【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2015/05/31 23:30

ベース部門の長が送る、このコーナー。気楽な箸休めにご覧頂ければ・・・という事でゆる~くいきましょうか。

怒涛の週末営業も・・・無事、こなしたプレミアムベースからお届けします。
しかし今年はホンマ、女性ベーシストが多いですね。最近ではアパレルのショッピングのようなノリでベース女子さんにお越しいただいております。YAMAHAやアトリエZ、サドウスキーやTUNEは実は結構、いらっしゃるんですよ!ひょっとしたら、ケンスミスやF-bass、DINGWALLをカッコよく弾くベース女子もそろそろ現れるかも知れませんね(個人的には是非、活躍する姿を見てみたいです!)。

また、本日なんかは熱心にプリアンプや歪みエフェクターを探されるお客様も増えて来ました。その傾向は・・・目的や好みがハッキリしていて、実に的確。細かいスペック説明よりも"音"っていうごまかしのきかないハード?緊張感たっぷり?な接客。最後の方はFUZZの業火に身も心も耳も・・・焼き尽くされた(笑)ような場面もございました。ホンマ、男子顔負けのパワーヒット(笑)。物凄いローが出ていても動じない姿が凛々しい!クラブとかでもそうかもしれませんが、女性の方が低音の振動、圧力に実は強いのかも・・・なんてふと思ってみたり。

それでは、本日の議題に入りましょっか。
本体がおおよそ定まったこの時期、次に訪れるのが・・・周辺機器の吟味でしょう。ベースでは、まずプリアンプやコンプレッサー探しが多くを占めると思います。一昔前では、ベースを手にして最初に訪れる関門、ベースラインがヨレないように、音粒が揃うようにコンプレッサーやリミッターを勧められることが多く見られましたが、今ではどちらかと言うとプレイスタイルに華を添える音色として選ばれる事が増えてきているように現場では感じられます。例えてみれば・・・「その日の気分でフリスクを選ぶ感覚」とでも言いましょうか(なんか変な例えやな)。

そういう意味では、こちらの方が"次に手にする定番"の色合いは濃いかも知れませんね。

「Preamp/D.I.」

基本かけっぱなしの音色補正や曲調によって瞬時にONするサウンド色づけ、タッチの圧力を安定して出してくれるゲインアップやサウンド引き締め効果、機種によってはアンプのように歪み音色を創出したり、さらに上級者では1ライブでの2本のベース持ち替え(大半の場合、1つのアンプでセッティングを決めなきゃいけないですから、その際のベース間のゲインやサウンド補正として)等に重宝します。また、ライブ現場に行くときはなるべく大きな荷物はベース本体だけにしたい・・・、でも行く先々でアンプが変わっちゃう、音作りどうしよう!?って時に、極力最低限の音作りを事前に行えるプリアンプの存在はやっぱり欠かせません。

さらに、ベースの世界では"ライン出力"という局面に多々、直面します。その際にプリアンプのD.I.機能(ラインレベル変換)をレコーディングやライブ現場で使用したりしますから1台手元に持っておくのは結構、アドバンテージと言いますか、エチケットのようなものだったりします。

という事で、当店で人気のプリアンプをご紹介しますとMXRのM-80 bass d.i.+Tech21のSANSAMP BASS BRIVER D.I.はやはり押さえておきたい所ですが、さらにベーシストに拘った本格派ブランドや周りのベーシストと違う個性が得られるブランドも魅力的に感じられる事もあるでしょう。そこで、当店人気のこちらのブランドをあらためましてご紹介したいと思います。

title.jpg



多くのベーシストが絶大な信頼をよせる純国産アンプ&エフェクターブランド"ALBIT(アルビット)"。
素材に拘り、一切の妥協を許さずハンドメイドにて製作されるプロダクツ、また大手アンプの修理や自社アンプ製作も手がける、「音の出口、アンプ」を熟知した"現場で使える本格派サウンド"が多くのミュージシャン、ベーシストを唸らせています。
今回は、そのALBIT のメインプロダクツの一つ、用途やサウンド志向に特化した多彩なラインナップを誇る「プリアンプ/ D.I.」をご紹介します。最後にはアルビット・コーポレーション代表取締役社長・中沢氏の懐かしインタビューもお届けします!

※なお、掲載順は進化を遂げリリースされた順にしております。なお、いずれもバリバリの現行機種。後継機種が勝るのではなく、全てがベーシストの要望に特化、具現化したモデルであるため機能性やサウンド特性で選んでいただけるラインナップとなっております。ロングセラーモデルという現実が全てを物語っていますね!

----------------------------------------------------------------------

A1BP TYPE II
イケべ特価¥21,500(税抜)

a1bp-type2.jpg

アルビットの名を世に知らしめた名機B-200のサウンドポリシーを受け継いだベース用フロアタイプ・プリアンプ。NOTCHコントロールや4バンドアクティブEQ、更にエフェクトループをを搭載したモデルでプリアンプ、またD.I.として使用可能です。また、AUX INやHeadphone OUTも備え、自宅練習や本番前のウォーミングアップ用モニターアンプとしても使用可能です。ローノイズ、ベース本体の素のサウンドを的確に捉えるナチュラルな音色が特徴です。
※真空管は使用してません。

<製品仕様>
■電源:AC9V(付属専用アダプタ)
■コントロール:VOLUME・NOTCH・TREBLE・BASS・H.MID・L.MID・SEND・MAS/RETURN
■スイッチ:MUTE SW
■端子:INPUT・TUNER OUT・SEND・RETURN・OUTPUT・BALANCE・HEADPHONE・AUX IN(RCA型ピンジャック×2)・AC.ADP.JACK
■外形寸法:150mm(W)×106mm(D)×61mm(H)
■重量:580g

ショッピングページはこちら


----------------------------------------------------------------------

A1BP VINTAGE
イケべ特価¥26,800(税抜)


a1bp-vin.jpg

ビンテージサウンドの再現を目指し、真空管とICによるハイブリッドなサーキットを採用。クランチスタイルのディストーション回路をオンにすれば、コンプレッションの効いた古き良き時代の心地良いサウンドが蘇ります!また、このモデルの裏の顔がピエゾピックアップ等を使用したアップライトベースのアンプ出力サウンドに生っぽさとしっかりとした強さを与えるプリアンプ。チューブによる純度を増したトーンと効き幅、太さを備えるディストーション回路によりグッと前に出るベースサウンドをクリエイトします。

<製品仕様>
■電源:AC9V(付属専用アダプタ)
■コントロール:VOLUME・NOTCH・TREBLE・BASS・H.MID・L.MID・SEND・MAS/RETURN
■DISTORTIONコントロール:GAIN・MIX
■端子 INPUT・TUNER OUT・SEND・RETURN・OUTPUT・HEADPHONE/BALANCEOUT・AC.ADP.JACK
■スイッチ DISTORTION SW・OUTPUT LEVEL SELECT SW・MUTE SW
■電源 AC9V(付属専用アダプター)
■外形寸法 150mm(W) ×106mm(D) ×61mm(H)
■重量 608g

ショッピングページはこちら

----------------------------------------------------------------------

A2BP PRO
イケべ特価¥39,000(税抜)

a2bp-pro.jpg

フロアタイプのプリアンプにして真空管をフィーチャーした2ch仕様、エフェクトループやヘッドフォン&チューナーのアウトまで装備、更に2本のベースの切り替え、D.I.としても使用可能。コンパクトな筐体にベーシストの要望を詰め込んだ、至れり尽くせりのプロスペックモデルです。当モデルでは入力部のGAIN及び出力のM.Vol段に真空管がかけられており、クリアさ音圧感の充実したチューブサウンドが得られます。その違いは特にラインレコーディングのサウンドでは一目瞭然!アンプのパワーアンプ・インに接続すれば本格派チューブ・アンプを創出、レコーディング環境では音像、臨場感を際立たせる優秀なD.I.になります。ALBITプリアンプをスターダムにのし上げた名機と言っても過言では無いでしょう!

<製品仕様>
■電源:AC9V(付属専用アダプター/安定した動作環境を考えた外部電源トランス仕様)
■コントロール:
(CH-A) GAIN,VOLUME,NOTCH(中域のみカット),TREBLE,H-MID,L-MID,BASS,SUB MASTER VOLUME/RETURN(CH-A/Bボリュームバランスを整える、SEND/RETURN使用時はCH MASTERを兼ねたRETURNレベル),SEND
(CH-B) VOLUME,NOTCH,TREBLE,H-MID,L-MID,BASS MASTER VOLUME,MASTER PRESENCE(SW併用でHIGHはスラップ時等高域を強調したトーン、MIDは中域を強調しつつ輪郭を持たせる)
■SWITCH類:CH CONNECT SW, LOOP PHASE SW(エフェクターの位相を切り替える), MUTE SW, PRESECE COLOUR SW, CH SELECT SW(A,B/A+B)
■インジゲーター:HEADROOM CLIP LED(RED), STANBY(RED), POWER(BLUE), CH SEL.A(RED), B(GREEN), MUTE(RED)
■端子:INPUT-1/2, AUX, SEND, RETURN, OUTPUT, BALANCE OUT, HEADPHONE OUT, TUNER OUT
■入力インピーダンス:1MΩ
■出力インピーダンス:UNBALANCE OUT=470Ω・BALANCE OUT=100Ω
■標準出力レベル:+4dBm
■外形寸法:180mm(W)×128(D)×68mm(H)
■重量:810g

ショッピングページはこちら

----------------------------------------------------------------------

A1BP PRO
イケべ特価¥31,120(税抜)


a1bp-pro.jpg

A2BP PRO同様、真空管をフィーチャーした1ch仕様、定評を得たA2BP PROのサウンドを持ちながら、シンプルな操作性を重視したプロ仕様のフロアタイププリアンプです。パッシブベースからアクティブベースまで至高のサウンドを手軽に再現できます。D.I.としても使用可能。その機能性からズバリ、A2BP PROの2chまでは必要ないがリアルな真空管サウンドが欲しいという方にお勧めのモデルです。また、当モデルではフットSWによるミュート機能を装備。こちらはライブ派ベーシストには隠れたストロング・ポイント。まさに小型ヘッドアンプを凌駕する、フットタイプ・プリアンプ!

<製品仕様>
■電源:AC9V(付属専用アダプター/安定した動作環境を考えた外部電源トランス仕様)
■コントロール:GAIN,VOLUME,NOTCH(中域のみカット),TREBLE,H-MID,L-MID,BASS,MASTER VOLUME/RETURN,SEND,MASTER PRESENCE(SW併用でHIGHはスラップ時等高域を強調したトーン、MIDは中域を強調しつつ輪郭を持たせる)
■SWITCH類:MUTE SW
■インジゲーター:HEADROOM CLIP LED(RED),MUTE(RED)
■端子:INPUT-1/2, AUX, SEND, RETURN, OUTPUT, BALANCE OUT, HEADPHONE OUT, TUNER OUT
■入力インピーダンス:1MΩ
■出力インピーダンス:UNBALANCE OUT=470Ω・BALANCE OUT=100Ω
■標準出力レベル:+4dBm
■外形寸法:180mm(W)×128(D)×68mm(H)
■重量:810g

ショッピングページはこちら

----------------------------------------------------------------------

A1FD pro "Hand-made Tube preamp / D.I."
イケべ特価¥43,200(税抜)


a1fd.jpg

この「A1FD pro」は、アレンビックの名機"F2B"プリアンプはもとより、バルトリーニのTCTを始めとする2バンドEQスタイルのアクティヴ回路や懐かしのローエンドのプリアンプ他、いくつかのギター/ベース・アンプのトーン回路等にその基本デザインが採用され、プリアンプのトーン回路におけるベンチマークとなっている、フェンダーのデュアルショーマンの回路を同じくベースにし、古き良きヴィンテージ・チューブアンプのサウンドを現代に蘇らせるだけでなく、ライブからラインレコーディングの使用においても、あくまでも高品位のサウンドとコンパクトサイズをもって実現させることを目標に製作されたモデル。当、池部楽器店のハイエンドベース店"bass collection"岡崎がALIBIT/中沢氏へ問いかけ、我々のリクエストをハンドメイドによって製品の形に見事具現化し、まさしく"ホンモノのチューブ・プリアンプ/D.I.."として完成されたモデルです。ハイエンド機器との相性も抜群。現場は勿論の事、レコーディング環境下での取り音の奥行きの豊かさ、臨場感たっぷりな音の太さ、鮮明なクリアさ(ベース本体の持つナチュラルなサウンド再生)が秀逸。まさに「目から鱗」のプロユース機器。

<製品仕様>
■電源:AC9V(付属専用アダプタ)
■真空管12AX7(選別品)×2
■コントロール:VOLUME・TREBLE・MID・BASS・BALANCE VOL・SEND・RETURN・UNBALANCE VOL
■スイッチ:MUTE・BRIGHT・MID RANGE(*1)・CROSSOVER POSITION(*2)・PHASE(BALANCE OUT用)・GND LIFT(BALANCE OUT用)・BAL.OUT SELECT
■端子:INPUT・AUX IN(3.5Φミニプラグ・RCA型ピンジャック×2)・SEND OUT・RETURN INPUT・UNBALANCE OUT・BALANCE OUT×2・HEADPHONE OUT・TUNER OUT
■外形寸法:179mm(W)×125mm(D)×80mm(H)
■重量:1020g
*1) MID RANGEスイッチは、WIDE側にすることでMIDの変化幅をNORMAL時の5倍に広げることが可能。 *2) CROSSOVER POSITIONスイッチは、HIGH側でトーンコントロール全体の特性が変化し、全体の音質が変化する。

ショッピングページはこちら

----------------------------------------------------------------------

ATDI pro [ALL TUBE D.I]
イケべ特価¥31,840(税抜)


atdi.jpg

このサイズで真空管2本搭載、そのマジックを駆使するピュアなD.I.ボックス。上記モデル、A1FDのシンプルなD.I.機能のみ引き出した高性能D.I.です。肝はアンプ側へのアウトプットに一般的なスルーアウトに加えアンバランスアウトを完備している点。こちらのアンバランスアウトをライブ使用時等に使用すると真空管ならではの適度な暖かさと純度の高いクリアなトーンが、よりタフな信号で送られます。この小さな筐体の中に12AX7と12AU7の2本の真空管を格納、オールチューブで構築し高電圧により、ピュアながら厚みを持たせたサウンドへと昇華させています。コレだけ小さな筐体で真空管を駆動させるトランスを積みながらも、ノイズレベルが劇的に少ないのは流石の一言。レコーディングツールとしても大いに活躍してくれる事でしょう。ライブ使用時ではモニターからのベース音をよりリッチで生々しくさせ、アンプ出力のモニター音も生き生きとした太くタイトなサウンドをもたらします。

<製品仕様>
■電源:AC9V(付属専用電源アダプター使用)
■コントロール:MAIN LEVEL,UNBALANCE OUT LEVEL
■SW:PAD INPUT(0dB,-6dB,-12dB),INPUT IMPEDANCE(1M-100k),PHASE,GND LIFT
■端子:INPUT,THRU,UNBALANCE OUT,BALANCE OUT×2(XLR型.PHONE),AC9V
■真空管:12AX7×1,12AU7×1(何れも選別品)
■インジケーター:POWER(5Φ赤)
■入力インピーダンス:100kΩ(Low),1MΩ(High)切り替えSW
■出力インピーダンス:BALANCE 600kΩ,UNBALANCE 100k
■外形寸法:150mm(W)×106mm(D)×68mm(H)
■重量:648g

ショッピングページはこちら

----------------------------------------------------------------------

INTERVIEW

アルビットベース用プリアンプ・エフェクターの秘密を解き明かすべく、イケベスタッフがアルビット・コーポレーション代表取締役社長・中沢氏にインタビューを敢行いたしました!

その深遠なる世界の一端にぜひ触れてみてください。

●まずはアルビットの歴史について教えて下さい。

アンプの開発を始めたのは26~27年前になります。 当時プロの現場では日本製品のベースアンプはあまり見掛ける事がなく、外国製品がほとんどでした。 プロの現場で採用されるベースアンプを作りたくて、メーカーの開発部で長い事学んだノウハウをすべて見直してみようと思い、音がぼけず、良く抜けるベース本来の音を再現する事と、アンサンブルのバランスを崩すことなく、自己主張の出来るサウンドをテーマに、プリアンプ部分のトーンコントロールを6回程、異なるタイプで回路を作り、B-200のトーンコントロールを開発しました。
次にスピーカーをドライブさせるパワーアンプです。ガツッと手応えのある音を再現する事をテーマに開発していきました。 そしてこのプリアンプとパワーアンプを組み合わせ、長い時間安定して使える頑丈なアンプとしてB-200が誕生しました。
その後、ライブやレコーディングを意識してA1BPのラックタイプ、さらに当時としては大出力のSCA-400という400Wのパワーアンプや、コンボタイプのB-150、多機能タイプのB-220やB-320N、ヘッドアンプ部分にチューブを採用したB-280を発表しました。
現在では、B-200等をベースにしたコンパクトタイプのA1BP TYPEIIやA2BP pro等のプリアンプを5~6機種発表しています。

※注)今年、待望のアンプヘッドがリリースされました!こちらにつきましては当店にも入荷しておりますが、ご好評につき品切れ状態となっております。近日中、入荷予定となっておりますので、楽しみにお待ちくださいませ!


●イケベ楽器店のお客様にも大変好評をいただいているのがプリアンプです。このプリアンプは他のメーカーのものと比べるとかなりアンプヘッドに近いプリアンプだと思うのですが。

もちろんその通りで、弊社プリアンプはアンプヘッドのプリアンプ部分そのものです。 自宅でのレコーディングはもちろん、スタジオやライブハウスにプリアンプを持って行く事で、ご自分のサウンドをいつも手軽に再現出来るアイテムとして価格の高過ぎないA1BP TYPE II を作りました。その後、真空管を採用した音質的にも機能的にも大幅にグレードアップしたA1BP proやA2BP pro、更にA1BP VINTAGEを発売しています。VINTAGEモデルのプロ仕様A1FD proやATDI Proもリリースいたしました。


●VINTAGEの歪みが入っている箱ですよね?

もちろん軽く歪ませる事も出来ますが、この歪み本来の目的はサウンドに僅かに歪みを混ぜる事で音の輪郭をハッキリさせることです。昔のベースアンプの出力は現在の製品ほど高くなく50Wや100W位が一般的で、VOLをあげていくと歪が加わります。アンサンブルの中での心地良いサウンドはその僅かに歪んだ状態なのです。プリアンプでそれに近いサウンドを再現する事を目的に歪み回路を採用しました。


● 最近いろいろなD.I.がありますが、基本的に海外メーカーが多いということで、国産もので良いものは作れないでしょうか?というお話があって作っていただいたんですよね。

D.I.のお話しを頂いた時、私もちょうど考えていた事もあって、ライブやレコーディングで良い音のするD.I.をテーマに作らせて頂きました。
トーンコントロールには音を作るものではなく、楽器の持っている本来の音の補正が出来る回路を採用しました。
使い勝手を考慮して別々のレベルのコントロールが出来る3系統の出力を持ち、キャノンアウト回路にはあえて昔ながらのトランスを採用しています。更にヘッドフォンアウトは今風のバランスアウト回路を採用していますので、ヘッドフォンとしてだけではなく、フォーンジャック式のバランスアウトとしてもご使用になれます。 もう1つのMONITOR OUTはステージ上のモニターとして使用するベースアンプへの出力する為のアウトです。 DIA-1に採用した3つのEQはHIGH MIDが音の抜けをコントロールする帯域で、 LOW MIDは音の太さをコントロールする帯域です。 LOWのコントロールは小型のアンプ等では再生しきれない楽器本来の持っている低音で、15インチ位のスピーカーで再生出来るぎりぎりの所でしょう。
この帯域の低い音は質量が関係し、スピーカーボックス等が軽いと再現出来ない部分です。
この帯域が体に響くような低音を体感出来る部分です。


● それは「聴く」というよりも「体感する」ということですよね。

その通りです。
少しそういう低音を混ぜてあげると音に厚みが出てきます。
またパッシブベース等で軽めなサウンドが必要な時は、逆にこのLOWを僅かにカットする事で解決できます。


●プリ管の話をお願いします。

真空管は1962~63年製のヴィンテージ管です。
15年くらい前、ヴィンテージチューブを探していたんですよ。そうしたら、たまたまフランス軍の放出品でGEの12AX7を発見したんです。
今、手に入れなければ今後入手が出来ないのではないかと思い買い込んだ代物で、今となっては50年位前のものを使っています。
このチューブの音の良さに魅了され、この12AX7を搭載する事にしました。
しかし50年も前に製造された真空管の為、真空度が低下しているはずで、このままでは信頼性が乏しいのではないかと思い、 この為に専用のチューブチェッカーを製作して、24時間エージングもして真空度を回復させてから取り付けています。


● そこまでやらないとだめなんですね

6L6等のパワー管もそうですが、エージングをしてあげると初期トラブルが減り、寿命も長くなります。


● それでは、その他の商品についてのコメントをいただけますか? A1BP proやA2BP proについてはどうですか?

これらの製品は、プリ部分に真空管を搭載し、サウンド面でも機能面でも頂点を目指して開発した製品で、A2BP proは一般的に想定出来る大抵の使用方法を可能にしたモデルです。 ツインベースで演奏する事や2本のベースを別々に使い分けたり、また1本のベースでA/Bの両チャンネルを使用し、CH-A側にエフェクターを接続し、エフェクターのコントロールチャンネルとして、CH-B側でベースの生音をコントロールし、両チャンネルミックスして至高のサウンドを作ったりする事が可能です。
このエフェクトループにはエフェクターの位相を切替えるスイッチが付いていますから、接続したエフェクターの位相を気にせずに使えます。
プレゼンスコントロールにはHIGHとMIDを切替えるスイッチが付いています。
スラップ時にはこのスイッチをHIGHにする事でスラップ向きのサウンドになります。また、出力端子にキャノンを装備していますから、ダイレクトでミキサーに接続する事が出来ます。A1BP proはA2BP proのCH-Aのみを抜き出したモデルで機能面を簡素化した使い易い製品です。


● コンプレッサーのGC-1はなんであのような太い音が出るのですか?

GC-1のサウンドを作り出している素子にスタジオ機材と同じ光素子(フォトカプラー)を採用していますから、ヴォリュームで音量を増減させてコンプレッションを作り出しているような効き方で変化していきます。 また、特殊な専用ACアダプターはGC-1内部で一般のラックと同じ電源を作り出していますし、CLIPのLED回路はミキサー等のピークメーターと同じ働きをしています。ですから、コンパクトにまとまっていますが、ラック仕様にしたとしても十分通用する機能を装備した製品です。


● 最後に・・・

弊社製品は全部が日本製のハンドメイドで製作しています。 長年の音作りで培ったノウハウでオリジナリティあふれる妥協のない製品を開発し、多くのプレイヤーの方々に使用して頂く為にも低価格で発売させて頂きます。   ALBIT 中沢

社長インタビュー.jpg

----------------------------------------------------------------------

いかかがでしたか?

お客様との日々の接客の流れから・・・、ふっとしたキッカケでの完全な思いつき企画の今回ですがあらためて見てみると、ここ数年の当ブランドの躍進は凄いなあと素直に思います。そんな日本が誇る老舗アンプブランド、ALBITの情熱サウンドは若きベーシストにも継承して欲しいなあ~というのが率直なところです。きっと貴方にとって新たな発見が得られるんじゃないかと。是非、その実力派サウンドを手なづけてみてください!

また、今回は内容上、割愛いたしましたが最新ベストセラーモデルのGC-3コンプはじめ、歪みエフェクター等々多彩なラインナップを取り揃えています。江戸っ子気質で焼酎とカラオケが大好き、仕事となると・・・まさに頑固一徹(笑)、そんな愛すべき職人社長が手がける素敵な製品の数々を一人でも多くの方にご体感、さらに広めていただければと思います!


[お問い合わせ]

池部楽器店 心斎橋Premium Bass
担当:山本まで
■木曜定休

┏━━━━━……‥‥‥‥・・・・ ・ ・ ・ ・
 イケベ楽器店 プレミアムベース 大阪/心斎橋
┗━……‥‥‥‥・・・・ ・ ・ ・ ・
実店舗心斎橋プレミアムギターズの3階に、ベースの専門店「プレミアムベース」はございます!ベースの専任スタッフが、ベースのすべてを真心込めてご案内及び配送手配いたします。ぜひご利用、並びにご来店ください!

最終更新:2015/05/31 23:45

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2015/05/31 22:59

皆さま!どうもです!プレミアムベース小村でございます!

本日も多くのご来店、誠にありがとうございました!!
家族連れからカップルさん、はたまたお友達やサークルの皆様で大勢…日曜日らしい1日でしたねぇ。
今日は通勤の電車もなかなかに大勢乗っていまして、調べてみたらオリックス対広島戦…そういえば黒田さんとマエケンがいっぱい居たような気がします。

さて、本日ご来店頂いたお客様の中に…ファズペダルをいろいろ試されていた方がいらっしゃいまして。
僕も"例のファズ・ワウ"を使っているのですが、それ以上に深い世界を知ったように感じます(笑)

そんなわけで本日はファズ・ペダルをいろいろご紹介します!

題して…【Fuzz Pedal Showdown】

それでは言ってみましょー!
(今回は歪み、図太さ、ブッ飛びの3つを個人的に考えてインプレッションしてみます!)




Electro Harmonix Bass Big Muff π【Distortion/Sustainer]
イケベ特価 10,400円(税別)
DSC03717.JPG


歪み度  :★★★☆☆
図太さ度 :★★★☆☆
ブッ飛び度:★☆☆☆☆



まずは不動の名機、ベース・ビッグマフ!
本元とも言える"ロシア・マフ"から数えると、大変多くのベーシストから支持を集めたこちら!
充実の音圧感と屈強なサウンドは、薄く当ててもがっつり掛けても存在感をグッと出してくれる定番モデルです!



Malekko Heavy Industry B:ASSMASTER "Silicon"
イケベ特価 31,000円(税別)
DSC03721.JPG


歪み度  :★★★☆☆
図太さ度 :★★★★☆
ブッ飛び度:★★★★☆



続いてこちら!!ファズ愛好家なら…これによく似たモデルをご存知かと思います(笑)
まさにあのモデルを元にデザインされた当機。昨今、オリジナルはプレミアが付いていてなかなか手が出にくいところですので…是非とも当機でそのサウンドを体感していただきたいです!
じりじりとした歪みからアッパーオクターブを前面に押し出した飛び道具的サウンドもカバーしますよ!
こちらは、フリーをはじめとするベーシストが愛用するシリコントランジスタ(赤LED)を搭載するモデルですが…

より音圧感が増したゲルマニウムトランジスタ(青LED)を搭載するモデルもございますよ!


Malekko Heavy Industry B:ASSMASTER "Germanium"
イケベ特価 36,000円(税別)
DSC03723.JPG


歪み度  :★★★★★
図太さ度 :★★★★★
ブッ飛び度:★★★★☆






ALBIT FZ-2B [FUZZ FOR BASS]
イケベ特価 13,440円(税別)
DSC03719.JPG


歪み度  :★★★★☆
図太さ度 :★★★☆☆
ブッ飛び度:★★☆☆☆



お次はALBIT!当店でもプリアンプや、先日のリリース直後から注目を集めるヘッドアンプがございますが、エフェクターも忘れてはいけませんよ!
歪みエフェクターで陥りやすい"歪ませすぎて何を弾いてるか分らなくなる"ということからも開放され、ピッキングニュアンスを失わずも、屈強はファズトーンを出力するこちらのペダル。完成までに何度も試行錯誤されたそうですよ!
当機の特徴は"ゲインセレクトスイッチ"!それぞれ異なるサウンドキャラクターを持った2種類の歪みをフットスイッチで切り替えることで、曲調にあわせたサウンドを瞬時に切り替えることが可能になっています!



ALBIT MF-1N "浪速の野次歪"[Micro Fuzz]
イケベ特価 7,600円(税別)
DSC03720.JPG


歪み度  :★★★★☆
図太さ度 :★★★☆☆
ブッ飛び度:★☆☆☆☆



そうそう、ALBITといえばこちらも要チェック!!昨年秋ごろにトリヴィアムのパオロさんが買っていってくれた"浪速の野次歪"!キュートな筐体とお手ごろな価格帯ながらも…ナメてはいけません、かなり本格的なサウンドをアウトプットしてくれますよ!シンプルなコントロールながらも、セッティング次第でクランチ的サウンドから屈強なファジートーンを生み出してくれます!



JHS PEDALS 4 Wheeler [Bass Fuzz]
イケベ特価 25,000円(税別)
DSC03724.JPG


歪み度  :★★★★☆
図太さ度 :★★★☆☆
ブッ飛び度:★★★★☆



最後にこちら!!1Fエフェクターフロアでも支持を集める"JHS Pedals"!遂にベースフロアにもやってきました!
黄色い筐体とデフォルメタッチのモンスタートラックが可愛らしい当機ですが…いざ繋ぐと笑ってしまいました(笑)
ナチュラルなブースター的トーンから、スペーシーなシンセチックなサウンド(誤解を恐れずに表現すると"素っ頓狂"という言葉が似合いそうです)までカバーするこちら。"名は体を表す"という言葉がぴったりな、悪路を走破する4駆のように屈強なサウンドですよ!



さて、【Fuzz Pedal Showdown】、如何でしたか?!
今回はいくつかをピックアップしてのお届けでしたが、このほかにも魅力的なFUZZペダルは多数ございます!!
よくよくチェックしてみると、3Fボスの気まぐれで…かなり踏み込んだ1台もあったりしますよ(笑)

実用的なモデルから、前述の"気まぐれの1台"等々…
要チェックのベースエフェクターストックリストはこちら!!


※今回の星印の評価はあくまで、個人的な感想になります。何卒ご了承くださいませ。ご参照、ならびに楽しんでいただければと思います。

┏━━━━━……‥‥‥‥・・・・ ・ ・ ・ ・
 イケベ楽器店 プレミアムベース 大阪/心斎橋
┗━……‥‥‥‥・・・・ ・ ・ ・ ・
実店舗心斎橋プレミアムギターズの3階に、ベースの専門店「プレミアムベース」はございます!ベースの専任スタッフが、ベースのすべてを真心込めてご案内及び配送手配いします。ぜひご利用、並びにご来店ください!

最終更新:2015/06/01 14:12

2015/05/31 18:04

まいどおおきに!プレミアムベース幡谷です!!


ギター・ベース共に多くのお客様からご好評頂いているブランド、momose。

ギターとベースを同じコンセプトにて兄弟モデルを製作する、PG×PB合同オーダーmomoseの第5弾です!!

これまでの第1弾~第4弾では、ギター/ベース共に、トラディショナルなヘッドシェイプを持つモデルを元に製作して頂きました。
今回は、momoseブランドのオリジナリティをより追求したオリジナルヘッドモデルをベーシックにオーダーさせて頂きました!

こちらです!!

blog-150531-1.jpg


写真右、
momose MC1-STD/NJ SOB "Tortoise P.G."
w/プレミアムギターズ山口

写真左、
momose MJ1-STD/NJ SOB "Tortoise P.G."
w/プレミアムベース幡谷


今回もサウンドやプレイヤビリティには手を加えず、ルックスのみカスタマイズして頂きました。

カスタムカラー仕様「ソニックブルー」のボディに、べっ甲柄ピックガードをチョイスしました。
ポップさと渋さが絶妙なバランスで共存するルックスに仕上がっていると思います!! 老若男女、バンドスタイルの硬軟問わず、幅広いプレイヤーさんが手にし易いルックスだと思います!!



また、おかげ様でギターは完成後即売れしてしまったのですが、
「ブラックボディ×ブラックパールピックガード」という仕様でもオーダーしました。

ベースはこちらです!!

blog-150531-2.jpg

momose MJ1-STD/NJ BLK "Black Pearl P.G."


ちょっとサイバーで、精悍な印象のルックスです!!
ロックなお兄さん&お姉さんにステージでクールに決めて欲しい1本ですね!!







それではここで改めて、今回のカスタムオーダーのベーシックとなった、momoseオリジナルヘッドを持つ「MJモデル」について解説したいと思います!!



blog-150531-8.jpg

オリジナルデザインのヘッド。レーザーカットで彫刻されたブランドロゴと一体化した、流麗なルックスです!!


blog-150531-3.jpg

トラディショナルなJBスタイルモデルMJB1-STD/NJ OWH(写真右)と並べてみました。
ボディの1弦側ホーンが少し細くデザインされているので、ハイポジションへのアクセスがしやすくなっています!!

blog-150531-4.jpg

ボディのコンターカットが広めに入れられていることは、momoseベース両モデルに共通した特徴です。さらに、MJはボディのネックとのジョイント部分が斜めに切り落とされています。この仕様も、ハイポジションでの演奏性を考慮したものです。


blog-150531-5.jpg

指板の両サイドに施されたウッドバインディングです! 木材の乾燥で発生してしまうことのあるフレットのバリを防ぐだけでなく、ネックの握り心地の工場にも一役買っています。momoseの木工技術の高さが光る部分ですね! また、フレットもMJBよりも硬度の高いものが使用されていることが、MJモデルのシャープな音の立ち上がりにも影響しています。

blog-150531-6.jpg

ピックアップもオリジナルモデルを搭載。YUTA VJ-1ピックアップは、クリアでワイドレンジな特性を持っているので、ベース本体が放つシャープなサウンドをストレートに再生します。


blog-150531-7.jpg

ボディエンド部の写真です。細かい部分ですが、ストラップの抜け落ち防止のために、ボタン部の大きなストラップピンが採用されています。ライヴやスタジオでの使い勝手を追求する姿勢が、こういった所でも見て取れますね。


トラディショナルなJBスタイルに、momoseならではのオリジナリティ溢れるスタイルをより積極的に取り入れたMJモデル。
シャープでスッキリとしたサウンドとより軽快なプレイヤビリティを求めるプレイヤーさんにオススメしたいモデルです!!

是非、今回のオリジナルカラーモデルと合わせて、ご検討頂けましたら幸いです!!





【プレミアムギターズ&プレミアムベース合同オーダーモデル!】
【第1弾、Tail Green MetalicフィニッシュのMTL1-STD/NJ & MJB1-STD/NJ】紹介記事
【第2弾、Surf GreenフィニッシュのMST1-STD/NJ & MJB1-STD/NJ】紹介記事
【第3弾、BLKカラーでオールラッカー&レリック仕様のMTL1-STD/NJ & MPB1-STD/NJ】紹介記事
【第4弾、3TSカラーでオールラッカー&へヴィレリックのMST1-STD/NJ & MJB1-STD/NJ】紹介記事
【番外編、フレットレスベースMJB1-STD/NJ & MPB1-STD/NJ】紹介記事


┏━━━━━……‥‥‥‥・・・・ ・ ・ ・ ・
 イケベ楽器店 プレミアムベース 大阪/心斎橋
┗━……‥‥‥‥・・・・ ・ ・ ・ ・
実店舗心斎橋プレミアムギターズの3階に、ベースの専門店「プレミアムベース」はございます!ベースの専任スタッフが、ベースのすべてを真心込めてご案内及び配送手配いたします。ぜひご利用、並びにご来店ください!

最終更新:2015/05/31 18:04

ページ上部へ

エレキギター専門セレクトショップ プレミアムギターズ

つぶやき

カレンダー

2015年5月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月