【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2018/08/27 21:04

皆さま!どうもです!プレミアムベース小村でございます!

大定番モデルの限定仕様が登場しました!!

DSCF6416.jpg

EBS MultiComp Studio Edition Limited Pearl White Edition

ベース用コンプレッサーの定番機として、ジャンルを問わず多くの支持を集めるEBSのMulti Comp(通称マルコン)!
誕生当初からはもちろん、現行仕様の"Studio Edition"へリニューアルを果たした今も尚、その支持はアツいですね!
1988年のブランド始動から30周年を記念して、輸入代理店のモリダイラ楽器とのコラボレーションで実現した当モデル。
性能はそのままに、筐体をパールホワイトにカラーチェンジした1台となっています!
日本国内で600台限定となっています!

最早、説明も要らないくらいの定番モデルですが、せっかくの機会ですので…改めて、注目してみたいと思います。

DSCF6418.jpg

掛かり具合を調整する"COMP/LIMIT"コントロールと出力を調整する"GAIN"コントロールのみのシンプルな当機。
直感的なサウンドメイクを可能にしている点も、当機が人気を集める理由ではないかと思います。
(細かく出来るのも良いですが、その分"迷い"も増えてくると思いますので…僕はこういう方がありがたく感じます。)

DSCF6420.jpg

そして、マルコンの肝とも言えるのが、このノブの間に配されるスイッチ。
こちらはコンプのモードを切り替えるスイッチです。
一番下が、その名の通り、当機の一番"素"の状態となる"NORMAL"モードです。

DSCF6421.jpg

その次…スイッチを中央にセットすると、高音域/低音域に別々のコンプレッサーが掛けられるようになる"MB(Multi Band)"モードになります。
例えば「高音域のピーキーさを落ち着かせたい」「低音域の暴れるポイントをタイトにしたい」というときには、このモードが有効かと思います。

DSCF6424.jpg

ちなみにMBモード時には、筐体裏フタを空けたときに見えるこのトリマーポットを回すことで音の補正を行うことが可能です。
ここも駆使してセッティングを行うと、音作りに更なる幅を持たせる事も可能です。
これから手にされる方はもちろん既に所有されている方も、ここは是非、試しに変えてみて下さい。
ひょっとしたら…お悩みの解決に繋がるかも?!
(基盤にダメージを与える可能性もありますので、調整される際にはお気をつけ下さい。)

DSCF6422.jpg

最後…一番上は、真空管を用いるコンプレッサーのサウンドを再現する"TUBESIM"モード
マルコンがご好評を集める理由の一つである「太い音」を生み出す場合には大活躍するモードです。
前述の2つと比べてもその違いは明らか。
音にもグッとコシが入るようなサウンドをお楽しみ頂けます。

それでは、各モードをご紹介したところで、小村のオススメセッティングを。

DSCF6425.jpg

まず、NORMALモード時のセッティングです。(正直、一番標準のモードなのでオススメ感があまり無い&セッティングと呼ぶほどでは無いのですが…)
コンプレッサーの役割として、真っ先に思い浮かぶであろう「音の粒を揃える」というところを重視したセッティングです。
COMP/LIMITはとりあえず12時方向。圧縮した分だけ小さくなってしまった音をGAINで揃えてあげるようなイメージです。
ここからCOMP/LIMITを更に上げていけば、パコンッと思い切り音を潰すサウンドにも持っていけますし、逆に下げてもう少しナチュラル目にしてみるのもアリだと思います。

DSCF6426.jpg

続いて、マルチバンド時のセッティングです。
常に掛けて…というのもアリですが、今回はスラップ時のちょっとした補正を主としたイメージでセッティングしてみました。
このモードでは高音域/低音域に別々のコンプが掛かる…ということで「スラップ時に音のメリハリをはっきり付ける」ということが出来ます。
「サムで叩いた時に掛かったコンプがプルの時にも掛かってて…何か音ヌケが悪いんですよねぇ」
そんな悩みが生まれたときは、このモードの出番です。

DSCF6427.jpg

最後はTUBESIM時のセッティングです。
あのグンッと太くなるサウンドキャラクターを利用し、コンプは薄く掛けてゲインを少し持ち上げる"ブースター"的なアプローチを採ってみました。
ちょっと音を前に出してあげたいときや、"音量"やローブーストという捉え方ではなく、音に厚みを持たせたい場合には有効化と思います。
「パッシブのベースでもう少し音に迫力が欲しい…」というときはもちろん、タッピング奏法時の音圧稼ぎにもオススメです。

そして、意外と見落としがちなこちらも、マルコンの重要な機能です。

DSCF6428.jpg

こちらはアクティブ/パッシブのインプットセレクターです。
例えば、高出力なアクティブベースを繋いだときに、音が潰れ過ぎてしまったり歪んでしまう時には、このスイッチを押す事でそれを回避することが出来ます。
特に、手元のEQで思い切りブーストをさせたアトリエZのベースや、他のベースと比べてそもそもの出力が大きいスペクターのベースだと、このスイッチがあると本当にありがたいかと思います。

定番モデルですが改めて着目してみると意外と面白いんですよね。
奥深い(と、個人的に思う)コンプレッサーを手軽に楽しむにはピッタリの1台ですし、定番が故に"手元にあって困る事が無い"ところもポイントではないかと思います。

そしてこの限定仕様モデルですが…実はレギュラー品と比べて少し安いんです(笑)
そんなお買い得ポイントも持ち合わせている1台です。
コンプデビューに向けた1台としてはもちろん、急な入用が出来たプレイヤーさんにもオススメですよ(笑)
改めて!!要注目です!!

┏━━━━━……‥‥‥‥・・・・ ・ ・ ・ ・
 イケベ楽器店 プレミアムベース 大阪/心斎橋
┗━……‥‥‥‥・・・・ ・ ・ ・ ・
実店舗心斎橋プレミアムギターズの3階に、ベースの専門店「プレミアムベース」はございます!ベースの専任スタッフが、ベースのすべてを真心込めてご案内及び配送手配いたします。ぜひご利用、並びにご来店ください!

最終更新:2018/08/27 21:04

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

エレキギター専門セレクトショップ プレミアムギターズ

つぶやき

カレンダー

2018年8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム