【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2016/08/26 17:56

プレミアムギターズ主催のFractal Audio System、Kemper、Line 6の三社合同による国内初!更には世界初のデジタルアンプ・イベント「Fractal Audio System、Kemper、Line 6トリプル・バトル・イベント」のレポートをお届けいたします!

F1.JPG

国内初!更には世界初!のイベントとなりました「Fractal Audio System、Kemper、Line 6トリプル・バトル・イベント」は3名のスペシャルゲストの他、各メーカーテクニカルサポーターをお迎えし各社製品のサウンドを体感、更にご覧頂いたお客様にとって最も良い選択になるのはどの製品かを見定めて頂く為のイベントです!

会場は定員の50名を超え、パンパンの状態でスタート!記念すべきイベントのトップバッターを飾るのはFractal Audio System!Katzuya Shimizu(八十八カ所巡礼)氏をお迎えし、デジタルアンプ人気の火付け役となった「Axe FxII XL+」からスタートです!
F2.JPG

今回はまだ実機をお持ちでない購入を検討されている方を対象とし、内容を厳選したセミナーでしたので、Fractal Audio Systemのセミナーはファクトリープリセットの紹介や、搭載されたシミュレートアンプのサウンドを来場の方へ体感して頂くというシンプルな方向でまとめて解説!分かりやすくも内容は濃く充実の50分となりました。

F3.JPG

Custom Audio Japanでもその手腕を発揮されておりますテクニカル・サポーターの千葉氏からもこれまで数多くのシステムを手がけてきたが、「Axe FxII XL+」のサウンドとオリジナルのアンプのサウンドは本当に聞き分けがつかないほど、クオリティが高いと断言! 同社より展開されているフットコントローラー「MFC-101」を使用したプリセットの操作やワウ、ワーミーなどのエフェクトもご紹介しておりました。
F4.JPG

更に、Fractal Audio Systemと言えば何でも出来る!!!と、「Axe FxII XL+」はデジタルアンプならではの非常に複雑なルーティングを行う事ができると言う事で、最後は画像の様な2台のアンプを用いた巨大なラックシステムを再現したプリセットで締めくくり。

F5.JPGF6.JPG

非常に広大で、かつ緻密なサウンドをメイク可能とし、アナログではコストが掛かりすぎるような複雑かつ大規模なシステムをデスクトップで確認しながら作り込める「Axe FxII XL+」 来場頂きましたお客様からも素晴らしいサウンドとシステムだったと高評価でございました!

F7.JPG





二番手を飾るのは「Kemper」です!メーカー担当者様からのオヤジギャグからスタートした(笑)「Kemper Profiling Amp」

K1.JPG

Kemperといえばプロファイリングですが、今回はサウンドを体感頂く事を重視し数々の名アンプのサウンドをご紹介いたしました! 初っ端から西村守氏によるデモ演奏からスタートし怒涛の音数で会場を圧倒!

K2.JPG

西村守氏からもKemperは音の解像度が高く、モニターしていてもオーディオ的に聴けるとの評価。西村守氏厳選のプリセットから歪みはMarshall JCM800系やBogner Ecstacy更にはTwo-Rockなど名だたるメーカーの厳選のプリセットサウンドを紹介。更には内蔵のエフェクトサウンドを掛け、まるで実機を鳴らしているかの様な密度と音圧を感じる迫力のあるサウンドを会場に響かせていました!

K3.JPG

機能説明は勿論、ライブやギグで欠かせないフットコントローラー「Profiler Remote」の紹介やその他にもRig Managerの説明もあり、Rig Managerには今現在7000以上のリグがアップされているのでKemperとPCを接続しRig Managerを使えば世界中のアンプがワンクリックで試せるとあって、情報で会場からはヤバイ・・や、すごすぎる・・などの声が聞こえておりました!
K4.JPG

Kemperならではの魅力的な機能と優秀なサウンドを体感した会場からは欲しい。。との声が漏れるほどの高い関心を得ておりました!

K5.JPG





世界初のトリプル・バトル・イベントのトリを飾るのはLine 6社より「Helix」!
3社中、最も後発ながら「Line 6社」のブランド力と確かなクオリティー、他を圧倒するデザインで今最も熱い「Helix」!
その「Helix」を紹介するゲストには今、大人気のBaby Metalのバックバンドなどで活躍されているISAO氏を迎えてのセミナー!この時点で開始より既に3時間を越えておりましたが会場のムードは最高潮となっておりました!

H1.JPG

Line 6 Helixセミナーも初っ端から怒涛のデモ演奏からスタート!!ISAO氏の8弦サウンドが会場に響きわたり、Helixの再生能力が如何に高いかを実証いたしました!

その後、ISAO氏本人によるプリセットの作成方法や実際にISAO氏がHelix内で使用されているアンプやエフェクトの細かいパラメーターまでもレクチャーいただき、ファンにはたまらない内容に!

Helixは今回、PCを用いたエディターは使用せず本体のみで簡単にルーティングが出来ると言う事を実演を交えて解説。Helixに搭載された大型のディスプレイを確認しながら僅かな動作でサウンドを作り込んでいくなど、如何にHelixがプレイヤーに優しいイージーデザインであるかを細かく説明!

H2.JPG

Line 6社の開発担当者は音への拘りがすごすぎて変態。。(笑)などLine 6 Helixの開発秘話やアップデート情報なども盛り込みこれまた濃い内容となり50分はあっというまに過ぎてしまいました。

ラストはISAO氏によるデモ演奏で締め括り!

H3.JPG

Helixサウンドの印象は、とにかくオケとの混ざりが良く、まるでCDをその場で聴いているかの様な絶妙なアウトプットで、現場での使用を考え抜かれたサウンドと言えるでしょう!

圧倒的なデザインで他の追従を許さない「Helix」!抜群の操作性を誇り、デジタルが苦手と嘆くプレイヤーからもこれは分かり易く自分でも無理なく使えそうだったと、サウンド面の他にも操作性で大好評でございました!





セミナーのラストを飾る、各社ゲストプレーヤーによるトリプルバトル・セッションを実施!

battle1.JPGbattle2.JPG

オケに合わせて各ゲストプレイヤーがソロ回しをしていきましたが、やはり三台を順に聴いていくと各社の特徴が非常に良くでている事が分かり、ご来場の皆様は非常に真剣な表情でセッションを体感されておりました!

そしてフィナーレにはお三方揃っての弾き倒し!!!
とにかく弾きまくりで音数の嵐でした!!!是非、動画もご覧下さい!!!



イベント終了後には今回のイベントに関するアンケートの実施や特設コーナーでの弾き倒しブースなど、順番待ちでのご案内となるなど大好評!イベント後に即ご購入のお客様も!!誠にありがとうございました!!
駆け足でのレポートとなりましたが、トリプル・バトル・イベントは大成功のうちに幕を閉じました!
実に内容の「濃い」「濃い」5時間!!←長くなってしまいました。。(笑)
ご来場を頂きましたお客様、ならびにご協力頂きました各メーカー様、ゲストプレイヤー様にはこの場をお借りしまして厚く厚く御礼を申し上げます。誠にありがとうございました。

次回開催はまだ決まっておりませんが、必ずや第2回を開催したいと考えておりますので、今回来場された方、またお見逃しされた方も是非、開催の際はご参加いただければと思います!

以上!Fractal Audio Systems & kemper & Line 6 トリプル・バトル・イベントレポートでした!

最終更新:2017/11/25 16:57

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

エレキギター専門セレクトショップ プレミアムギターズ

つぶやき

カレンダー

2016年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム