【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2021/07/24 20:19

プレミアムベース小村です。
本日はメキシコ製フェンダーの定番モデルをご紹介!


DSCF5355.JPG


Fender MEX
Player Jazz Bass & Precision Bass


当機"Playerシリーズ"は、かつてのメキシコ製定番モデル"Standardシリーズ"の後継モデルとして登場したシリーズ。
その名の通り、ステージやレコーディング現場等、実際に使うプレイヤーのニーズをしっかり反映させています。
シンプルな仕様、かつフェンダーだからこそ、このスペックチョイスの恩恵がより強く伝わる印象を感じます。
海外での人気はもちろん、ここ日本でもユーザーレベルを問わずご好評を集めているモデル。
今回は、そんな人気シリーズからPB&JBをご紹介します。




DSCF5357.JPG


Playerシリーズはシリーズ全体で共通する仕様が多いのも特徴。
ボディ材は昔から使われてきたトーンウッドの王道"アルダー"を使用し、指板は貼りメイプルorパーフェローの2種類が展開されています。
ユーザーにとって比較が意外と難しい「指板の違いによる音の変化」を比較し易いところは、当シリーズの密かなポイントだったりします。
王道に近い雰囲気のパーフェローか、明るいキャラクターが見えるメイプルか…こういった選び方も面白いかも知れませんね。

DSCF5361.JPG


そんな指板は9.5Rに設定されています。
シリーズ名の通り、現代のプレイヤーに合わせた緩やかな指板Rは、やっぱり弾きやすいですね~。
サテン仕上げのモダンCシェイプグリップ、ミディアムジャンボサイズのフレットも、スムーズな演奏性を実現させている要です。

DSCF5361.JPG


また、これは調整も自分でやる人目線のポイントになりますが…ロッド調整口がヘッド側にあるのでチューニングをしたまま調整が出来ます
こういったところからも、シリーズ名通りの"プレイヤーに寄り添ったモデル"というのが感じられますね。

DSCF5366.JPG


ピックアップはPlayerシリーズ専用の、アルニコ5マグネットを使用するものを搭載。
改めて触ってみると気づいたのですが、音のパンチ感がすごく出しやすいんですよね。
なんというか、カッコいい音が出るようになっているというか…表現が難しいですがそんな印象です。
こういった「音の出しやすさ」もプレイアビリティと同様に助かるポイントだと思います。




余談ですがシリーズ登場時、広告に出ていたのがアメリカのハードコアバンド"Turnstile"のベーシスト、Franz Lyons氏でした。
バンドをご存知の方であれば想像できると思いますが…Franzさんご自身も派手なステージアクションをされますし、ジャンル的にもバンドの曲調は結構激しいです。

そんなジャンルのプレイヤーにとっても、心置きなくプレイできる仕様が積極的に取り入れられたシリーズとなっています。
そして当然ですが…誕生から今日まで長らく愛されてきた"フェンダーのベース"としての一面も持ち合わせているので、ジャンルや演奏スタイルを問わず使えるのは当シリーズも同様です。

初めての1本やステップアップを見据えた1本としてはもちろん、他の楽器を弾いている方にとっての"しっかり使える1本"や「フェンダーの4弦」を手元に持っておきたい方…
用途や理由を問わず"全てのプレイヤー"に寄り添ったシリーズです。
個人的にも、いろんなラインナップが増えた今のフェンダーに於いて、改めて再注目している1本です。

Playerシリーズのベースラインナップはこちら!


┏━━━━━……‥‥‥‥・・・・ ・ ・ ・ ・
イケベ楽器店 プレミアムベース 大阪/心斎橋
┗━……‥‥‥‥・・・・ ・ ・ ・ ・
実店舗心斎橋プレミアムギターズの3階に、ベースの専門店「プレミアムベース」はございます!ベースの専任スタッフが、ベースのすべてを真心込めてご案内及び配送手配いたします。ぜひご利用ください!

最終更新:2021/07/24 20:19

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

エレキギター専門セレクトショップ プレミアムギターズ

つぶやき

カレンダー

2021年7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月