【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2019/09/23 18:51

東欧のアルバニアで、記録的には過去318年で最大となるマグニチュード5.6の地震が発生。100人以上が負傷

アルバニアの地震を報じる2019年9月22日のニュースより
albania-eearthquake-30y.jpg

東ヨーロッパのバルカン半島南西部のアルバニアで、9月21日、マグニチュード 5.6の地震が発生しました。

アルバニアの場所と今回の地震の震源
albania-m-56.jpg

地震で崩れた壁に押しつぶされた車
albania-earthquake-cars.jpg

アルバニアという国は、地震の少ない国で、このマグニチュード 5.6という規模の地震は、少なくとも、過去 30年間では経験のない規模の地震となるそう。

しかし、今年 6月に以下の記事で、このアルバニアでマグニチュード 5.2の地震が起きたことをご紹介しましたが、この時には、「300年ぶりの大きな地震」と報じられていました。

300年以上大きな地震が起きていないバルカン半島のアルバニアで2時間のうちに6回の地震が発生。そして、その日は「ヨーロッパを地震が駆け抜けて」いた

アルバニアの地震を伝える6月1日の報道より
albania-earthquake-0601.jpg

バルカン半島に、ギリシャと隣接しているアルバニアという国があります。地図では以下の場所にありますが、このアルバニアのコルチャという地方で、6月1日、この地方としては大きな地震が発生しました。

アルバニアの場所と地震の震源
erathquqke-albania-map0601.jpg

上の地図では、震源としての場所を示させていただいていますが、地震は1度ではなく、マグニチュード 5.2を筆頭に、M4.9、M4.8、M5.0の地震が立て続けに起きました。

アメリカ地質調査所(USGS)の地震マップを拡大しますと、以下のように、「短時間のうちに何度も地震が起きていた」ことがわかります。この記録では、数時間のうちにマグニチュード 2.5以上の地震が 8度起きていたことがわかります。

2019年6月1日 アルバニアのM2.5以上の地震の発生状況
epicenter-eight-0601.jpg

バルカン半島では、ギリシャでは稀に地震が起きることがありますが、アルバニアなどを含めて、このような規模の地震が発生したということは、これまで聞いたことがないほど珍しいものだと思われます。

記録を調べますと、アルバニアでの比較的大きな地震としては、今から 300年以上前の以下の記録が残っているだけです。

「 1701年3月19日 アルバニア・テペレナ県でM6.4の地震 死者300人」

アルバニアは、このような地震は何百年単位でしか発生しないような場所のようです。

今回の地震では、約 100軒の家屋が被害を受けたとのこと。

地震で倒壊した家
house-collapse-albania.jpg

写真を見ますと、このあたりは石造りの家が多く、マグニチュード 5程度の地震でも倒壊してしまった家屋が多いようです。

それにしても、この場所で、このような連続した地震が起きるというのは珍しいと思いまして、この 6月1日の世界の地震の発生状況を見てみましたら、この日は、

「環太平洋火山帯《以外》の場所で、ずいぶんと地震が発生していた」

ことがわかりました。

以下は、このアルバニアの地震があった日の世界で発生した「マグニチュード 3.0以上の地震の震源」です。

アルバニアで地震が発生した6月1日の世界のM3.0以上の地震
quakes-0106-2019.jpg

環太平洋火山帯で、このような中規模の地震が数多く発生するのは、通常のことですが、この 6月1日には、中東からヨーロッパにかけて、M 3.0以上の地震が、かなり発生していたことを知りました。

これはなかなか珍しいことで、この日だけがそうだったのか、あるいは、ヨーロッパ周辺の地質活動に何か変化が起きているのかはわかりません。

それは時間と共にわかってくることなのかもしれません。

いずれにしましても、このような地震のない場所で、6月と今回の 9月と、続けて大きな地震が起きたということになります。

しかも、今回の地震の震源は、6月のアルバニアの地震の震源とはまったく違う場所であり、6月の地震の余震とは関係ないことになりそうで、どうも、東欧あたりの地質に何か「変化」が起きているのかもしれません。

マグニチュード 5.8程度の地震でしたら、耐震設計の建物が多い日本などで起きた場合は、実質的な被害はほぼ出ないですが、アルバニアでの今回の地震の被害はかなり大きかったようで、600棟を超える建物が損傷したと報じられています。

負傷者も現時点では、100人以上となっています。

2019年9月21日 アルバニアでの地震後の様子
build-collapse-002.jpg

albania-earthquake-rescue005.jpg

houses-car-003.jpg

albania-house-room005.jpg

マグニチュード 5.6の地震が発生した後も、マグニチュード 4.5以上(アメリカ地質調査所が大きな地震と定める基準)の規模の地震が、6回起きており、全体の余震は、地震発生後 24時間で 200回を超えています。

アルバニアという国は、環太平洋火山帯上でもなく、また、プレートの境界上でもなく、本来は地震が発生する条件がほとんどない場所であり、そのような地域で、このような比較的短い周期で大きな地震が発生するというのは珍しいことだと思います。

実は、2016年頃から、ヨーロッパ各地の「通常では地震のない地域での地震」が増え始めていまして、このような傾向が続いていくのかどうかはわからないですが、地質的に大きな転換の時代を向かえているということなのかもしれません。

最終更新:2019/09/23 18:51

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2019/09/23 18:38

メキシコのポポカテペトル火山で今年最大の火山活動。24時間のあいだに16回の爆発的噴火と189回の火山ガスの噴出が観測される

2019年9月20日 噴火するメキシコのポポカテペトル火山
popocatepetl-0920-2019.jpg

今年の 6月以来、繰り返し活発な火山活動を続けているメキシコのポポカテペトル山ですが、9月20日に、集中的な火山活動が観測されました。

cenapred-0920-002.jpg

この 9月20日のポポカテペトル山の活動状況は、メキシコの国立防災センター (CENAPRED)の報告によれば、以下のようなものでした。

2019年9月20日の24時間のポポカテペトル山の活動状況

・16回の爆発的噴火

・189回の火山性の噴気

・火山性の地震が1回

・火山性の微動は690分間続いた


火山性の微動が 11時間以上続いたということになりますが、 24時間のうちに、「16回の爆発的噴火」と「189回の火山性の噴気」が観測されたというのは、今年報告されたポポカテペトル火山の活動としては最大となるものだと思われます。

ポポカテペトル山の場所
popocatepetl-map-0920.jpg

2019年9月20日のポポカテペトル山の様子
ppct-yoko-007.jpg

ppct-blue-004.jpg

ppct-face-007.jpg

この 9月20日は、以下の記事でご紹介しました、鹿児島の桜島も非常に激しい噴火を繰り返した日と同じでもありました。

過激化する桜島の活動。5日間で25回の噴火が起きた後、噴煙3400メートルに達する大噴火が発生

2019年9月20日 噴火する桜島。鹿児島市名山町から撮影
sakurajima-sangyou-kaikan0920.jpg

環太平洋火山帯の火山活動が増加し続ける状況が続いています。

最終更新:2019/09/23 18:38

2019/09/23 18:26

過激化する桜島の活動。5日間で25回の噴火が起きた後、噴煙3400メートルに達する大噴火が発生

2019年9月20日 噴火する桜島。鹿児島市名山町から撮影
sakurajima-sangyou-kaikan0920.jpg

鹿児島県の桜島で、非常に激しい火山活動が続いています。

9月9日から「山体膨張」と呼ばれる地殻変動が観測されていましたが、その後、9月16日に、噴煙が 2800メートルの高さに達する大噴火を起こしました。

9月16日の噴火
sakurajima-0916-2019.jpg

これで山体膨張が解消したために、噴火活動が収まるかとも思ったのですが、火山活動はむしろ活溌化しまして、9月16日から 20日までの間に、

・噴火 25回

・そのうち爆発的噴火 8回


という非常に激しい活動が続いています。

そして、9月20日、今回の一連の噴火の中で最も激しい「噴煙の高さが 3400メートル」に達する大噴火が起きたのでした。

2019年9月20日 桜島
sakurajima-black-plume003.jpg

sk-er-003.jpg

sakurajima-human-005.jpg

sakurajima-0920-007.jpg

この夏は、世界の火山活動は比較的穏やかだったのですが、9月に入り、また活溌化しています。特に、イタリアの火山、インドネシアの火山、カムチャッカ半島の火山などが活発な火山活動が発生している中、桜島も非常に激しい活動となっています。

火山活動が活溌化する時には、特に環太平洋火山帯において連動する動きが見られるこことが多く、今後また火山活動が活溌化する段階に入る可能性もあります。

最終更新:2019/09/23 18:29

2019/09/20 23:23

アメリカ周辺の大西洋と太平洋の海域が、観測史上最大の「同時に6つの熱帯暴風雨が存在する状態」になっている

2019年9月19日 大西洋と太平洋上に同時に6つの熱帯暴風雨が移動中
storm-six-record002.jpg

世界各地で暴風雨の発生が頻繁になっていますが、アメリカの国立ハリケーンセンターによれば、9月19日の時点で、大西洋と太平洋上に、

「同時に 6つの熱帯暴風雨が活動中」

であることが発表されました。

熱帯低気圧は、暴風雨に発達すると、それぞれ名称がつけられ、ハリケーンにまで発達した場合も、その名称が継続して使われますが、過去にこのように「名称がつけられる規模にまで発達した熱帯暴風雨が 6つ同時に存在した」ことは、アメリカの観測史で過去にないそうで、これは今回が初めてのことだそうで、まさに記録的な状態だといえるようです。

冒頭の気象図に、日本語を入れますと、以下のようになります。

2019年9月19日 アメリカ周辺の気象状況
six-storm-0920.jpg

このうち、熱帯暴風雨イメルダは、テキサス州を直撃していまして、ヒューストンをはじめとして、テキサス州各地で大規模な洪水が発生しています。

2019年9月19日 米テキサス州ヒューストン
texasa-flood-0919.jpg

アメリカのウェザーチャンネルによれば、これまでで、名称がつくまでに発達した熱帯暴風雨の同時発生数として最も多かったのは、1974年8月26日に、太平洋上に同時に 5つの熱帯暴風雨が発生した時でした。

その次が、1998年9月26日に同時に 4つの熱帯暴風雨が発生した時です。

1974年8月26日 同時に5つの熱帯暴風雨が発生
1974-storm-five.jpg

1998年9月26日 同時に4つの暴風雨が発生
1998-four-storms.jpg

そして、今年 2019年は、これらの記録を上回る「 6つの熱帯暴風雨が同時に発生した」ということになりました。

冒頭の天気図を見ていますと、他に各所に、低気圧や「荒れた感じ」の気象配置が見てとれる感じでして、今後も、アメリカ周辺には、熱帯暴風雨やハリケーンが次々と生まれるかもしれません。

ハリケーンセンターは、10月上旬までは同じような状態が続く可能性があるとしています。

なお、アジアのほうでも、相変わらず暴風雨は活発で、現在(9月20日午前6時)、台風17号が日本海に向かっています。

世界各地の記録的な悪天候の発生状況は、まだ 2、3週間は続きそうです。

最終更新:2019/09/20 23:23

2019/09/20 23:15

ドイツのデュイスブルク上空を漂い続けたミステリアスなリング状の雲

2019年9月18日 ドイツ・デュイスブルクにて
duisburg-cloud-germany.jpg

9月18日、ドイツ西部のデュイスブルクという街の上空にリング状の雲が出現し、この街の多くの人たちが、撮影した写真を SNS に投稿していました。

ring-clouds-gm002.jpg

ring-cloud-gm003.jpg

デュイスブルクの場所
duisburg-germany-map2019.jpg

このようなリング状の雲の出現というのは、何ということのない現象に見えるかもしれないのですが、実際には、

「どうして、このような雲が日常に出現するかはよくわかっていない」

ものでもあります。

ドイツのデュイスブルクには、火山はないですし、リング状の大気が噴出するというシステムも思い当たらないわけで、なぜ、こういう形の雲が単独で現れるのかは、わりと謎ではあります。

過去には、メキシコのプエブラという場所で、2017年7月に以下のような雲が撮影されたことがありました。

2017年7月 メキシコ・プエブラ
puebra-ring-june2017.jpg

もっと規模の大きなものでは、以下のようなものもありました。

2019年4月21日 アルゼンチンのアンデス山脈上空
red-ring-apria2019.jpg

大気の流れの状態が関係しているとは思いますが、どういうメカニズムで、自然の中で雲がリング状になるのかの理由はわかっていません。

最終更新:2019/09/20 23:15

ページ上部へ

カレンダー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム