【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/02/13 12:44

ベース部門の長が何気なく綴る、このコーナー。気楽な箸休めにご覧頂ければ・・・、という事でゆる~くいきましょうか。


DSCF0.jpg


この時期といえば...毎年、アメリカにて開催される世界一の楽器の祭典、ウインターNAMMショウにてお披露目された楽器がドンドン入荷してくる時期。そう、楽器好きには一年で一番、活気溢れる時期やったりします。今年も既に多数の商品が国内にやってきており、早くも多くの反響を得たヒットアイテムが生まれたりしております。当ショップでも既にそんな機材が生まれていますね!(こちらは人気ランキングやショップのトップページ・バナー等を漁ってみて下さい!)。ベース関連で言えば...先日当ブログでもご紹介しましたPJB/EAR-BOXや国内を代表するワールドワイドなブランド、IbanezのNAMMモデル等が多くの反響を得ております。そんなお陰で日々、検品、梱包と格闘しているわけですが...(汗!)。

そうそう、実は...中には昨年のNAMMでお披露目され、そこから様々な理由で(この内容は端折りますがっ)国内に実際に入荷、リリースされるまでに思いのほか、時間がかかってしまうものもあったりします。
(なかには...、初回ロットが入ってきて...次回ロットまで期間が空いちゃったりとかもあったり。)
上記PJB/EAR-BOXなんかもそうだったような・・・。
とかとか、いろいろ現場(この職場)ではあったりするもんですが、今日取り上げるこちらのブランドもそんな中の一つだったりします。


・・・・私事ですが、実はその噂、方々から聴いており、ホンマに結構、期待してずっと待っとったんですよね。
このアンプ!
最近のベースアンプはなかなか、ピンと来るのが難しくて。いいんじゃけど、使用環境やシチュエーション、用途、そして音質etc...なかなかグッときてシックリ来るっていう、"音色"と"機材色"に応えてくれる、そんな新作が実は少なくてヤキモキしてたんですよ、これが。
正直、「機械」でもあるから、難しい事は重々、承知なのですが...。


と、前置きが長くなるとアカンので、いってみましょうか。



DSCF1.jpg

TRICKFISH

2014年にロサンゼルスで産声を上げたベースアンプ/キャビネットのメーカー。新しいブランドながらも、社主のリチャード・ルースはSWR、JBL、KRK等で25年以上にもわたる開発者としての充実したキャリアを持つベテランエンジニアが興したメーカーです。更に、当ブランドでは演奏者だからこそ感じる音質やレスポンス、レンジ感や音量感を的確に具現化する、プレーヤーの声を反映した製品開発スタンスが採られてています。そんなミュージシャンシップに基づく高品位な製品は、Jimmy HaslipをはじめJeff Andrews、Tim Landers等、耳の肥えたトップミュージシャンをも魅了してる、アメリカ本国でも話題のブランドです。

では、当店にも届きましたこちらのヘッド&キャビネットを見ていってみましょう。



DSCF2.jpg

BULLHEAD1K [1000W/8Ω]
イケベ特価:174,000円(税抜)

[スペック]
■Power Output: (8 Ohms) 1000 Watts Peak .05% THD
■Power Amplifier: Class D
■Power Supply: Switch-Mode Power Supply
■PreAmp: Low noise solid state
■Input: 1/4" Phone with switchable attenuation and rotary gain control
■Input Level Indicator: 10 Segment LED Ladder
■EQ: 4 Band Switchable
・Shelving Bass and Treble with selectable Hi Pass frequencies
・Low Mid and Hi Mid Variable Gain,
・Band Pass EQ with selectable frequency/bandwidth options
■Master Volume: Rotary Control
■Line In: 1/8” mini jack
■Headphone Out: Stereo 1/4" Phone jack
■Mute Switch
■AC Mains Power Switch with LED Indicator
■EFX Loop: Series/Parallel selectable, w/ground lift
■Tuner Out: 1/4" Phone Jack
■Mute Footswitch: 1/4" Phone Jack,Latching type switch
■Direct Out: 600 Ohm Balanced, XLR, Pre/Post, Ground Lift and Level control
■Speaker Outputs: 2 x Neutrik Combi Connectors
■accept NL2, NL4 or 1/4" Phone
■Chassis: Aluminum
■Removable Rubber Feet: Adhesive backed
■Rack Ears (Optional)
■Size: (H x W x D mm) 86.06 x 384.15 x 203.2
■Weight: 2.8kg

こちらは軽量コンパクトながら1000w/8Ωのハイパワーを誇る、クラスDベースアンプヘッド"BULLHEAD1K"とツイーター付き12"ネオジウム・ドライバー1発キャビネット"SM112"を組み合わせた高品位アンプセット。多彩なキャラクター、上品な奥行きを得た音色を充実のローエンドにて再生します。すこぶる反応良く且つ、限りなくローノイズで癖のないサウンドでパッシヴからアクティヴ、更にはアコースティック・ベースまで、幅広い入力ソースに対応します。

DSCF3.jpg

なお、当アンプヘッドのプリアンプ・デザインは、かのフォデラのオンボードプリアンプで知られるマイク・ポップ氏によりデザインされています。適材適所に割り振られ、効果的なブースト/カット効用を備える各4バンドEQはLED付きガイドボタンで帯域切り替え可能。そしてベーシストが欲する、楽器らしい音像やニュアンスを的確かつナチュラルに出音に昇華させています。

[frequency/bandwidth options]
・BASS: 40Hz/80Hz
・LOW MID: 333Hz/473Hz
・HI MID: 1kHz/1.8kHz
・TREBLE: 4kHz/8kHz



DSCF4.jpg

DSCF6.jpg

BASSとTREBLEにはハイパス・フリーケンシーを採用。このあたりはアンサンブル内での音像創出にも助かりますね。

DSCF5.jpg

各MIDはフォーカスされたVariable Gain。ふっと思いましたがこの帯域設定は、かのサウンドデザイナーらしいところかも知れませんね。このあたりに実は隠れたこのアンプのキャラクターが見て取れます。何ともニクイ(笑)演出ですね。ベースサウンドのコシを抑えつつ、ナチュラルさも両立させている。しかも、演奏ジャンルにも沿った明瞭でキャッチーな音作りも可能にしてしまう...。

総じて、欲しいポイントに効くEQによる使い勝手が良く、楽器そのものの音色をストレートにアウトプットするのみならず、彩りを加える事も可能にする。そんな中でもベース本体が持ち合わせる「音(個性)」を更に魅力を引き立ててくれます。

アメリカ国内では、「SWRが誕生した時と同じくらいセンセーショナルな出来事・・・」と称されるように、プロフェッショナルベースプレーヤー達の間でどんどん評価が高まっているとの事。何だか思わず頷ける...。

DSCF9.jpg

DSCF8.jpg

スピーカーアウトはスピコン、1/4"フォンジャック対応のノイトリック/コンボジャックが採用されています。
4Ωミニマム・インピーダンス出力となっております。

DSCF7.jpg

アンプ背面にはエフェクトループ、チューナーアウトに加え、アンプのミュート用フットスイッチ(※ラッチスイッチ対応/コチラは別売りになります。)のインプットジャックを備えています。D.I.アウトにはプリ/ポストSW、グランドリフトSWの他にダイレクトアウト用の出力ボリュームも備えています。こちらは実はあると実用面では非常に便利ですね。レコーディングにもしっかり対応してくれるでしょう。


DSCF12.jpg

SM112 [300W/8Ω]
イケベ特価:174,000円(税抜)

[スペック]
■Proprietary Eminence 1 x 12” Neo speaker
■3" voice coil
■HF driver(3500-20,000 Hz) 80° conical horn
■300W music program/ 600W peak
■Custom crossover with peak protection and HF Attenuation
■2 x NL4 Speakon connectors, 2 x 1/4" phone jacks
■Baltic Birch
■Dado and Rabbet Joint Construction
■8 ohms
■Freq. Resp. 35Hz~16kHz
■Metal handles
■Metal corners
■22 oz. sharkskin vinyl
■H x W x D mm: 378 x 483 x 445
■Weight: 16.3kg

当モデル「SM112」は、同ブランドランナップの中でも主軸を担うモデルとなっております。小規模からミドルサイズの会場をカバーすべく開発されており、単体使用でも充実の出力を誇ります。ふくよかなローエンドからパンチーなミッドレンジ、そしてシャープなハイトーンまで解像度の高い音像にて再生し、力強い音量感とスムーズなレスポンスも備えたサウンドにて出力しています。高品位なサウンド傾向ながらハイファイ感を抑えた、ナチュラルなテイストの出音感が心地良く感じられます。また、単体使用でも十分な性能を発揮しますが、SM112をもう一台組み合わせれば、驚愕のラウドなサウンドを生み出します。


DSCF10.jpg

キャビネット背面には8Ωインピーダンスのノイトリック・コンボジャック×2に加え、ツイーター・レベルを備えています。

DSCF11.jpg

当モデルでは12"ネオジウム・ドライバー×1基、3"ツイター×1基を搭載、キャビネットは密閉型、全面バスレフ方式。ベース用キャビネットでは定番のスタイルですね。なお、当ブランドのキャビネットでは十分な奥行きが確保されており、豊かで暖かみのある中低域の放出を特徴としています。

以上、当店ラインナップに新たに加わったお勧めベースアンプのご紹介でした。
既に来日アーティストがライブ使用していたり等、目にされた方もいらっしゃるのでは。
また、国内代理店も過去にバーガンティーノを取り扱い、ロスコーやMベースといった"通"好みのラインナップを取り扱う、ベーシストなら一度は耳にしたことのある、業界の大先輩。その点では、長年の経験値からくるここぞというポイントと今求められる現場ライクな実力とのバランスの良さも大いに魅力となってくれるでしょう。

そうそう、既に丸の内のコットンクラブのハウスアンプに導入されたとか。
スタッフお勧めの新ブランド、是非、一早く手にしてみて下さい!


[お問い合わせ]
池部楽器店 心斎橋Premium Bass
担当:山本まで
■年中無休

┏━━━━━……‥‥‥‥・・・・ ・ ・ ・ ・
 イケベ楽器店 プレミアムベース 大阪/心斎橋
┗━……‥‥‥‥・・・・ ・ ・ ・ ・
実店舗心斎橋プレミアムギターズの3階に、ベースの専門店「プレミアムベース」はございます!ベースの専任スタッフが、ベースのすべてを真心込めてご案内及び配送手配いたします。ぜひご利用、並びにご来店ください!

最終更新:2017/02/13 12:44

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

エレキギター専門セレクトショップ プレミアムギターズ

つぶやき

カレンダー

2017年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム