【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2016/04/04 00:06

ベース部門の長が送る、このコーナー。気楽な箸休めにご覧頂ければ・・・、という事で"いつも通り"ゆる~くいきましょうか。

さて、本日、綴ってみるのは....、こちら。

imgrc0064012210.jpg

【Fender USA NAMM Show 2016 NEW Products, AMERICAN ELITE SERIES BASS】

~BUILT FOR THE PURSUIT~と銘打たれる、進化したフェンダー・アクティブスタイル。
ピックアップ等の新機軸のハードウエアは勿論の事、プレイアビリティや外観に至るリデザインが行われ、NEWモデルとして登場した当ベース。

しかし、この名前って何だか懐かしい!って思ったのは僕だけなんでしょうか。そう、80年代という新たな音楽性や演奏スタイル、サウンド作りに応えるかのように登場したモデル。結構、画期的と言いますか、フェンダーのチャレンジ精神が旺盛に詰まった楽器達は・・・今となって見返してみると、どこか愛らしささえ感じられたりします。あのレトロ感というか・・・、要所要所はゴツゴツしているのに全体的に丸みを帯びた雰囲気とか・・・。

余談はさて置き、当NEWベース。今年(2016年)のウインターNAMMで発表され、この時期(春)に国内にやってきまして。
(実はギリギリだったようですよ。ディメンションの話は事前に聞いていたし、JB&PBが無いっ!なんて事は無いだろうとは思っていたのですが。)毎年のこの業界の流れですが、新生活で活気付くこの季節に新作がやって来る。なんてイイ話なんやろ。
という事でやってきた当モデル。

平たく言えば・・・アメデラの系譜を継ぐ進化形態モデル。
・・・なのですが、本国サイト等をひっくり返してみてもその詳細がまだ見つからない!
っと言う事で、今回は徹底解剖ではございませんが、細かい変更点をピックアップしてみようと思います。

先ずはその全貌がこちら。

fu-am-elite-jb4-bkm-00.JPG

AMERICAN ELITE JazzBass

fu-am-elite-jb5-owr-05.JPG

※5弦ベースもございます。

fu-am-elite-pb4-asm-00.JPG

AMERICAN ELITE PrecisionBass

fu-am-elite-pb4-asm-05.JPG

先ずは当モデルの一番の特徴/魅力でもあり、ミュージシャンにとって力強い戦力となるサーキット周りを見てみましょう。

DSCF7017.JPG

4th GENERATION NOISELESS PICKUPS

名称未設定-4.jpg

名称未設定-6.jpg

当モデルでは第4世代の新たなノイズレス・ピックアップが搭載されています。なお、PBモデルにはPJスタイルのリアピックアップに当マイクがマウントされています。スタックハム構造のシングルピックアップながら、伝統的なフェンダーのシングルが持ち合わせるクリアさをさらに推し進め、あたかもカスタムショップ製テイストの様なvintageスタイルのトーンを継承しながらも、ノイズフリーを体現、ロック系のベーシストが求めるオーバードライブサウンド時の屈強な芯の強さも明瞭かつクリスビーに再生に繋げるトーンにリデザインされています。フェンダーが自信を持って提唱する、現在進行形の進歩を体現したピックアップというコマーシャルに思わず頷く、そんな仕上がりとなっています。こちらは当モデル一番のトピック、キャラクターかも知れません。

DSCF7015.JPG

こちらのピックアップの質感を活かし、旧アメリカンデラックス・ベースでもご好評の18Vヘッドルームのプリアンプがサポートしています。こちらのコントロールにつきましては、パッシブ・スイッチ使用時のトーンは更に洗練された印象(上記の様な質感がより際立っております)を受け、EQ使用時でも従来の野太さに加えリッチな倍音を伴うEQのブースト/カットが非常に心地良く感じられます。更なるトーンの向上へのフェンダーのチャレンジ精神が伺われますね。

DSCF7314.JPG


名称未設定-10.jpg

AMERICAN ELITE NECK HEEL

当モデルの目に見える新たな仕様変遷にこちらのネックヒールのNEWカッタウェイ・ヒール・デザインが挙げられるでしょう。ハイポジション・アクセスへの自然な手のカーブに合わせる丸みを帯びたボディジョイント・デザインに加え、実は見落としがちな点ですが、ネック部側にも非対称カーブのネックジョイント・ヒールを採用しています。さらにこのヒールデザインは、プレイヤーの演奏フィーリングを元にプロファイリングされた指板面のコンパウンド・ラディアス(9.5"~14"R)と共に合わせた設計をされており、その滑らかな演奏性は今までのフェンダーの延長線上でのプレイアビリティからすると、後から納得させられる驚きの向上がある様に個人的には感じられますね。また、ネックグリップもローポジションよりモダン"C"からハイポジションに移行するとより緩やかなモダン"D"シェイプになるシェイピングも当モデルの演奏面での魅力となっています。

名称未設定-7.jpg

次行ってみましょう。

名称未設定-1.jpg

Redesigned Body Contours

こちらも意外と気付いていない方の多いポイントかもしれませんね。当エリートモデルではボディバックのコンターの頂点厚みが旧アメリカンデラックスやヴィンテージ系踏襲モデルよりも薄く仕上げられています。こちらは長時間のセッション等演奏時の負担軽減をフェンダーが考え、創作に着手したより深くお腹にフィットする深さになっています。こちらは個人的にはふくよかなフェンダーならではのローミッドを心地良く引き締める、そんなベーシストならではの身体で低音を作り上げる(纏め上げる)サウンドに効果的だと思います。

DSCF7020.JPG

New Truss Rod Adjustment Wheel


今回のエリートで意外に大きな驚きポイントがこちらのトラスロッド調整口のシステム変更ですね。他社ブランドでは割とポピュラーで、調整のし易いホイールタイプのロッド調整システムを遂にフェンダーが採用したかと!こちらは今までフェンダーやロッド調整が苦手だった方にも弦を張った状態での自分に合うネックフィールや、微妙ながらテンション等のコンディション維持を是非行って、より愛器に親しみを持って付き合って欲しい所につながるなあと、こちらも個人的には思っております。

DSCF7305.JPG

サウンド形成において、重要な役割の一因を担うブリッジには従来より好評を得ていたハイマス・ブリッジが当モデルでも引き続き採用されています。こちらは裏通し、ブリッジダイレクトの表通しが選択可能です。なお、表通し時のテイルピースに当たる弦を固定する部分には、ブラス素材のブロックが仕込まれており倍音たっぷりなトラディショナル・フィーリングがより得られるハードウエアになっております。こちらはボディに振動をダイレクトに与えたり、ローチューニング時のテンションを稼ぐ裏通し時とあわせて、お好みのセッティングを探して欲しいところですね。

名称未設定-3.jpg


ここまでは実用ハードウエアや見づらいですが実は着実な変遷を辿っているウッドアプローチを挙げてみましたが、その他の特徴や変更点も取り上げて見ましょう。

DSCF7021.JPG

ヘッドロゴが懐かしの漸進モデルに採用されていたモダンロゴになっております。シンプルながらシルバーのデカールもこの性質のモデルでは愛らしく感じられますね。また、JBモデルではブラックやホワイトのパーロイド・ブロックマーカーが採用され、PBモデルではパーロイドのドットマーカーが採用されています。JBモデルのほうではセル巻きも施され、モダンテイストの中に70'Sフィーリングが見られる点もグッとくるポイントですね!

名称未設定-2.jpg

DSCF7301.JPG

4弦ベースのペグには3弦ペグに、5弦ベースのペグには5弦ペグにテンションガイドが併設されています。こちらは旧アメリカンデラックスより取り入れられたナットに対して適正なテンション(弦の通り)を誘導する機能がありますが、当モデルでもこちらが採用されています。また、当モデルでもシャーラータイプのロックピンが標準装備されています。

また、ヘッド裏に目を移してみると新たなチューニング・キーが採用されています。フェンダーオリジナルのこちらのペグでは更なる軽量化が進められています。こういったパーツを自社製作するフェンダー、このあたりもやはり愛すべき魅力かと思ってしまうのは・・・、何故なんでしょうかねえ。そんな一面も備えています。

名称未設定-8.jpg

その他、ネックにもグラファイト・サポートバーが仕込まれています。アメリカンデラックスに慣れ親しんだ方やそのサウンドに惹かれた方にも納得の、中低域にドッシリとした安定感のあるサウンドをクリエイトしているところは当機にも受け継がれています。

そんな王道ブランド「フェンダー」が提唱する、トラッドとモダンが融合し更なる進化を体現した当エリート・シリーズ。是非、選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょう。そこには当ブランドの最大の強みである、本人のみならず、一緒に音楽をつくるバンドの仲間、プロデュースする仲間から求められる、理屈ではなく愛されるサウンドが確かに受け継がれていますから!


imgrc0064012210.jpg
当店にいち早く入荷した当American Eliteシリーズのストック・リストへは、上記バナーよりGo!!!


[お問い合わせ]

池部楽器店 心斎橋Premium Bass
担当:山本まで
■年中無休

┏━━━━━……‥‥‥‥・・・・ ・ ・ ・ ・
 イケベ楽器店 プレミアムベース 大阪/心斎橋
┗━……‥‥‥‥・・・・ ・ ・ ・ ・
実店舗心斎橋プレミアムギターズの3階に、ベースの専門店「プレミアムベース」はございます!ベースの専任スタッフが、ベースのすべてを真心込めてご案内及び配送手配いたします。ぜひご利用、並びにご来店ください!

最終更新:2016/04/04 13:23

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

エレキギター専門セレクトショップ プレミアムギターズ

つぶやき

カレンダー

2016年4月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2019年
2018年
2017年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム