歴史的なサイクル

があります。

歴史的なサイクルについては、最近も、

・「過去3000年間加速し続ける地球の寒冷化を止めることはできない」 「今はまさに氷河期突入直前」だという強力な示唆
2017/05/27
holocene-cooling-10000.gif

最近、海外の SNS で話題となっているネット上の論文があります。

それは、NOAA (アメリカ海洋大気庁)のデータをもとに、過去 45万年の氷床コアのデータから地球の気温のサイクルを見つめ直したものです。

その内容は「現在の地球は過去 8000年の中で最も寒い」ことがわかると共に、これからの地球の気候を考える上でとても参考になるものです。

今回は前振り一切ナシで本文に入ろうと思います。

「なぜ、今、氷河期が近いといえるのか」ということや、地球の歴史が見せてきた「厳密な気候のサイクル」に驚かれるかと思います。

簡単に書けば、

「地球という場所は、約 10万年間の氷河期と、約 1万年間の温暖期を繰り返している」

ということが、少なくとも過去 45万年の氷床の記録は示しているのです。

そこに意図があるのかないのかはともかく、地球は気候レベルで厳密な変動を繰り返しながら存在し続けていることがわかります。

そして、今の私たちは 1万年の温暖期の「完全な最後の時期」にいることもわかります。

次の氷河期がすぐに迫っているということが、データは明白に示します。

あるいは、「なぜ、こんなにも気候が荒れてきているのか」ということも、この本文の中の文章で理解できる部分があります。

人為起源による地球温暖化のための完新世の背景

私たちの現在の有益で温暖な後氷期(1万年前から現在までを含む時代)は、過去1万年間、人類の文明の構築を可能にしてきた。

完新世の穏やかな気候は、人類の最古の農業から、最近 100年間の科学技術の急速な発展までを支え続けた。

しかし、今現在、グリーンランドの氷床に記録されるすべての北半球の氷床は、以下のことを示している。

・最後の千年紀である西暦 1000年 西暦 2000年の間は、後氷期の中で最も気温の低い 1000年であること。

・完新世の気温記録の各記録ポイントでは、以前の最高点より次第に気温が冷却してきている。

・初期の完新世の最初の 7000〜 8000年の間は、その期間で最も気温の高いポイントを含めて、実質的に平坦な気温記録が続き、気温の平均降下は 1000年当たり 0.007 ℃ でしかなかった(数千年間、ほとんど気温の変動がなかったということ)。

・より最近の完新世では、紀元前 1000年頃の「気温の転換点」以来、以前の 20倍以上の 約 0.14 ℃の気温の低下を見せて現在に至っている。

・後氷期はすでに 10000年から 11000年続いており、前世紀の期間の長さから判断すると、完新世は終わりに近づいているはずだ。それは、今世紀かもしれないし、次の 1000年紀かもしれない。

・20世紀の終わりから、有意な気温の上昇がもたらされ、それは「人為的な地球温暖化警報」という捉え方に変わっていった。

・しかし、最終的には、この 20世紀後半からの気温の急上昇は、過去 3000年以上にわたる比較的急速な気温低下期間の長期的な進展の中では、小さな変動の一部として見なされるようになるだろう。

・NOAA 以外の機関から公表されたグリーンランドの氷床コアの記録もまた、この知見を裏づけている。

ある一部の人たちは、人為的な要因による地球温暖化の環境への悲惨な影響を警告しているが、その気温変動の規模を考えると、その最高の転換点とされる+ 2℃は、結局は、紀元前 1000年の頃の暖かい期間と似通った気候の水準に近づくというだけだろう。



最近の地質学的状況

南極のボストーク基地の氷床コアの酸素温度評価技術による解析では、以下のことがわかっている。

・過去 80万年間では、約 10万年の間隔で定期的な気温の変動があった

・過去 45万年間に、おそらく 5回の間氷期の温暖期があった


間氷期の温度の変化と持続時間は、それぞれ差異があり、いくつかの初期の間氷期では、 10,000年の基準よりもかなり短かった。

intergracial-period-45m-2017-01-02-at-18-30-47.png

これらのデータから示されることは、

・〜10万年周期 北半球の多くが数キロメートルの深さの氷のシートで覆われている長い氷期の繰り返しパターン。

・〜1万年周期 短い期間の暖かい間氷期が続く。


というものだ。

これは太陽のより短い周期的な振る舞いによって調整されることがわかっており、地球の気候を支配するこれらの事実は十分に文書化されており、現在ではよく理解されている。

下は、過去 12万年のグリーンランドの氷床コアが示す北半球の気温の変化だ。

greenland-12m.gif

過去の間氷期の長さから判断すると、およそ 10,000〜 11,000年続いた完新世期は今、終わりに近づいているはずだ。

したがって、過去のサイクルから見れば、地球は再び完全な氷河に覆われる気候へ戻る時期が近づいている。それは今世紀からかもしれないし、次の世紀かもしれないし、あるいは次の千年紀になるかもしれないが、過去のサイクルに従うのではあれば、予見は可能だ。

直近の 3000年で地球は急速な冷却を経験しているが、今後より寒冷な気候へと変化が継続していく可能性は高い。

寒冷化は、より強烈な悪天候につながる。 地球の極(南極、北極)と、熱帯の間の全体的なエネルギーの差は寒冷化によってのみ大きくなる。そして、それにより大気中の安定性が低い状態になるため、悪天候が顕著になりやすくなる。

さらなる悪天候に加えて、来るべき寒冷期はまた人類全体と生物圏全体にとって非常に深刻な欠乏につながるだろう。 植物が成長する季節が短くなり、耕作面積が減ることにより、大きな影響が出る。

かつての寒冷期では、多くの生物圏が崩壊したが、直近、世界はこれらの悪条件と温度の限界上昇から回復し、20世紀後半は人類と生物圏にとって完全に有益な時代であった。

しかし、人為的な温暖化が過去 3000年の寒冷化を逆転すると期待するのは人類の傲慢だろう。

地球の寒冷化は加速し続けており、その傾向は継続すると考えるのが妥当だ。

ここまでです。

過去の地球は「10万年ごとに氷に閉ざされるサイクルを繰り返してきた」ことなどを書きました。

こういうサイクルの中で地球は歴史を重ねているのですが、もうひとつ気温を作用する条件として「太陽活動」があるということも過去何度か取りあげたことがあります。

基本的には、

「太陽活動が弱い時期は地球は寒冷化する傾向にある」

ことが、この数百年に関しては比較的はっきりしています。

太陽と気温の関係は実にはっきりしていまして、たとえば、下のグラフは、1850年から 2016年までの「地球の気温の変化と、太陽黒点の数の関係性」を示したものです。

過去160年間の黒点数と地球の気温の相関関係(現在の気温は過去4000年で最高)
sunspot-number-temperature-since-1850b.gif

こういうグラフを見る限り、非常に単純に考えてみれば、「太陽活動が低下していくと、地球の気温もまた低下傾向を示す」と言っていいのではないかと思います。

では、その太陽活動の現在はどのようになっているのでしょうか。



太陽活動が低下し続けていることについては、過去記事(リンク)でもずいぶん取りあげましたが、今は「さらに弱くなっている」のです。

この現在の太陽活動の低下については、また別の機会にきちんとご紹介したいと思いますが、下は 2017年3月までの太陽活動の状況を示す図です。

フラックス(Flux)と呼ばれる「太陽から放射される電磁波」の量を示したもので、太陽が地球に与えているエネルギーの強弱を示します。

2014年から2017年の太陽エネルギーの推移
Slumping-Sun.gif
2014年頃でも、十分に太陽の活動は弱かったのですが、さらに弱くなり続けているようです。

この太陽の気温への影響が今後急速に起こるものなのか、そうではないのかはわからないですが、気温だけの問題ではなく、しばらく私たちは太陽の影響が小さくなった地球の中で生きていかなければならないようです。

そして、おそらくとしか言いようがないですが、それに伴い、地球全体の気温にも変化が起き始めるのではないでしょうか。

最終更新:2017/06/09 15:31

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム