【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2020/08/14 10:00

Realstyleの阪口です!
Viber_画像_2020-05-15_14-34-16.jpg

今日は僕が最近ハマッている、写真の撮影手法をご紹介したいと思います。
それは...「深度合成」です。
カメラが趣味の方であれば、一度は「深度合成」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?
「深度合成」とは、少しずつピントをずらしていった写真を複数枚用意して、それを合成することで、被写体全体にピントを合わせる技法のことを言います。
マクロレンズや奥行きの深い被写体を撮影する時に有効な方法です。

僕はこの方法を用いて、自分が作成した昆虫標本を撮影するのにハマっています大笑い
僕が標本にしている昆虫の殆どが大きさ1cm以下の小さな虫なので、肉眼で見てもどんな虫かとても分かり辛いのです。
顕微鏡で見るのはあまりお手軽でないため、撮影しておくと後から気軽に見返せてとても便利なんです(^^)/

早速実例を紹介していきます!

kokesi (2).jpg
大きさ僅か3mmほどの小さなコケシマグソコガネの一種です。
こんな小さな虫でも一度の撮影で被写体全体にピントを合わせるのはとても難しいです。
ちなみにコケシマグソコガネは、こけしのようなマグソコガネではありません。
「小芥子馬糞黄金」と書いて、"小さな"芥子粒のような小さなマグソコガネという名前です。
馬糞と言いますが、この仲間は糞には集まらず、イネ科など植物の種子を食べて生活しているようです。

と話がそれてしまいましたが、これら複数の写真を深度合成してみると...

kokesi.jpg
ご覧のように虫全体の細部までとても分かりやすい写真にすることができます!
ちなみに、深度合成はPhotoshopが自動でやってくれるのでとっても簡単です。

お盆期間中にも写真を増やしていきたいなと思っていますスマイル

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

当店からのお知らせ



当店は上記の期間は夏期特別営業と致します。

通常営業と同じく、朝8時までにいただいたご注文は毎日発送でお送りします♪


カスタマーセンターがお休みとなるのでいただいたお問い合わせは17日以降のご返信となります。
万が一、送り先の情報不備(番地抜け)等がございましたら17日以降にご連絡させていただき、18日以降の発送となりますのでご注意くださいませ。

最終更新:2020/08/14 10:01

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2020年8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今月

フリーページ

過去の日記

2021年
2020年
2019年