【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2021/07/01 20:35

プレミアムベース小村です。
本日はベースプリアンプをいくつかご紹介します!


DSCF5123.JPG


今回ご紹介するのはこの4機種!
いずれも定番モデルと並んで人気を集めているモデルですね!
一見、つながりがなさそうに見えるこれらの4機種ですが、定番と比べて大きく違うところがありまして…
見るからに筐体もデカいし、スイッチもいっぱい付いているのがお分かりかと思います。

実はこれら…プリアンプとしての機能はもちろん、その他にもいろんな機能が搭載されているモデルなのです!
今回はそんな"多機能プリアンプ"に迫ってみましょう!


IMG_5310.jpg


Darkglass Electronics
ADAM
ショッピングページはこちら>>


まずはこちら。
今や定番に並ぶほどの人気ブランドになった"Darkglass Electronics"の最新プリアンプ"ADAM"です!
このADAMとは"Aggressively Distorting Advanced Machine"の頭文字からつけられたモデル名。
ダークグラスでアダムということでお察しとは思いますが…
昨今のメタルシーンに一大ムーブメントを築いたペリフェリーの元ベーシストにしてサウンド・エンジニアとしても活躍するアダム"Nolly"ゲットグッド氏とのコラボレーションによって生まれたモデルです。

当ブランドらしいメカニカルなルックスが特徴的な当モデル。
ちなみに、この黒い6本の線はタッチセンサーになっていて、グライコになっています。
一方、スイッチは頭の部分が回せるようになっていて、左から順にコンプのキャラ、歪みのキャラ、キャビネットシミュレーターのキャラが変更できるようになっています。
(最初この仕組みに気づかなくて「どうやって変えんねん!」となったのは内緒にしときます。)

一見するとシンプルな3チャンネルプリアンプに見えますが…実は超多機能!
プリアンプ機能に加え、チューナー/歪み/コンプ/IRキャビネットシミュレーター/オーディオインターフェースが搭載されているのです!
実戦用セッティング/レコーディング用セッティング/練習用セッティングといったシチュエーション毎のメモリーで使ったり、使うベースやジャンルに応じて3種類の音を保存しておいたり、どのように使うかを考えるだけでも楽しいモデルです!

技術的な部分とサウンドの部分の両面で、同ブランドのElement、Hyper Luminal、B7K等の歪ペダルを1台に集約した当機。
実戦はもちろん、レコーディングや自宅練習までしっかりと対応できる、至れり尽くせりな1台となっています。
余談ですが、僕自身、ちょっと前に"自力ADAM"みたいなものを組んで使ってたんですけど、これがまた高かったんですよ…。
それを考えると、一台で全部完結して、しかも個別に買うよりもお買い得なところも魅力です!

IMG_5311.jpg


Vivie
OwlMighty Pro
ショッピングページはこちら>>


続いてはこちら。新進気鋭の国産エフェクターブランド"Vivie"から早くも話題のNEWモデル"Owl Mighty Pro"!
お問い合わせも多数頂いておりましたが、ようやくセカンドロットが入荷しまして、並べることが出来ました…。
こちらも前述のADAMと同様、Vivie製ベースエフェクターのすべてが集約された仕様となっており、サウンドシステムの核として存分に活躍できる1台に仕上がっています。

EQセクションは新たにLo-MidとHi-Midを分けた4バンドEQとなっています。
さらにこの2つのミッドにはそれぞれフリーケンシーが備えられており、幅広いサウンドメイクを実現させています。
これらに加え、中音域を自然にカットするNotchスイッチ、アタック感を強調するBrightスイッチ、低域のレンジをさらに広げるBass-Freqスイッチを搭載しています。
また、歪みセクションは大幅な進化を遂げており、OwlMighty IIではToneに集約されていた歪みの音色補正がトレブル/ベースの2バンドEQになりました。歪サウンドの音作りもより綿密に行えるようになっています。
最後にコンプセクションもより踏み込んだセッティングが可能になり、アタックタイム/リリースタイムを調整するコントロールが追加搭載されました。そして…以前はなかったコンプのバイパス機能も採用されています。

また、遂にDIアウトが搭載され、レコーディングでも使いやすくなっているところは個人的にグッときました。その人気っぷりが故、初回入荷を逃してしまった方や、試してみたかったけどどこも品切れで…という方も多いかと思います。
今回ご紹介するモデルはいずれも魅力たっぷりですが、その中でもコレに関しては「あるうちにお早めに!」という意味で特に見逃せない1台です!

IMG_5312.jpg


Fender USA
Downtown Express Bass Multi Effect Pedal
ショッピングページはこちら>>


続いてはフェンダーが手掛けるベースエフェクター"Downtown Express"。
ブランドに関しては…何もいう必要はないでしょう(笑)
それくらい楽器に於けるビッグカンパニーのフェンダーがエフェクターを手掛ける…いつぞやの発表は大きな話題を呼びましたね。
そんなフェンダー製エフェクターにて初のベース用ペダルとして誕生したのが当機です。

こちらは前述の2台と比べて「いろんなことが出来る」というよりも「ベーシストなら持っておきたい必要最低限」が集約されているような1台となっています。
機能もシンプルにEQ/コンプ/歪みの3つ。
各コントロールも複雑なものがついておらず、直感的に触れるところは魅力的に思えます。
一つ、面白い機能がコンプと歪みの順番を入れ替えられるスイッチが搭載されています。
こういったエフェクターだとこの"順番"の部分は変えられないものが多く「全部入っているのはいいけど歪ませた時/コンプを入れた時のヌケ感が気になるんよねぇ」という悩みの解決に繋がるうれしいポイント。

ギター/ベースはもちろんですが、同じくアンプも長らく作り続けてきて、多くのファン、そしてフォロワーを生んだフェンダー。
その遺伝子はエフェクターにもしっかりと宿っており、どこかいい塩梅のイナタさが漂うサウンドをアウトプットする1台です。
昨今の人気モデルたちと比較して、ベテランさんからご好評を集めているところからも、そう感じさせられます。
モダンな最新サウンドとはまた違う、僕たち若手にも"新たな提案"をしてくれるモデルと言えるでしょう。

IMG_5313.jpg


TRACE ELLIOT
Transit B
ショッピングページはこちら>>


最後はこちら!イギリスのベースアンプブランド"Trace Elliot"が手掛ける"Transit-B"!
黒と緑の2色によるルックスが印象的な当ブランド。
その昔、パワフルなサウンドがロック界隈を中心にブレイクし、今も熱烈な支持を集めている由緒正しき名門ブランドです。
最近では現代のニーズに合わせた小型モデルを多数ラインナップしており、僕たち若い世代はもちろん、リアルタイムだったベテランさんからも再注目を集めています。
(特に超小型アンプ"ELF"は随一の人気モデルとなっていますね!)

そんなブランドが送るフロアタイプのプリアンプが、こちらの"Transit-B"
当機も前述のフェンダーと同様に"必要最低限"が1台に集約されたモデルとなっています。
内蔵される機能も同じくEQ/コンプ/歪みの3つが基本となっていますが…さすがベースアンプブランド。
弾き手のニーズに応えるかのように、シンプルな機能を更に突き詰めた仕様となっています。

まずはEQの部分ですが、何と5バンドEQです。
ベース/ミドル/トレブルの更に間の部分にLo-MidとHi-Midを搭載することで、セミパラメトリックEQながらも綿密なサウンドメイクが行えるようになっています。
この5バンドEQに加え、トレース伝統のドンシャリトーンを再現する"Pre-Shapeスイッチ"ローの存在感を際立たせる"Bass ENH.スイッチ"を搭載。
出てくるサウンドは、トレースの大型モデルにも匹敵する"あの音"です!
また、歪み部分にはブレンドコントロールを搭載し、伝統のサウンドを損なうことなく歪ませることも可能になっています。
がっつり上げても良いのですが、ほんの少し添える程度に歪ませるのが、個人的に心地いいなぁと感じました!
一方、コンプ部分は…なんと低域と高域が分かれたデュアルバンド方式!
加えて、前段/後段を選べるスイッチも搭載しており、弾き手の求めるサウンドにうまくフィックスできるように工夫されています。

チューナーも搭載しており、ステージでの使いやすさも魅力的。
そして地味に嬉しいのが…各スイッチのインジケーターランプが色分けされています!
全部同じ色だと、いざステージに立つと分かりにくかったりするんですよね…。
大事なとこで踏み間違えるリスクを減らせるのは嬉しいですよね。
今回ご紹介した中では結構な大きさがあるモデルですが…それに見合うサウンドもしっかりと備えている1台だと思います!




1台で実戦/レコーディング/練習が全て賄えるこれらの多機能プリアンプ。
システムの核として使うのはもちろん、持ち出し用のサブとしても"しっかり"使えるところが何よりの魅力でしょう。
また、別の楽器と並行してベースを弾いているプレイヤーさんにとっても"1台で必要なものが簡単に揃う"というところで「ベースのエフェクターって何買えばいいの?」という悩みも解決できるかと思います。
シチュエーションを問わずプレイヤーをサポートしてくれる心強いアイテム!
定番モデルと同様、これらも要チェックですよ~!

┏━━━━━……‥‥‥‥・・・・ ・ ・ ・ ・
イケベ楽器店 プレミアムベース 大阪/心斎橋
┗━……‥‥‥‥・・・・ ・ ・ ・ ・
実店舗心斎橋プレミアムギターズの3階に、ベースの専門店「プレミアムベース」はございます!ベースの専任スタッフが、ベースのすべてを真心込めてご案内及び配送手配いたします。ぜひご利用ください!

最終更新:2021/07/01 20:36

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

ページ上部へ

エレキギター専門セレクトショップ プレミアムギターズ

つぶやき

カレンダー

2021年7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月