【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2016/09/08 18:49

こんにちは!
鍵盤堂福田ですスマイル

以前紹介した新MXシリーズですが、今回はその強化されたiPhoneとの接続で、
iOSアプリ「FM essential」との連携をレビューしたいと思います!

MX_01.jpg

まず、iOSアプリ「FM essential」とは・・・・
FM音源を搭載しており、音色のエディットリアルタイムにシンセの演奏ができる無料のiPhone/iPad用アプリケーションです。
新MXシリーズと接続することで制限されている機能がすべて使用できたり、「FM essential」の音をMX側から出力する事も出来ます。
もちろんアプリ単体でも充分FM音源を楽しめるアプリケーションです!

接続方法ですが、『Lightning - USBカメラアダプタ』と『USBケーブル』を用いることで接続できます。(付属していませんので別途ご用意下さい)

MX_03.jpg
Lightning - USBカメラアダプタ
MX_04.jpg
USBケーブル

音色もナウなサウンドでとても良い音がします!

アルペジエーターやホールド、シーケンスにより、鍵盤を弾けなくてもコードを押さえるだけでさまざまなパフォーマンスが出来ます。

FM_01.jpg
FM essentialメイン画面


ドラムパターンパッドもあるのでドラムを鳴らしながら演奏も出来ます。

FM_02.jpg
ドラムパターンパッド画面


テンポやベロシティ、ボリュームなど設定もシンプルながらに必要なもの設定は行えます。

FM_03.jpg
セッティング画面


「FM essential」を接続する場合はMX本体側の設定で、Local ControlをOffにする必要があります。
UTILITY > MIDI > LocalCtrl=on
と最初は設定されているのでLocalCtrl=offにしてあげましょう!

MX_02.jpg

こうすることでMXで選択している音色は出力されず、「FM essential」のみの出力になります。


さらにすこし上級テクニックなのですが、
「FM essential」の画面上には鍵盤か和音のパッドが表示されているので、MXの鍵盤を弾かなくても演奏出来るのです。
それを活かして、アプリ側のMIDIインプットチャンネルをMXと違うチャンネルにすることで、「FM essential」の音をMXから出力しつつ、MXの鍵盤からはアプリに信号は行かずMXで選択している音色を出力する事が出来ます。
このときLocalCtrl=onにしてあげないとMXの音は出力されません。
これで、「FM essential」アプリ上でアルペジエーター・ホールド機能で演奏させながらMX側でメロディを弾く、などといった事が出来ます。


いかがでしたでしょうか?
アプリを音源として使用したり、連動させて演奏させたりとMX単体では出来ない事を可能としました。
これで新たなアイディアを生み出してみてはいかがでしょうか!



気軽に持ち運べる軽量コンパクト設計YAMAHA MX49 BK【専用ソフトケース付属】【あす楽対応】【土・日・祝 発送対応】


気軽に持ち運べる軽量コンパクト設計YAMAHA MX49 BU【専用ソフトケース付属】【あす楽対応】【土・日・祝 発送対応】


気軽に持ち運べる軽量コンパクト設計YAMAHA MX61 BU【専用ソフトケース付属】【あす楽対応】【土・日・祝 発送対応】


気軽に持ち運べる軽量コンパクト設計YAMAHA MX61 BK【専用ソフトケース付属】【あす楽対応】【土・日・祝 発送対応】

最終更新:2016/09/08 18:49

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件

ページ上部へ

キーボードと録音機器の専門店 パワーレック鍵盤堂

つぶやき

カレンダー

2016年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム