【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2016/10/26 20:53

先日より展開をスタートした、"ベーススタッフ厳選"のベース入門10点セット
おかげさまで、多くのご成約をいただいております。誠にありがとうございます。

ベース専任スタッフが店頭販売時のお客様の声を元に作成した、こちらの入門セット。
「工具は実は家にあるんですよね。」、「交換弦もなるべく交換時に新鮮なものを用意して下さい。」、「楽しく始めるなら教則本は好きな曲が収録されている本が良いですよ。」etc...

最初だからこそ、なるべくお気に入りの環境で始めて頂く接客が喜ばれる機会が実は多いのです。

今回はそんな【エレキベース入門10点セット】の取扱説明書を作成致しました。
(実は「買ったものの、セットに付いてきた物の使い方がイマイチ分からない…」というお声も多いのです。)
こちらの取扱説明書と共に、素敵なベースライフをお過ごし下さいませ。




----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

・はじめに

これからベースを始めたくて勇気を持って一歩踏みだして下さった皆様、ようこそベースの世界へ!!
若い時にベースを弾いていて、「またやってみようかな」と改めてベースを手にして下さった皆様、どうもお帰りなさいませ!!

【エレキベース入門10点セット】は、実際にベースを演奏するスタッフならではの目線で、セット内容を厳選しています。
ベースを練習し始めるに当たって「とりあえず必要な物」はここに一通りありますし、ベースを演奏していく中で役立つ、長く使って頂けるアイテムを揃えました。
ここでは、そんなセットの各アイテムの説明と共に、演奏の準備、そして演奏後の片付けまでの手順を解説します。
楽しい音楽ライフ、素敵なベースライフを過ごして頂くために、どうぞ最後までお付き合い下さい。




・各アイテムのご紹介

bass-set-fender-jb62-3ts-00.jpg


・セット内容
・ヘッドフォンアンプ
(VOX amPlug2 BASS)
・チューナー/メトロノーム
(Morris CT-3)
・ストラップ
・クロス
・ストラップロック
(Jim Dunlop Strap Lock)
・ピック
・シールドケーブル
(CANARE G-05)
・ギタースタンド
・ソフトケース
・ベース本体







bass-set-01.jpgbass-set-02.jpgbass-set-03.jpg

1. ヘッドフォンアンプ (VOX amPlug2 BASS)
ベース初心者さんだけでなく、キャリアやレベルを問わず多くの方にご好評頂いているヘッドフォンアンプです。
amPlugからニョキっと伸びたプラグを直接ベースのジャックに挿し、ヘッドフォンやイヤホンを繋ぐだけで場所や時間を問わずベースプレイをお楽しみ頂く事が出来ます。
ベースアンプよりもお手軽で、後々お好みに合ったベースアンプのご購入後でも、ライヴ前のウォーミングアップ等にて長く使って頂けるアイテムとしてチョイスさせて頂きました。
単4電池2本(付属)で動作します。

2. チューナー/メトロノーム (Morris CT-3)
お手軽でシンプルなクリップ式チューナー
洗濯バサミのようなクリップ部分でベースのヘッドを挟み、振動でベースの音程を検出する、ベースプレイの基本であるチューニングを行う為のアイテムです。
Morris CT-3は、チューナーだけでなくメトロノームとしても使える優れものです。
ベースは「リズム隊」とも呼ばれることもございます。
こちらも是非練習に取り入れてみて下さい。リチウム電池(付属)で動作します。

3. ストラップ
立った状態でベースを演奏するときの必需品です。
座って弾く時でも、ベースをより安定させるために使っても良いでしょう。
ストラップの長さを調節することでベースを構える高さが変わり、弾き心地も変わってきます。
自分にピッタリの長さを探してみましょう。



bass-set-04.jpgbass-set-05.jpgbass-set-06.jpg

4. クロス
ベースを掃除するための布です。
ベースを弾くと、手の汗や脂分がベースに付いてしまいます。
演奏の後は、クロスを使ってベースをキレイに乾拭きしましょう。
掃除をキッチリするかしないかで、見た目の美しさだけでなく弦やベース本体の耐久性にも差が生まれてきます。

5. ストラップロック (Jim Dunlop Strap Lock)
ストラップが抜け落ちてしまうのを防ぐためのアイテムです。
ベースの落下防止に、あると安心なアイテムです。
最近ではゴム製や金属製等、様々なタイプの同じような商品がラインナップされていますが、最もトラブルの少ないロングセラー商品をチョイスしました。

6. ピック
ロックなプレイに欠かせないピック。ピック弾きは指弾きに比べて、音のエッジ(輪郭)が出しやすい、速いフレーズが弾きやすいといったメリットがあります。
ピックの形状や厚みで、音も弾き心地も変わって来ますので、お気に入りのピックを探してみましょう。



bass-set-07.jpgbass-set-08.jpgbass-set-09.jpg

7. シールドケーブル (CANARE G-05)
ベースからアンプやエフェクターに繋ぎ、音を伝えるためのケーブルです。
ベースを弾くことで生まれる信号は、このケーブルを通って次の機器へ運ばれます。
CANAREケーブルは、練習スタジオ等でも貸し出されていたりしますね。
多くのミュージシャンからも支持を集める定番ケーブルです。
こちらは、「いずれはライヴ活動も」というお声や部活の先輩方からのオススメ等を反映し、5mにしています。

8. ギタースタンド
部屋でベースを保管する時の必需品、ギタースタンド。もちろんベースでも問題なく使用可能ですのでご安心下さい。
ベースは実は特殊な形をしているので、壁に立て掛けての保管では転倒してしまうリスクが非常に高いです。
スタンドを使ってベースを保管し「いつでも手に取れる状態」にしてあげることは、練習頻度の向上を促し、その先には演奏の上達が期待出来るでしょう。

9. ソフトケース
ベースの持ち運びに便利なソフトケース。耐水性や耐衝撃性は高くないので、ケースに仕舞っていてもベース本体と同じ様に丁寧に扱いましょう。
万が一ケースのストラップが外れてしまっても大丈夫なように、持ち運ぶ時には脇に抱え込むようにするのがオススメ。
ちなみに、画像のケースはIbanezベースのセットに付属するケースです。

10. ベース本体
あなたのベースライフ、音楽ライフの相棒となるベース本体。大事にしっかり練習して、思いっ切り楽しみましょう!!





・演奏前の準備
1. ストラップ&ストラップロックの取付け

manual-1.jpgmanual-2.jpg

ベースにストラップを取り付けます。ストラップ両端のレザー部分の穴に、べースのストラップピンが収まるようにセットします。
さらに、ストラップの抜け落ち防止のためにストラップロックも取りつけましょう
ストラップロックは、プラスチックの円盤が2枚重なっていて、ツマミの付いている方の円盤を回転させることで穴の大きさが変わる構造になっています。
穴を大きくした状態でストラップの上から取り付け、穴を小さくすることでストラップをロックします。


2. チューニング
manual-3.jpgmanual-4.jpgmanual-5.jpg
クリップチューナーCT-3をベースに取りつけます。
チューナーのクリップ部分でベースのヘッドを挟んで、チューナーの電源をONにします。
ベースの弦を太い弦から1本ずつ、フレットを押さえずに鳴らしていきます。
チューナーに針が表示され、合わせたい音階からどれぐらい音程がズレているかを教えてくれます。
チューナーの表示を頼りにペグを回して、弦の音程を合わせて行きます
正しい音程にチューニング出来たら、チューナーの表示が緑色に光ることで教えてくれます。
順番に隣りの弦もチューニングしていきましょう。
全部の弦をチューニングし終えたら、また一番太い弦を鳴らしてみて下さい。
先ほど合わせたばかりなのに少しチューニングがズレていることでしょう。再度一番太い弦から順番にチューニングして行きます。全部の弦のチューニングが安定するまで、繰り返し行います。

ここで、各弦の開放ポジションの音階を覚えておきましょう。
(レギュラーチューニング時)
4弦=E (ドレミの「ミ」の音です)
3弦=A (ドレミの「ラ」の音です)
2弦=D (ドレミの「レ」の音です)
1弦=G (ドレミの「ソ」の音です)


※5弦ベースは、5弦=Bに合わせます。
※6弦ベースは、6弦=B、1弦=Cに合わせます。

ベースダイヤグラム.jpg

上の表は、ベースの各弦・各ポジションの音階をまとめたダイヤグラム表です。
4弦ベースを黒文字で、5弦ベース・6弦ベースを含めた範囲をグレー文字で記してあります。
最初から丸暗記する必要はありませんが、各ポジションの音階知っておくとベースを演奏する時の手助けになります。


3. ヘッドフォンアンプのセッティング
manual-6.jpgmanual-7.jpg


ヘッドフォンアンプ(VOX amPlug2 BASS)の電源がOFFになっていることを確認し、プラグをベースのアウトプットジャックに取り付けます
次にamPlug右側にある「PHONES」端子に、お使いのヘッドフォン(またはイヤフォン)を接続します。ヘッドフォンアンプの電源を入れ、Volumeを徐々に上げて行きます。
ヘッドフォンからベースの音が聴こえればOK。もし音が出ない場合は、ベース本体のボリュームを絞っていないか、ヘッドフォンアンプやヘッドフォンが正しく接続されているかどうかを確認しましょう。

また、amPlug左上には「AUX」と書かれた端子があります。
ここに携帯音楽プレイヤー等の出力を接続することで、お好みの楽曲の音源に合わせての練習が可能です。
なお、当機能をご利用される場合は、別途オーディオ・ケーブルをご用意下さいませ。

さらに、本体右上の「RHYTHM」ボタンを押すと様々なリズムトラックを再生させることも可能です。
※詳しい操作方法は、amPlugの取扱説明書をご確認下さい。
amPlugの機能を使いこなすことで、より踏み込んだ、実践的な練習が出来るようになります。

さあ、これでベースを演奏する準備が整いました!! 
後は思う存分、ベースを楽しんで下さい!!




・演奏後の片付け

manual-8.jpgmanual-9.jpgmanual-10.jpg

演奏後はクロスを使ってベースを空拭きし、ベースに付いた汗や手脂を落としましょう。
ネック裏やブリッジ、コントロール周りは、特に手が触れる箇所ので要注意です。
弦の表側、そして弦の裏側もクロスを潜り込ませて掃除することで、弦が長持ちしてくれるようになります。

学校の部室やスタジオで練習した後も、ベースをソフトケースに仕舞う前に必ず空拭きしましょう。
空拭きせずに仕舞うとケース内に湿気が籠もってサウナ状態になってしまうため、ベースのコンディションにも悪影響ですし、ケースも汚れてしまいます。

ベースを持ち帰った後や家での練習後は、ギタースタンドに立て掛けて保管しましょう。
ベースは倒れ易く、意外とデリケートですので、壁に立て掛けるのは絶対にNGです。
また、ギタースタンドで保管することは、いつでも手に取れる場所にベースを置くことになります。練習頻度を上げることこそが、上達への近道です!!



・おわりに

最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。
当店でベースをお求めのお客様には、「楽器のお取り扱いに関してのご案内」という別冊子も、お渡ししています。
ベース本体の取扱いにつきまして、併せてご参考にして頂ければと思います。
初心者の方は、どうしても「何から始めれば良いか」が分からなくて迷ってしまうことが多いと思います。
最初は身近な「先輩」に頼るのも良いですし、教則本や教則DVDを探してみても良いでしょう。もちろん、当店スタッフまでお問合せ頂くことも大歓迎です!!

皆様の音楽ライフ、ベースライフがより良いものでありますように。共に頑張っていきましょう!!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

バナー.jpg

当店自慢の【ベース入門10点セット】は上記バナーのリンク先にて、多数展開中!
あなたの相棒となる、とびっきりの1本を選んであげてください!!

┏━━━━━……‥‥‥‥・・・・ ・ ・ ・ ・
 イケベ楽器店 プレミアムベース 大阪/心斎橋
┗━……‥‥‥‥・・・・ ・ ・ ・ ・
実店舗心斎橋プレミアムギターズの3階に、ベースの専門店「プレミアムベース」はございます!ベースの専任スタッフが、ベースのすべてを真心込めてご案内及び配送手配いたします。ぜひご利用、並びにご来店ください!

最終更新:2017/03/14 19:14

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

エレキギター専門セレクトショップ プレミアムギターズ

つぶやき

カレンダー

2016年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム