【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2016/07/07 21:00

皆さま!どうもです!プレミアムベース小村でございます!

連載開始より2年と16日…遂に来ました、600回

こうしてここまで書き続けて来られたのも、読んで頂ける皆様あってこそです。誠にありがとうございます。
今読んで頂いている方はもちろん、時には実店舗でも話題になることもありますし、スタッフ間でも「おぉ!」となる瞬間等、僕達も書いて行く中で様々な発見をしてきました。

こういった形のブログですので、普段とは違った角度からベースを見てみたり、日常の中でふと思った事だったり…
何か新しいアウトプットの場に出来れば良いなぁと思っております。
600回以降も引き続き、"コムハタホリ"を宜しくお願い致します。

さて、そんな中600回を飾るに相応しいベースがやってきました。

DSCF3936.jpg

左:momose《モモセ》Premium Bass Original Order MJ1-STD/NJ "All Lacquer Finish, Seymour Duncan Antiquity P.U." (3TS)

右:momose《モモセ》Premium Bass Original Order MJ1-STD/NJ "All Lacquer Finish, Nordstrand NJ4 P.U." (OWH)

当コーナーでも沢山取り上げて来ましたmomoseのベース
思い返してみると…かなり最初の頃にコリーナボディのMJ1だったり、アクティブサーキットやSTRブリッジを搭載したモデル、豪華なトップ材や特別材を採用したショーモデルや記念モデル等々…「いろいろ取り上げてきたなぁ。こんなのもあったなぁ」と、ついつい懐かしんでしまいますね。
また、"小ネタ劇場"のほうで触れましたが、昨年冬には僕と幡谷さんで工場にお邪魔した事もありました。
なかなか見られない楽器製作の現場ということで、あの時に見たことや聞いたお話は、店頭でも沢山話題にしています。
また、実際に材に触れてインスピレーションを高めるまたとないチャンス…しっかりオーダー品も仕込んできました。

あれから半年…まずは2本!先着で入荷して来ました。
一見するとよく見かけるMJ1ですが、実はこだわりの詰まった当店オーダーモデルなのです。

DSCF3938.jpg

ポイントは塗装。実は…オールラッカー仕上げにてオーダーしています。
一般的な楽器の塗装方法の中で、比較的薄い塗装膜を形成することが可能なラッカー塗装。古くから様々なメーカーが取り入れてきました。
モモセの楽器では材の鳴りを引き出すと共に、優れた演奏性を両立させる為にトップコートをラッカーで仕上げているのですが、こちらの2本では、下地から着色、トップコートに至るまで"全てラッカー仕上げ"にてお願いしました。

たかが塗装と思われるかもしれませんが、こうすることでより塗装膜を薄く形成することが出来る為、レギュラーモデルよりも更に材の鳴りを引き出せるのです。
こういった性質なので、傷に弱かったり、スタンドで気を使う部分が出て来てしまうのですが、この塗装仕上げでなければ出て来ないダイナミクスも存在するのです。
"木"という天然素材を使いますので、一概にこう、とは断言できませんが…じっくり弾き比べてみると、しっかりその違いが感じられます。

また、時間を掛けてじっくり塗装が固まっていく為、ヴィンテージ楽器等に見られる、擦れた部分の色落ちやトップコートのひび割れといった"味"が出てくるのも、オールラッカーの醍醐味だったりします。
革製品やジーンズのように、使い込んで"育てる"楽しみを多く秘めています。

DSCF3939.jpg

また、もう1つポイントとして、ピックアップを持ち込みました。
サンバーストの方には、大手PUメーカー"セイモア・ダンカン"代表のダンカン氏が直々にハンドワイヤリングを施したヴィンテージサウンド路線を実現する"ANTIQUITY for Jazz Bass"を搭載しました。
せっかくのオールラッカー塗装ということで「ヴィンテージライクなイメージで、"モモセのオリジナルベース"であるMJを作ろう!」という幡谷さんのアイデアが込められています。

ヴィンテージホワイトの方には、ここ最近、ハイエンドメーカーでも続々と搭載されている"Nordstrand"のJBピックアップ"NJ4"を搭載しています。
ピックアップはもちろん、楽器製作も手掛けるブランド代表のキャリー・ノードストランド氏が、60年代前半に製作された楽器のピックアップを細部に渡り研究して生み出されたこちらのピックアップ。
しばしばヴィンテージ系サウンドとうたわれますが、ノードストランドらしいクリアでヌケの良いサウンドも持ち合わせたピックアップです。
こちらは「モモセが掲げる"ネオ・ヴィンテージサウンド"を更に昇華させたい!」というところが、搭載に至った決め手です。

DSCF3935.jpg

また、もう1つポイントがありまして…
実は今年の4月より、付属ケースが変わり、ハードケースから厚手のギグケースになりました。
持ち運びはもちろん、複数の大きなポケットがつきますので、小物類もばっちり持ち出せます。
また、底面には厚めのクッションが追加されていたり、ネックサポート用のクッションも付けられていたりと、運搬時の高い安全性も魅力的ですね。

やっぱり現地に行って直接ディスカッションを重ねたからこそ、こうして形になってまた会うと…本当に嬉しいですね。
大胆ながらもほんのちょっとのコダワリを加える事で、モモセのベースをより一層楽しんで頂ける仕上がりになっています。
また、こういうトラッドなモモセの入荷…当店ではかなり久々です。改めてじっくり触ってみると…良いんだなぁこれが(笑)
何気なさそうに見えて実はこだわりを盛り込んだこの"2兄弟"。是非とも手にとって、しっかりと、じっくりと使ってあげてください。

┏━━━━……‥‥‥‥・・・・ ・ ・ ・ ・
 イケベ楽器店 プレミアムベース 大阪/心斎橋
┗━……‥‥‥‥・・・・ ・ ・ ・ ・
実店舗心斎橋プレミアムギターズの3階に、ベースの専門店「プレミアムベース」はございます!ベースの専任スタッフが、ベースのすべてを真心込めてご案内及び配送手配いたします。ぜひご利用、並びにご来店ください!

最終更新:2016/07/07 21:00

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

エレキギター専門セレクトショップ プレミアムギターズ

つぶやき

カレンダー

2016年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム