【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2009/11/17 17:33

3度の飯よりMOOG好き、安藤ですこんにちは。

突然ですが皆さん、シンセサイザー/キーボードの「どの部分」に惹かれますか?


個人的には、何と言っても後姿なんです。

ほら、憧れのアーティストのライブを見に行って、客席から見える部分ってリヤパネルじゃないですか。
ここがカッコいいシンセは、演奏者だけでなく、観客にもアピールできる訳ですよ。

現行モデルでも後姿がステキな製品はいくつか存在しますが(そんな製品は商品写真の角度にもこだわってますよ♪)、往年のシンセ達にも素晴らしい製品があるんです。
ていうか、私が敬愛して止まない、憧れのロゴがドーンとプリントされてるだけでお腹一杯系な奴が。





・・・来ました。そんな私のストライクゾーンど真ん中を直撃するビンテージシンセ2台が。

rogue1.jpgprodigy1.jpg

ズキュゥゥゥゥゥン!!

もう駄目。小さなシンセに、こんなに大きく「Moog」のロゴ付けられちゃ、冷静でいられるハズもありません。

まず、ちっちゃい方。

rogue2.jpg
Moog / The ROGUE

ROGUE・・・ローグ。日本語に訳すと「悪漢」「荒くれ者」「イタズラっ子」。3番目の意味がピッタリですね。
ちっちゃくても、中身は正真正銘のアナログシンセ。ちゃんとオシレーターは2基入ってるからデチューンさせても、5度やオクターブで重ねても分厚い音が作れるし、更にはオシレーターシンクまで付いてます。
そして何と言っても「外部入力」「VCAバイパス機能」の搭載。この機能を使えば、本体に入力した外部の音声を、鍵盤を弾かなくても加工できちゃう。
つまり、「MOOGフィルター」のエフェクターとしても使える、って事なんです。
オマケに、LFOでエンベロープをトリガーすることも出来るので、入力した音声をリズミカルにスライスしたり、サンプル&ホールドでランダムな効果を与えたりと、非常にトリッキーな使い方が出来る訳ですね。
CV/GATEの入出力もちゃんと用意されていますから、現行のMoogerfoogerシリーズと組み合わせて、更に楽しい音作りにも対応します!

そしてちょっと大きい方。

prodigy2.jpg
Moog / PRODIGY

PRODIGY・・・プロディジー。日本語に訳すと「驚嘆」「驚異」「天才児」
こちらは70年代末のアナログモノシンセ。この前期モデルは完全にプレイヤー指向の製品で、リヤパネルにはオーディオ出力端子が一つ(とスケール調整用トリマー穴)のみのシンプルデザイン。
そのため、何も無いリヤパネルのスペースに、これでもかと言わんばかりにMoogのロゴが誇らしくプリントされています。イカス!
こちらはROGUEよりも更にシンプルな構成で、何とノイズすら搭載されておりません。
ただしシンプルな分、そのサウンドは力強く、リードにもベースにも適したモデルですね。
更にはオシレーターシンクが強力。シンク適用時はピッチベンドホイールがオシレーター2のみに適用されるので、手元で演奏しながら「ギャンギャン」イケますよ!

どちらも、キーボードスタンドの上の段に、リヤパネルを客席に向けてセッティングしたくなりますね★
現在、鋭意調整中です。お渡しまでお時間を頂く場合がございますので、予めご了承下さい。

キーボードの「顔」はリヤパネル。以上、安藤でしたウィンク

最終更新:2009/11/17 17:33

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

キーボードと録音機器の専門店 パワーレック鍵盤堂

つぶやき

カレンダー

2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム