【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/11/13 16:36

12/3更新!遂に実機が入荷しました!

553123_main_l_201712022035[1].jpg

Tracks "アルミ/Alminum"[Bass Pre Amp]
販売価格¥48,000(税抜)

【SPECIFICATIONS】
[Spec.]
■Controls: volume,low, mid, high, presence (3-band range Gain Control: Clean⇔crunch)
■Size: ≒120mm(W)×102mm(D)×59mm(H) ※突起物含む、店頭実測。目安としてご参照くださいませ。
■Weight: ≒505g ※店頭実測。目安としてご参照くださいませ。
■Power: 付属の電池キットを使用しての9V電池駆動。もしくはセンターマイナス2.1φのDC9Vアダプター。
※製品の性質上、なるべくACアダプターでのご使用を当店ではお勧めいたします。

※セレクテッドワイアーを採用した、外付け用電池ケーブル及びバッテリーホルダーが付属します。
※掲載画像のジャック及び電池、ACアダプターは付属いたしません。また、ハンドメイド品につき、色合いが若干異なる事や、仕上げび色ムラ等見られる場合もございます。予めご了承下さいませ。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

553125_main_l_201712022037[1].jpg

Tracks "真鍮/Brass"[Bass Pre Amp]
販売価格¥56,000(税抜)

【SPECIFICATIONS】
[Spec.]
■Controls: volume,low, mid, high, presence (3-band range Gain Control: Clean⇔crunch)
■Size: ≒120mm(W)×102mm(D)×59mm(H) ※突起物含む、店頭実測。目安としてご参照くださいませ。
■Weight: ≒505g ※店頭実測。目安としてご参照くださいませ。
■Power: 付属の電池キットを使用しての9V電池駆動。もしくはセンターマイナス2.1φのDC9Vアダプター。
※製品の性質上、なるべくACアダプターでのご使用を当店ではお勧めいたします。

※セレクテッドワイアーを採用した、外付け用電池ケーブル及びバッテリーホルダーが付属します。
※掲載画像のジャック及び電池、ACアダプターは付属いたしません。また、ハンドメイド品につき、色合いが若干異なる事や、仕上げび色ムラ等見られる場合もございます。予めご了承下さいませ。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ベース部門の長が送る、このコーナー。気楽な箸休めにご覧頂ければ・・・、という事で"いつも通り"ゆる~くいきましょうか。

DSCF2337.jpg

週末も沢山のお客様にご来店頂き、誠にありがとうございました。
特に"11月11日"は「ベースの日!」ということもあり、賑わっておりましたね~。
幾分、いつもよりも濃いお話や調整のご相談等々、突っ込んだ内容の会話が多かったような...気がします。

1が四つを..."4本の弦"に見立てて、ベースが主役の「ベースの日」。
今年で3年目を迎えるわけですが、当ショップもいろいろあやかって(乗っかって(笑)?)、何か出来ればなあ~などと思っております。


tw-bassday-1.jpg  
ささやかではございますが、キャンペーン等も行っておりますので、是非、お楽しみくださいませ。





そうそう、当日は朝一から早速、オモロイ事もございましたので、ちょっとご紹介がてら綴ってみようかなあと思います。

開店一番、お越しいただいたのは...ベースデイに盛り上がるお客様と思いきや...なにやらちょっぴりイカツいお二人。

DSCF2340.jpg
※...店内照明の関係でちょっと暗く写ってしまっただけです。ホンマはええ人達です!悪巧みを話すときはいつも、なかなかに良い顔してくれます。

愛知からはるばるお越しのモリさん(右)とシゲさん(左)。
そう、二人あわせて..."SHIGEMORI(シゲモリ)"!
言わずと知れた、ブティック系エフェクターブランドのお二人ですね。
プロの方からの信頼の厚さは勿論、コアなエフェクターファンの方からも支持される良質エフェクターブランド。
ギターやベースといった楽器本体やアンプ等では、その大部分を占める構成素材の質量(材やエンクロージャーなどなど...)によって音質が左右されるということは、よく耳にしますね。
その部分をエフェクターでもこだわり、その特徴的なサウンド(どちらかというと古き良き楽器が持つ質感)を生み出すブランドだったりします。

そうそう、モリさんはヴィンテージ・マーシャルといった名機と呼ばれるアンプの造詣も深く、もともとそういった楽器のサウンドが好きでその辺りをしっかりイメージして製作されているそうです。
また一方でドラム関係のチューンといったPA的な耳もお持ちで、バンドマンのレコーディングやライブのお手伝いなども地元、愛知ではされているそうです。
そんな話から盛り上がったり、勉強させていただいたりする事もしばしば。
そういう意味では...僕の良き先輩であり、相談相手でもあったりします。

そんで、シゲさん。回路担当のシゲさん!あの何とも言えない質感のサウンドを生み出す、これまたええ人です。
実は...、こよなくVベースを愛する一面も(笑)。
あの、設定次第でブッとんだサウンドを出す所以はそんなところもあったりするのか...、しないとか...(笑)。


そんなお二人が11月11日にひょっこり、やってきまして。
(はたして狙っていたのか、タマタマの偶然か...真相は闇の中ではございすが...)

話が脱線したので、そろそろ本題に戻ろうかと。




DSCF2335.jpg

既にお気づきの方もいらっしゃるかも知れないですね。
そう、今回お越し頂いたのは新作エフェクターが完成したとの報。
手にお持ちだったエフェクターです。


いや~構想をお話頂いてから随分、経ちましたね~。
池袋でイベントやったときから...いったい、何年越しやろう?


遂に待望のサンプル機までこぎつけたとの事で、なんか我が事の様に嬉しくなってしまいまして。


そんなこんなで、完成したのがこちらのプリアンプ。


DSCF2336.jpg

あれっ?、プリアンプ!?


当初はEQつきのディストーションだったような~。

それはさて置き、早速繋いでみまして。
音出した瞬間から3人でニンマリしてましたね。
なんとも言えない、力強く芯の通りの良いサウンド。そう、前述のリアルなチューブのような太さ、懐かしの?トランジスタの様なグッと前に出る感覚。
それでいてベース本体の持つレンジも捉えやすい、そういった意味でのレンジの広さetc...、シゲモリらしい質感がしっかり体現されておりまして。
その絶妙なバランスの良さとピッチや音像のクリアさといった、料理の仕方がホンマに上手いなあ~という、単純にカッコイイ音がする訳で。

またベーシストが結局行き着く、あのプリアンプ達が備える電圧をかけたような芯の部分を当プリアンプでも感じられるのですが、それが嫌味に感じられないといった所などは相当考えたんやろうなあ~などとお話してましたね。これはウチをご利用いただいてるフェスとかデカイライブ会場に出てるバンドマンでも安心してお勧めできますね、とか。

ボリューム、3バンドのEQ+プレゼンスというシンプルなアンプ構成のツマミも解りやすく、それぞれの効きも明瞭ながら、微妙にかぶる所もあり、単純に僕みたいなオッサンには使い易いなあといった感じ。良い意味でタイトに引き締められるし、パンチを創出できるし、サウンドの重心をグッと落としたり、倍音を豊かに聞かせたりetc...。


なるほど、なるほど、良いプリアンプですね、と盛り上がりつつ。
内心、あれっ、この人達にしては普通じゃねえ?と思っていると...おもむろにシゲさんが、「EQフルテンにしてみて!」と。
なになに、昔のマーシャルじゃ無いけど、フルテンが一番ええとか、そういうやつ?とか言いつつ、回してみると...あっ、歪んだ。

そう、これがやりたかったみたいでして。二人ともニンマリと悪い顔になってましたね。そうか、せやからミッドノブの上に←クリーン/クランチ→って書いてあったんかと。モリさんニコニコしてましたねえ~。

その歪みのかかり方もミドルが最も反応しており、次いでトレブル、ベースと。こちらはベース本体の種類によっても歪み方が変わり、また、歪み方もナチュラルなオーバードライブ感で、プレゼンスを連動させるとグッとヌケの良い歪みサウンドが作れるという、これまたアンプ感覚で使い易い印象を受けました。なお、舞ってしまうようなロー感は抑えつつ、引き締まった通りの良いボトムの歪み方、つぶれすぎてピッチ感が損なわれる様なテイストも無く、かつ、クリーン時と歪んだ際のベースのコシや重心が変わらず出ていた所などは、これまた好感触でしたね。

総じて、音像が引き締まり、押し出しが強くなるところはさすがに有りますが、それがヤラシく感じられないところはシゲモリらしいなあという印象を受けました。
※因みに、ここがセンターといった表記はされていませんが、EQ部は実はカット方向にも動いているそうです。


最後に...とって置きのネタが。


上記の画像で「あれっ、なんで2個あるの?」と不思議に思ったあなた...。
また、「なんか間違い探しじゃないけど...、どっか違うような...」と感じた貴方。


っ正解です!


この2つ、実は仕様が異なりまして...。


筐体の裏ブタに着目。


DSCF2339.jpg


一方はアルミ削り出し。もう一方は...ブラス!


そう、音が違うわけでして。

勘の良い方は既にお気づきですね。
ブラスの方は質量があるわけで、よりタイトさも増しますし、レンジ感の広がりや倍音感も豊かになるという。そして、なにより音像の押し出しが圧倒的に違うと。もともと、低い音をつかさどるベースという楽器。最近の高出力、軽量ネオジウム・キャビネットのアンプセットと昔ながらの中出力で重いトランスを積んだアンプヘッドと重量のあるフェライト・キャビネットで体感する音厚感の違いに悩めるご相談も未だ多いですね。最終的には、まわりのアンサンブル編成や楽曲にもよるところなので、一概にどちらがどうといった所ではございませんが、そんな"サウンドの質感"への悩みの一助として、組み込んでみるのも良いかも知れませんね。

まあ、なんにせよ、エフェクターも発射台(土台)がしっかりしてるとより威力(力強さ)も増すという事が面白いくらい明瞭に、体感できましたね。サウンドもリッチに、よりクリアに感じられたわけです。

勿論、どちらのサウンドが良し悪しでは無いですし、大人の事情で販売価格にも差が生まれますが、どちらが上位といった違いではなく、よりイメージに近いサウンド志向という点で選んでみてもらえれば...と思います。


DSCF2334.jpg
「単体で聞いて、音が凄いのはブラスの方っていうのは感じましたが、実際にバンドで使うと考えると...僕はアルミの方かもしれませんね。こちらの方がプレイ、ジャンルに合うような気がします。」(小村君談)

...珍しく思った事、はっきり言うやんか(笑)。

とか何とか(笑)。
なにはともあれ、こちらの"SHIGEMORI"新作のプリアンプ、もう少々お時間頂戴しますが、どちらのバージョンも入荷予定です!
(11月下旬、入荷予定)

是非、楽しみにお待ちくださいませ!

DSCF2335.jpg
当店お勧め中の「SHIGEMORI(シゲモリ)」、ストックリストはこちら


~~追記~~

ベースデイと言えば...こちらも絶賛お取扱中!
是非、ご利用くださいませ。

imgrc0061178354.jpg
Roger Mayer 《ロジャー・メイヤー》
VooDoo-Bass KAMEDA CLASSIC “IKEBE 40th Anniversary”



[お問い合わせ]
池部楽器店 心斎橋Premium Bass
担当:山本まで
■年中無休

┏━━━━━……‥‥‥‥・・・・ ・ ・ ・ ・
 イケベ楽器店 プレミアムベース 大阪/心斎橋
┗━……‥‥‥‥・・・・ ・ ・ ・ ・
実店舗心斎橋プレミアムギターズの3階に、ベースの専門店「プレミアムベース」はございます!ベースの専任スタッフが、ベースのすべてを真心込めてご案内及び配送手配いたします。ぜひご利用、ならびにご来店くださいませ!

最終更新:2017/12/03 19:29

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

エレキギター専門セレクトショップ プレミアムギターズ

つぶやき

カレンダー

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム