【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

2018/08/13 20:51

過去1万年は噴火していないと考えられるアイスランドの火山の周囲に隆起やシンクホール、そして亀裂が次々と発生中。火山活動との関連は不明

8月10日のロシアの報道より
tungnafellsjokull-iceland-2018.jpg

アイスランドはその国土の中に、130以上の火山を持っているとされています。

その中には活動中のものもあれば、何万年、何十万年と噴火していない火山もあるわけですけれど、その中で、「1万年ほどは噴火していない」と考えられている火山のひとつの周辺で、いろいろな地質的異変が起きていることがわかりました。亀裂が生じたり、シンクホール(陥没)現象が起きたり、あるいは逆に、「土地が隆起」したりしているのです。

その火山は、トゥングナフェルスヨークトル (Tungnafellsjokull)という火山で、アイスランドの科学者チームによるアイスランドの火山の全体的な調査の中で、そのことがわかりました。

トゥングナフェルスヨークトルの周辺で起きていること
iceland-volcano2018a.jpg

iceland-volcano2018b.jpg

iceland-volcano2018c.jpg

sinkhole-iceland-007.jpg

場所は、以下のようになります。

トゥングナフェルスヨークトル火山の位置
tungnafellsjokull-iceland-map2018.jpg

これらの地質的な変化が何を意味しているのかはわかりませんが、仮に、トゥングナフェルスヨークトル火山の活動と関係しているのだとすれば、これは「かなり長い眠りから覚める」という徴候になるのかもしれません。

何しろ、このトゥングナフェルスヨークトル火山は、詳しいことはわかっていないとはいえ、たとえば、アイスランドの火山一覧には以下のようにあります。

トゥングナフェルスヨークトル 休眠中 完新世のころに活動

この「完新世」というのは、1万2000年ほど前から現在に至る地質時代のことですので、結局、「過去1万年のうちに噴火したと考えられるが、詳しいことはわからない」という火山ということにはなりそうです。そして、ここにある「休眠中」というのが、「休眠ではなくなる」という可能性も出てきているのかもしれません。

そして、仮に活動が始まるとすれば、「1万年の眠りから覚める」という、ダイナミックな目覚めということになりそうです。

なお、アイスランドの科学者のページによれば、このトゥングナフェルスヨークトルの北部地域は、この数年来、地形が変化してきていることが衛星からの観測でわかっているのだそう。

この「地形の変化」の意味することろが何かはわかっていないとのことですが、火山と関係した地質の変化をあらわしている可能性もありそうです。

アイスランドでは、たびたび火山の噴火はありますが、近年で印象的だったのは、2010年のエイヤフィヤトラヨークトル火山の噴火だったのではないでしょうか。

その噴火の後の「怒りの形相のような3つの火口」は今でもよく覚えています。下が、その 2010年の噴火の際の火口です。

2010年のエイヤフィヤトラヨークトル火山の噴火によりできた火口

eyjafjallajokull-face-2010.jpg

現在アイスランドで起きている地質的変化が、噴火などの事象に結びついていくのはどうかは何ともいえないですが、最近の世界中の火山活動の活況から考えますと、何らかの火山活動と関係があってもおかしくはないと思われます。

最終更新:2018/08/13 20:51

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

現在、情報を取得中です

2018/08/13 20:43

スイスで発生した異常ともいえるほど激しい「泥の爆発と噴出現象」

8月10日の英国インディペンデントの報道より
swiss-mud-eription.jpg

スイスのシャモソンという閑静な村で、8月8日、

「泥の鉄砲水現象」

が発生するという事態が勃発しました。

この「泥の鉄砲水」という表現そのものもおかしな日本語なのですが、これは現地の報道によっても、まちまちな表現となっていまして、「土石流」としているものもあるのですが、とにかく以下の動画にありますような「泥の噴出と激しい流出」が起きたのです。

https:●//youtu.be/6jKkN1e4ejQ

写真ですと、下のような感じの状態が村を襲いました。

swiss-dsk01.jpg

swiss-doseki-lady.jpg

スイス・シャモソンの場所
chamoson-swiss-map2018.jpg

こういうことがあったのですが……さて、「これは一体、何の現象なのか」ということがよくわからないのです。

どの報道を読んでも、その部分にふれていません。

おそらくですが、報道されている時点では、

「この泥の噴出が起きた理由や原因をわかっている人がいない状態」

だったのではないかと思わざるを得ません。

たとえば、「地震があった」とか「大雨が降った」とか、このような現象のキッカケとなるような事象があったのならともかく、そういうことが報道には書かれておらず、「激しい泥の鉄砲水が村を襲った」という事実だけが報じられています。

泥がどこから来ているのかも報道ではわかりません。

地質的なものなのか、天候が関係しているのかもわかりません。

何が起きているのでしょうかね。

最終更新:2018/08/13 20:43

2018/08/10 22:07

世界中が熱波に覆われていたかのような感覚さえ覚える2018年8月初旬のスーパーセルとマイクロバースト

8月3日 米ジョージア州チャッツワース市に出現したマイクロバースト
chatsworth-georgia-us0803.jpg

北半球の各地で異常といっていい気象や気温の事象が続いています。その中でも、日本の多くがその渦中にあるため話題となります「猛暑」あるいは「熱波」は東アジアとヨーロッパを中心に前例のないレベルとなっている場所も増えてきました。

そんな中での世界の空模様も荒れたままで、マイクロバーストやスーパーセル(超巨大積乱雲)が出現し続けています。

ある程度、定期的にこのマイクロバーストやスーパーセルについてはご紹介していまして、前回は 5月に以下のような記事を書かせていただきました。

春のヨーロッパとアメリカの各地で相次ぐスーパーセルやマイクロバーストによる壮大な悪天候の空模様
5月17日 クロアチア・パグ島に集中豪雨をもたらしたシェルフクラウド
pagu-croatia-0517.jpg

2018年5月中旬のヨーロッパの米国に極端な気象をもたらした雲の数々
ny-amazing-clouds.jpg

5月14日 セルビア・ムラデノバツのダウンバースト
mladenovac-serbia-0514.jpg

5月18日 米ミネソタ州セントポールでのマイクロバースト
minnesota-mb-0518.jpg

5月15日 ブルガリア・プレヴェンのスーパーセル
preven-bulugaria-0515.jpg

5月13日 ドイツ・ダッハウの棚雲
german-tng-0513.jpg

5月14日 米国コロラド州のスーパーセル
mb-corolado-0514.jpg

5月15日 米テキサス州サンコ市のマイクロバースト
texas-mb-0515.jpg

5月17日 イタリア・ジェノヴァのダウンバースト
genova-mb-0517.jpg

5月19日 米国カンザス州でのマイクロバースト
kansas-0519a.jpg

5月15日 ドイツ・バイエルンの棚雲
german-bavaria-0515.jpg

5月15日 米コネティカット州のスーパーセル
connecticut-supercell-0515.jpg

今回は 8月の第 1週の世界の空模様です。マイクロバーストがとても多かった期間だったと思います。

以前はほとんど見られなかったマイクロバーストも、今では毎日のように世界のどこかでは発生しています。

それでは、ここからです。

2018年8月最初の7日間の世界のスーパーセルとマイクロバースト

8月2日 米アリゾナ州フェニックスの砂嵐とマイクロバーストの饗宴
arizona-dreaming-mb.jpg

8月3日 ポーランドのワルシャワの悪天候の中のマイクロバースト
warsaw-mb-0803.jpg

8月1日 米国シカゴで発生したマイクロバースト
chicago-mb-0801.jpg

8月6日 ロシアのプスコフでのマイクロバースト
pskov-russia-mb0806.jpg

8月3日 カナダ・アレックスの真っ黒のスーパーセル
alex-canada-0803.jpg

8月3日 ミネソタ州チャンピオンでのスーパーセル
champion-minnesota-0803.jpg

8月3日 カナダ・マニトバのスーパーセル・のようなもの
manitoba-canada-ssc0803.jpg

8月6日 米国フロリダ州パナマシティのスーパーセル
florida-supercell-0806.jpg

8月1日 カナダ・アルバータのマイクロバーストのような現象
alberta-mb-0801.jpg

8月4日 ポーランドのヴァルミア=マズールィ県に出現したマイクロバースト
poland-micro-burst0804.jpg

8月7日 ドイツ・ハッセンの巨大なマイクロバースト

hessen-germany-0807.jpg

最終更新:2018/08/10 22:07

2018/08/10 21:43

ビッグブラザーが求めるリーダーと生体トラッキング

mag201807-25.jpg

電子タトゥーとスマートダスト。
体内インプラントと生体トラッキング・・・
ディープシフトは着々と進んでいる。

あなたは新しい時代のリーダーとして、どう振舞う?

「人間不要の世界」が訪れようとしている

「市場は、やがて機械の手に委ねられ、人間から決定権を奪おうとする」・・・

日常的に意識する、しないに関わらず、現実世界は、確かに「人間不要の未来」へ向かって変化し続けています。

「なぜ未来は、われわれを必要としなくなるのか」・・・

サン・マイクロシステムズの共同創設者にして主任研究員でもあったビル・ジョイ(Bill Joy)が、2000年4月、ワイヤード・マガジン(Wired magazine)に寄稿した小論文は、思いのほか大きな反響を呼び、それまで情報技術の野放図な発展に、のほほんと構えていた人々を微睡(まどろみ)から覚ましました。

その小論文は、今でもここで読むことができます。要約はこちら。

ビル・ジョイに、この「未来に対する警告書」とも受け取れる論文を書かせたのは、ある会議で講演を終えた後、ホテルのバーで一息入れているときに、偶然に居合わせたレイ・カーツウァイルに声をかけられたことがきっかけとなったと書かれていますが・・・

いや、カーツウァイルのほうが、ビル・ジョイを待ち構えていたのでしょう。

レイ・カーツウァイルは、間もなく上梓される彼の著書「スピリチュアル・マシンの時代(The Age of Spiritual Machines)」のゲラ刷りの一部をビル・ジョイに手渡しながら、人間がロボット技術によって機械と一体となることで、あたかも永遠の生命を獲得できるユートピアが訪れるかのように概説した後、立ち去っていったということです。

「スピリチュアル・マシンの時代」は、日本でも翻訳され、「スピリチュアル・マシーン―コンピュータに魂が宿るとき」というタイトルで出版されました。
こちらに、インタビュー記事が残っています。

レイ・カーツウァイルに対するビル・ジョイの印象は、「カーツウァイルが危険を過小評価して、未来に悪い結果が出る確率を控えめにしようとしている」と確信したというものです。

この警告に呼応するかのように未来に対する注意を喚起しているのが、カーネギーメロン大学ロボティクス研究所教授、ハンス・モラベック(Hans Moravec)の書いた「Mind childlren : The Future of Robot and Human Intelligence」です。

http:●//www.hup.harvard.edu/catalog.php?isbn=9780674576186

日本では、「電脳生物たち―超AIによる文明の乗っ取り」のタイトルで邦訳本が出ています。

電脳生物がウォール街を食い荒らす

「市場が、超AIの助けを借りて人間から決定権を奪う」ケースとして、わたしたちは、株式市場や仮想通貨市場、労働市場にすでにその例を見ています。

それを示す衝撃的な出来事は2010年5月6日に起こりました。

<中間省略>

・・・つまり、より大きな資本で超AIトレーダーという名の電脳生物という経済のケダモノを開発できた者だけが、市場の覇者となるのです。

そこでの主役もまた、人間ではなく、人間以上の知能を持った冷酷なマシーンなのです。

アルゴリズム競争の前には、ファンダメンタルやテクニカルは役に立たない

・・・アルゴリズムの開発それ自体は、本質的に悪いことではありません。

<省略>

・・・すでに、ウォール街には、アルゴリズム競争の熱風が吹き荒れています。

ウォール街と利益相反の金融マスコミは、トレードの意思決定においてアルゴリズムを強化する大きなインセンティブが、より透明性を高めることにつながるかのように喧伝しています。

こんなことは明らかな詭弁で、それは必然的に透明性の欠如につながるのです。

今後、アルゴリズム競争は、ますます過激化し、最終的には、人間が制御できないブラックボックスと化していくのかもしれません。

おそらく、それは人間が機械に支配された挙句、自らの不道徳と怠惰によって市場を破壊してしまう最初のケーススタディーとなるでしょう。

AIトレーダーによって職を失うウォール街のエリートたち

英国のエコノミスト誌は、2015年12月、「ビッグブラザー・マネジメント」というタイトルの付いた記事をアップして、「2016年からは、マネジメントの仕事が管理職から取り上げられることになるだろう」と、経済展望のスタイルを取った“予言”を出しました。

http:●//www.theworldin.com/article/10630/big-brother-management?fsrc=scn/tw/te/bl/ed/theoceanbusiness

・世界経済フォーラムを主宰するグローバリストのクラウス・シュワブ(Klaus Schwab)は、「第四次産業革命ーダボス会議が予測する未来」の中で、
「技術がもたらす混乱と自動化は、労働の代わりに資本を用いるという破壊効果があり、労働者は失業者になるか、スキルの再配分を余儀なくされる。こうした破壊効果は新たな製品やビジネスに対する需要を増加させ、新たな職業、ビジネス、さらには産業の創出つながる資本化効果を伴う」と書いています。

端的に言えば、ウォール街のヘッジファンドの大方が、百戦錬磨の人間のトレーダーから、超高速アルゴリズムを備えたAIトレーダーに取って代わられているような現象が、今後、労働市場全般で起こると言っているのです。

<省略>

・・・ウォール街は、2008年のリーマンショックをきっかけに機械化(ボットの導入)を果敢に進め、現在では、トレードの主要なプレーヤーは人間からAIへのバトンタッチされています。

https:●//www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/08/ai-17.php

・・・ウォール街のアルゴリズム戦争の行きつく先は、映画『ゴースト/ニューヨークの幻』(原題:Ghost)の結末のようです。

ウォール街を賑わす「アルゴリズム戦争」、AI取引の最前線

空前のAI(人工知能)ブームはウォール街をも席巻している。高頻度取引業者が株価を操り、AI取引型ファンドが高リターンを記録する時代ー。「ウォール街のアルゴリズム戦争」でコンピュータ取引の実態を描いた、「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙記者でベストセラー作家のスコット・パタースンがAI取引の現実を語る。

ーウォール街の最前線では、どのような“アルゴリズム戦争”が展開されているのでしょう?著書出版後、この3年間で変わった点はありますか。

スコット・パタースン(以下、パタースン):状況が過熱していることは確かだ。高頻度取引を批判的に描いた、マイケル・ルイスの『フラッシュ・ボーイズ』(2014)を機に、この問題に注目が集まり、激しい賛否両論が巻き起こるようになった。高頻度取引反対論者と高頻度取引業者の間で議論が二極化しているのだ。

ウォール街での最も大きなテクノロジーの進歩は、私の著書が世に出る前にすでに起こっていた。市場の革新的進化は1990年代にさかのぼる。ウォール街の超天才プログラマー、ジョシュア・レビンが生み出した「アイランド」という電子プール・システムだ。

強力なコンピュータを備えたデータセンターを取引所内に設置。トレーダーらのサーバーをそこに置き、トレーダーが仲買人を経ずに売買できる「コロケーション」と呼ばれるサービスを提供した。このシスステムは世界中で採用されている。すべての革新は彼から始まった。

現在、白熱した議論がなされているが、大半の人々にとって、それは、コンピュータ取引の善悪を論じるものだ。だが、現実は、もはやそんなレベルではない。今や市場で行われている取引は、すべてコンピュータによるものだ。善悪を論じても意味がない。コンピュータが勝ったのだ。この流れは加速する一方だ。

昨年、ロンドンに赴任してきたが、ロンドンのコモディティー市場のフロアは非常に狭く、今も人間による取引が行われている世界で数少ない立ち合い所の一つだ。彼らでさえコンピュータを使っている。ニューヨーク証券取引所のフロアを仕切っているのは、今や大手高頻度取引業者KCGホールディングスとシタデルだ。議論すべきは、コンピュータがいかに取引所のシステムとうまくやっていけるかだ。

ーアルゴリズム戦争を一言で説明すると?

パタースン:トレーダーが取引所に某社の買い注文を出すと、アルゴリズム、つまりコンピュータプログラムによって処理されるわけだが、他の業者のコンピュータが、その動きをつかみ、株価を押し上げようとする。一方、買い注文を出したコンピュータは、その動きを悟られまいとする。どちらがどちらの裏をかくか。チェス同様、アルゴリズムには非常にハイレベルのゲーム理論が組み込まれている。

取引所は、大手高頻度取引業者の一部が他の取引を検知できるよう便宜を図っている。そうした業者が、機関投資家の大商いには一定のパターンがあるのかなどを見抜き、いち早く売買注文を出すというようなことも可能だ。

ー高頻度取引のプラス面は何ですか。

パタースン:かつて市場は、高額な手数料を取る仲買人が一手に仕切っていた。不透明で競争原理が働いておらず、投資家にとって、いい市場とはいえなかった。そこにレビンが現れ、買い手と売り手が直接、しかも素早く取引できるコンピュータシステムを構築した。投資家がブローカーに利用されており、市場が非効率で腐敗していることを知っていたからだ。

ー高頻度取引で市場が改善されたと?

パタースン:非常に効率化し、腐敗度が下がった点では、イエスだ。とはいえ、改善の余地がない、という意味ではない。大手高頻度取引業者という「新インサイダー」が現れ、そのパワーを駆使し、水面下で取引所から恩恵を得て株価の流れをコントロールするようになった。数分間で株価が大幅に下落する「フラッシュ・クラッシュ」など、コンピュータの誤作動という大きな不安定要因もある。

コンピュータが悪いなどと言うつもりはないが、規制当局は市場に目を光らせ、システムがどのように機能しているかなどを逐一把握する必要性に迫られている。だが、後手に回っているのが実情だ。


ーコンピュータ取引専門のヘッジファンドの成績が好調と言われています。

パタースン:コンピュータ取引を行うファンドにも、いろいろある。米ヘッジファンド史上最も大きな成功を収めているルネサンス・テクノロジーズは、80年代から有力なコンピュータ取引会社として知られるが、常に抜群のリターンを記録している。

高頻度取引業者は、非常に高いリターンというわけではないが、5%、8%など、一貫して安定した数字を叩き出している。競合他社に後れを取らないように同様のストラテジーを用いる会社は増えており、取引速度や効率性に磨きがかかっている。

ーヘッジファンド業界の業績は低迷していますが、AIなど、コンピュータ取引によるファンドは伸びています。この流れは加速するのでしょうか。

パタースン:もちろん。今や長期投資にもAIが使われる時代だ。市場が完全にコンピュータの管理下に置かれ、コンピュータ同士が話をする日が訪れるかもしれない。トレーダーは不要。働いているのはプログラマーのみ、という日がね。ルネサンス・テクノロジーズのほかには、ツー・シグマ・インベストメントなどもAIを用いている。AIは、市場で、ますます大きな部分を占めるようになっている。

グーグルのようなIT企業からヘッジファンドへの人材の流動化は、何年も前から見られるトレンドだ。グーグルのほうが年俸が高いため、ヘッジファンドはAI専門家の人材確保に苦労しているが。

ーAIを使った取引にはどんな問題点がありますか?

パタースン:AIプログラムの多くが似通っており、ストラテジーが酷似しているため、集団効果により、ある種のバブルが生じる。そのため、ひとたびコンピュータが予期しないような問題が生じると非常に危険であり、不安定化を招きやすい。アルゴリズムに狂いが生じ、猛烈な勢いで売り注文を出し続け、制御不能な、なだれ現象を引き起こす。そして最後にはクラッシュしてしまう。

ルネサンスも以前、これが原因で巨額の損を出した。多くの取引会社がメルトダウンと紙一重の状況にある。コンピュータによるウォール街の支配が進むにつれ、こうしたリスクが生じる。

古典的なウォール街のトレーダーは、機械の後ろに立って陽炎のようにゆらめきながら、なんとかこれを操ろうとしますが、やがて、この世界に自分の居場所がないことを悟って去っていくゴーストそのものです。

ウォール街のその後は、文字通り、機械が支配するゴーストタウンになるかもしれません。

共産主義の選択・・・それがユニバーサル・ベーシック・インカム

・少なくとも、楽観主義、悲観主義の両陣営の論客に共通しているのは、人間のニーズと欲望は無限であるから「人間の労働の代替的な技術革新は、いっぽうで市場を破壊し、そのいっぽうで次から次へと新しい市場を創出させる」といった「創造的破壊」に立脚していることです。

ですから、本当に深刻な問題は、今の労働市場が、いったんは、AIのアルゴリズム競争によって大規模な改変を免れないことではなく、市場創出のエネルギーが失われることによる「市場喪失」なのです。

少子高齢化は低欲望化の社会をつくり出します。

「田園調布に家が建つ」、「いつかはクラウン」は、とうの昔に死語となり、若者は豪邸や高級外車を所有することより、シェアハウスやカーシェアリングなどを最大活用して「身の丈に合った」幸福感に安住しようとします。

これが昂じていくと、市場そのものが縮小から消滅に向かって歩き出すのです。

極端に言えば、市場が次々と消えていくことによって、共産主義が台頭してくるようになります。

ユーバーサル・ベーシック・インカムは、まさに低欲望化社会のセーフティーネットとして用意されたもので、それは、政府への一層の依存度を高めることになります。

・・・ユニバーサル・ベーシック・インカムが、なぜいけないのかというと、それは人々を共産主義に導く「腐ったニンジン」だからです。

そして、ここにこそ、一人一人がブロックチェーンに紐付けられ、その一挙手一投足に口うるさく介入してくるであろう世界政府の思惑が隠れているのです。

つまり、ユニバーサル・ベーシック・インカム制度は、グローバル金融勢力が最終的に求めている「世界政府による完全奴隷制度」の体裁の良い別の呼び方に他ならないということです。

「グローバルなベーシック・インカムが、ブロックチェーンによって開始された」にて、事実を元にしてあとで、詳しく解説しています。

シンギュラリティーとケムトレイル、そしてナノ・テクノロジーと体内インプラント、これらはすべてつながっている

さて、電子タトゥーは、すでに完成しており、実用に十分耐えるレベルになっています。

電子タトゥーは、家のドアや車のロック解除はもとより、指紋でスマホのコードを入力するといった、生体のプロセスのトラッキングなどのタスクを実行することができます。さらに、RFIDインクで人の皮膚に刻印するタイプもあります。

mag201807-24.jpg

いかにも、電子タトゥーを入れたくなるようなプロモーション・ビデオの数々がユーチューブにアッロードされています。

https:●//www.youtube.com/watch?v=8MLspb1KSaM

また、スマートダスト(Smart dust)と呼ばれる砂粒より小さいアンテナ付のコンピューター(小型センサー)が、あちらこちらにばら撒かれて、必要とする情報を集めるためのネットワークを形成することも可能です。

https:●//www.e-education.psu.edu/geog583/node/77

このスマートダストは盗聴にも有用なため、別の目的を悟られないように、最初のうちは、がん患者の体内にばら撒いて早期がんを攻撃させたり、健康情報の重要な保管庫といった名目で、医療用に利用拡大を図っていくでしょう。

つまり、がん患者の体内にナノ・ネットワークが構築され、常時、がん細胞をコントロールしようとするのです。

https:●//www.youtube.com/watch?v=vyUjXzSNiz4

もう説明の要はないでしょう。
これは、ケムトレイルのことです。

スマートダストは、ある家に招かれたとき、あなたが自分の靴下に付着させて帰宅したとき、「おやっ?」と見つけるキラキラひかる粒かもしれません。

あるいは、行きつけのカフェで注文するダージリンティーに入れるスティックシュガーの中に含まれているかも知れません。

シンギュラリティーとケムトレイル、そしてナノ・テクノロジーによる超小型ロボットの関係については、5年前に、すでに書いています。

2013.11.17 30年後、人間は人工知能とナノテクによって新人類になる

TIME誌の2011年2月21号の中で、異常な正確さで知られる未来学者、レイ・カーツウァイルは、こう予言した。

「2020年までに、われわれは人間の脳の逆行分析ができるようになるだろう。
超人工知能ができれば、あとは人類はその手に委ねればいい。

“天界が近づいている 私たちホモサピエンスは形を変える”

未来の姿--

少しずつ浮かび上がってきたのは、ハリウッド映画に描かれている近未来の姿より、さらに想像を絶する世界です。
これは、SF映画ではなく、実際に今、この瞬間も進められていることです。

天界が近づいている 私たちホモサピエンスは形を変える。
何か新しい もっと良いものになる。
この転換が起きるのは2045年と予想されている。

2045年の大転換に備えて、“有意な人材”を育成するために2008年、シリコン・バレ―に「シンギュラリティー・ユニバーシティー」を創設したレイ・カーツウァイルは、こう予言しています。

しかし、カーツウァイルは予言者ではなく、アメリカの発明家、実業家としてだけでなく、長期の未来をズバリ予測してきたことで有名です。
彼の発言は、世界の半導体産業、コンピュータ製造業に大いなる影響を与えてきました。

mag20131112-2.jpg

また、彼は世界の主要なトランス・ヒューマニストとしても有名で、人類は機械と融合すべきであると信じている人間です。

「2029年頃までには、人工知能AIが人間の知能を追い越すだろう。
人工知能は、われわれ人間の知能を高めるだけでなく、超人間の知能を与えてくれる。

今、われわれはナノスケールの装置を作っている。
これは、ロボット赤血球の設計のことである。

この人工赤血球は少なくとも、本来の人間の生体の赤血球の一部と置き換わって、難なくオリンピック選手級の走りができたり、プールの底に数時間も潜っていることが可能になる。
最後は、心臓もいらなくなるかもしない。

そればかりか、未知の特定の病原菌や自己免疫不全に対するソフトウェアをダウンロードしたりと、人体の限界をはるかに超えることが、このナノテクで実現可能になる。

カーツウァイルによれば、「脳をPCにダウンロードしたり、逆にPCを脳にアップロードしたりして、生体をプログラミングし直す」ことによって、まる1日休みなく働いても疲れを知らず、ひたすら生産的で効率よく生活することができるようになる。

また、「愛憎をはじめとする人間社会の矛盾やこの世の不条理からも解放されるようになるといいます。
果たして、彼の世界で生きることは幸せなのか、という問いかけが真っ先に出てきます。

しかし、それは待ったなしでやってくる世界です。そして、産業界は、すでにその方向に向かおうとしています。
その先には、2045年のシンギュラリティが待っています。

「マトリックス」や「トータル・リコール」、「ロボコップ」といったハリウッドの数々のSF映画は、実はSFでなく、カーツウァイルが見ている地平の向こうに広がっている世界であることを、今になってやっと理解できるのです。

当初、こうした警告は陰謀論と一笑に付されて無視されてしまいました。

しかし、電子タトゥーも、スマートダストも、世界経済フォーラムの主催者であるクラウス・シュワブが、自著「第四次産業革命ーダボス会議が予測する未来」の中の付章「ディープシフト」の『体内埋め込み技術』の項で「進行中のシフト」として推奨しているのです。

私は、日本の保護者が、誘拐から自分の子どもを守るためと唆されて、こうした処置を子どもに与えないよう警告を続けていきたいと思います。

最終更新:2018/08/10 21:43

2018/08/09 21:10

世界中で顕著になり続ける「気象のカオス」が示すものは、未来の地球に向かっての大きな変化なのか、それとも単に一過性のことなのか

7月27日 山火事の中に廃墟として浮かび上がるカリフォルニア州レディングの町
redding-california-0727c-768x512.jpg

8月3日 真夏のサウジアラビア・アスィール州で前例のない雹嵐により光景が「真っ白」に
saudi-hailstorm-0803.jpg

地球の「気象のカオス」が、どんどんと極まっている雰囲気が多くの方々に実感されてきているような世の中となっている気配が、この夏はさらに強くなっています。

冒頭の写真は、最近印象的だったものの中からですが、2枚目のものは、サウジアラビアのアスィール州という場所で、8月3日に「氷の雨」が降ったと報じられていたものからの写真です。

普通に言えば「雹」ということになるのでしょうけれど、写真や動画を見ますと、「氷の雨」という表現のほうが正しいかもしれないことがわかります。下の動画は、氷の雨がサウジアラビアに降った直後の様子です。

https:●//youtu.be/8wmlGCI6WNo

こういう異常な気象が生み出す「かつてなかった光景」が、今、世界中に広がっていますけれど、日本を含む大平洋での最近の「顕著な異常」は、台風やハリケーンのコースにもあらわれています。

7月の末、日本列島を直撃するコースをとった台風12号(英名:ジョンダリ)は、「観測史上で初めてとなるコース」をとった異例の進路を刻んだ台風でした。

史上初めて「東から西」のコースを進んだ台風12号の進路図

jongdari-2018-0731.jpg

大平洋の気圧の配置だとか大気の流れだとかが、もう「以前とはまるで違う」ことになっているということなのでしょうけれど、今、日本に向かっている、どうやら関東への直撃となりそうな台風13号(英名:サンサン / Shan Shan)も、またさらに異例のコースを辿る可能性もあるのかもしれません。

この台風13号は、接近する前から日本の各所に豪雨などの影響をあたえる可能性が強そうで、台風そのものの被害というより「数日間のトータルでの気象の推移の影響」で考えると、なかなか不穏なものがあります。

進路図はまだ日々変わりそうですので、載せないですが、台風の赤外線画像の最新の様子は下のようになっています。

8月6日午前4時30分の台風13号の赤外線画像
shan-shan-0806.jpg

台風の目が発達すると共に、赤外線画像の様相も変わっていくと思われます。

また、太平洋では現在、「ヘクター」という、現在カテゴリー4の非常に強いハリケーンが移動中なのですが、これも異例のコースをとっていまして、「アメリカの本土側の海域で発生した後、ハワイに向かって進んでいる」のです。

太平洋のハリケーン「ヘクター」の進路を報じる米国CNN
hurricane-hector-0805.jpg

現在の進路予想では、ハワイ島への直撃はないようですが、しかし、今後もこんなコースが頻繁に発生すれば、ハワイの夏のバカンスも危ういものとなってくるのかもしれません。

そして、上の CNN の報道にもありますが、5月に噴火したキラウエア火山はいまだに噴火を続けていまして、溶岩の川は拡大し続けています。

ハリケーンが火山活動に影響を与えるということもないでしょうけれど、キラウエア火山の噴火は、今の時点で、その拡大の規模においてすでに過去の記録(1955年の記録)を超えつつあり、ハワイ火山観測所も、「現時点で噴火の終息の兆しはない」としています。

このような世界の状況の中で、アメリカのメディアが、「現在の世界の気象に起因するカオス」という特集記事を組んでいました。

そこには、気象による混沌を受けている 30の国や地域が羅列されていて、さすがにそれ全部は長いですので、そこからいくつかピックアップしたものと、そして、私が加えたかったものを入れてご紹介します。

これを見て気づくのは、今の世界は、基本的には「炎と水に交互に攻撃されている」ことが漠然と理解できます。

なお、その記事で紹介されていたものの中には、西日本での豪雨や、日本の猛暑も含まれていましたが、割愛しています。

These Terrifying Photos of Weather-Related Chaos Show Earth’s Climate Crisis First Hand

気象が関係したカオスが作り出した恐ろしい光景の数々


米国カリフォルニアの火災
カリフォルニア州の北部で 7月中旬から下旬にかけて相次いで発生した山火事は、高い気温や異常な乾燥などにより拡大を続けています。

7月26日 カリフォルニア州ウィスキータウン
whiskeytown-ca-0726.jpg

この山火事は、8月6日までの時点で、その焼失面積は、カリフォルニア州で過去に起きた山火事の中で5番目であると報じられています。

しかし、炎は拡大を続けていて、史上最悪級のものとなっていく可能性も指摘されています。

また、この山火事の中で巨大な「火災旋風」が発生し、それに巻き込まれることにより数名の方が死亡していたことも判明しています。

7月26日 米カリフォルニア州レディング近郊
clearlake-firenado-0726a.jpg

カリフォルニアの消防当局は、今後さらに大きな山火事が発生する可能性が強いと警告しています。

過去30年で規模として最悪級の洪水がミャンマーで発生中

7月26日 ミャンマー・バゴにて
myanmar-fllod-0729.jpg

季節性モンスーンによる洪水がミャンマーやインド、ラオスなど各地で発生していまして、特にミャンマーでは、規模としては過去 30年で最大級の洪水とも言われています。

現在までに 15万人が避難し、少なくとも 12名の方が亡くなっています。

7月26日 洪水の中のアウンサンスーチーさんの肖像画
myanmar-flood-02.jpg

他にも、インド、ベトナム、フィリピン、トルコなどの各地で大規模な洪水が継続して発生

7月26日 大規模な洪水に見舞われたインドのコルカタ
kolkata-flood-0726.jpg

8月3日 深刻な洪水が発生したベトナムのハノイ
hanoi-flood-0803.jpg

8月4日 道路が川と化したフィリピンの首都マニラ
phillipine-flood-0804.jpg

7月25日 トルコ・イスタンブール
istanbul-turkey-flood.jpg

ヨーロッパ史上最悪の被害となったギリシャの山火事

7月23日に発生したギリシャの首都アテネ近郊での大規模な山火事は、少なくとも死者 85名を出すギリシャ史上で最悪級の自然災害となりました。

この火災による焼失家屋は 2万5000棟以上となっています。

しかし、ギリシャを含めて、地中海諸国からヨーロッパ各地は大変な高温が続いている場所も多く、今後も山火事の発生が懸念されます。

異常といっていいヨーロッパの熱波

日本と同様、ヨーロッパのいくつかの地域でも空前絶後の熱波が続いています。

スペインやポルトガルなどでは、45℃以上の地域が続出した他、スウェーデンでは、海水温度が高すぎるために、原子力発電所の可動が休止されました。

その後、フランスでもあまりの熱波のために、原子力発電所の稼働が停止されるということが報じられていました。

フランスの原子炉の稼働休止について報じる8月6日の報道
hw-nuclear-sd.jpg

そして、スウェーデンでは、同国史上最悪の山火事が現在も続いています。

ドイツの熾烈な干ばつ

やはり高温に見舞われているドイツでは、干ばつの進行がひどく、7月の下旬には、「ライン川の一部が干上がり始めている」という状況となっているようです。

7月27日 ライン川の川底が出現し、それがひび割れている様子
rhine-cracks-0727.jpg

この「激しい干ばつ」については、この気温状況と雨が極端に少ないヨーロッパでは、ドイツだけではなく、他の多くの国や地域で発生しているものだと思われます。

これまで干ばつとは縁のなかった北欧でも干ばつが進行しているかもしれません。

というようなわけで、ザラッとですが、7月の下旬から現在にかけて世界で起きている「気象に起因する事象」を簡単にご紹介させていただきました。

そして、日本においては、この先の数日間、やはり「気象に起因するカオス」を、程度の規模はわからないですが、経験することになっていきそうです。

いろいろなことが「顕著」になってきた感じがあります。

最終更新:2018/08/09 21:10

ページ上部へ

カレンダー

2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム

現在、情報を取得中です。