【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2019/10/20 19:28


こんばんは。
ショッピングモール内のフードコートで丸亀製麺のうどんを食べて、お客を待たせない仕組みに感激した防災士店長です!
 
温かいうどんをサッと食べたいときに、あの早さは嬉しすぎます丸亀さんのファンになりそう♪
  
さて、
商品のPRです。本日10月20日(日)23:59まで
ポイント5倍になってる商品があります!
 
こちらの3商品!!
中身だけが欲しい防災セット
一人暮らしにおススメ防災セット
2人用の防災セット

 

さらに!
毎月5と0のつく日は楽天カード新規入会でポイント5倍



    
防災セット ポイント5倍 楽天市場 リアルチュチュ 送料無料

最終更新:2019/10/20 19:28

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

2019/10/20 14:59


こんにちは。
朝から子供と3時間野球をして、太ももがパンパンの防災士店長です!
  
さて、
今後起きうる災害とどう向き合うか、本当に課題です。地震だけではありません。これから毎年のように大型台風がやってきます。しかも今まで以上の規模で。
 
いかに避難行動が取れるか、いち早く非難することができるかが大事になってきます。これくらいならまだ大丈夫だろう、自分は大丈夫だろうは大丈夫じゃありません。
 
まず、避難すること。
そのためには、日頃からどこに避難するかを家族で話し合って決めておくこと。迷わず避難できる環境を整えておくことです。
 
防災セットを持って、まずは避難する。
防災セットには、最低限の水や食料、防災用品を入れて日頃から備えておいてください。そして、いつでも持ち出せるように。
 
防災セットは使うことがないなんてことはありません。これだけ頻繁に災害が増えてきた日本の環境では、備えて当たり前だと思ってください。
 
行政が守ってくれるとかは、初動3日間を乗り切ったあとです。まず、自分の身は自分で守るんだ!という気持ちで備えの準備をして下さいね。

参考になる防災セットをピックアップします。こちらで買うもいいですし、自分で揃えるでもいいと思います。大事なことは、まず準備することです。
備えあれば憂いなし。

防災セット リュックが2つ付いてるタイプ

防災セット キャリータイプ
防災セット リュックが1つのタイプ
     



防災セット 災害の備え 災害対策 防災セット2人用 避難袋 避難セット 災害セット 非常用持ち出し袋 ラピタ リアルチュチュ シェルター

最終更新:2019/10/20 15:03

2019/10/19 11:59



こんにちは。
朝から子供に宿題を教えてと言われて、グーグル先生に答えを求めた防災士店長です!
 
もう聞かれても何もわからないレベル(^_^;)
  
さて、
今日は楽天市場の防災セットランキング1位の商品をご紹介します。 (集計日:10月18日)
 
アットレスキューさんの防災セットSHELTER1人用

 
総合的にバランスがいいですね、7年保存ができるアルファ米と保存水も高評価です!
 
うちの防災セットとの違いは、うちはアレルギー対応食品の非常食をセットしていて、食の安心安全をコンセプトにセットアップしています。
 
お互いに防災セットの内容にこだわっているので、商品を比較して購入の検討をしてください♪
 
セキュア防災セット1人用

 




     
防災セット 1人用 防災 防災グッズ 地震対策 災害対策 非常用 避難袋 防災リュック 災害セット 避難 防災士 アットレスキュー ラピタ リアルチュチュ

最終更新:2019/10/19 11:59

2019/10/18 15:25


【リアルチュチュ防災新聞】

 熊本地震の震源域とされる日奈久断層帯全体が連動した大地震が発生すると、熊本から八代にかけた平野部のほぼ全域で震度6弱以上の大きな揺れに見舞われることが、九州大などがまとめた活断層調査で分かった。日奈久断層帯は熊本地震以降もひずみが蓄積しており、代表研究者の清水洋教授は「熊本地震のような震度7クラスの地震は確実にまた起きる。警戒を続けてほしい」と呼び掛けている。

 調査は文部科学省の委託で、清水教授がセンター長を務める九州大地震火山観測研究センター(島原市)を中心に熊本地震後3年間実施。報告書を今夏、政府の地震調査研究推進本部に提出した。



 清水教授によると、2016年4月の熊本地震では、布田川断層帯の布田川区間はひずみが完全に解消した。一方、日奈久断層帯は限られた断層崩壊にとどまり、周期的な大地震を引き起こすひずみが依然として残っていることが、これまでの調査で分かっている。

 地層を確認するトレンチ(溝)調査やボーリング調査などの結果、日奈久断層帯で大地震がある間隔は2千~3千年と推定され、直近の活動は1100~1900年前だった。このため「日奈久断層帯は近い将来もう一度大地震を起こす」(清水教授)という。マグニチュード(M)は最大規模8・1で、熊本地震のM6・5とM7・3を上回る。

 さらに大地震が発生した際の各地の震度を地盤の強度から試算すると、熊本から八代にかけた平野部のほぼ全域に加え、宇土半島と天草下島の一部で震度6弱~震度7の激しい揺れが予想されることが分かった。阿蘇の火砕流が厚く堆積しているために地盤が弱く、地震による揺れが増幅するためだという。

 清水教授は「地震の規模は最も大きい場合を想定したが、地盤は従来の考えよりも実際にはかなり軟弱だった。自宅の耐震化など具体的な備えを検討してほしい」と話している。(松本敦)

(2019年10月14日付 熊本日日新聞朝刊掲載)




防災セット 防災グッズ 備え 地震対策 災害対策 リアルチュチュ

最終更新:2019/10/18 15:25

2019/10/18 14:09


こんにちは。
備えと共に安心を。防災士店長です!
  
さて、
大阪のグランフロントに行って、今、大きな地震が起きて停電して真っ暗になったらどう対応できるか考えていました。
そんなこと考えてグランフロントに行ってる人は少ないと思いますが(^_^;)
 
意外と対処方法がでてこないんです。なんかリアルにイメージが沸かない。これからいろんな場所に出かけて対処方法をシュミレーションしたいと思います。
 
場所によって対処方法は違いますし、その時に最善の対処ができるよう、対応の引き出しはいっぱいあった方がいいですよね。
 
みなさんも、防災に触れる機会があれば、どんどん参加してください。そして対処方法を身につけてください。
 
    





防災対策 防災セット リアルチュチュ

最終更新:2019/10/18 14:09

ページ上部へ

カレンダー

2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2019年
2018年
2017年