【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2012/03/08 12:38

プレミアムギターズ楽天ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。松本でございます。

数多くあるGibsonの製品ラインナップでどれが良いのかと迷われている方にご覧頂きたい!!
プレミアムギターズ売れ筋ギターをご紹介です!!

Gibsonの製品ラインナップ中、販売開始から当店での【販売本数・問い合わせ件数】共に上位にある人気モデル!!

それは・・・こちらです!!


3_7_LP_1.jpg

レスポールスタンダードの代名詞となるモデルであるトラディショナルモデル(写真 左)
Gibson Les Paul Traditional 1960 Zebra (Satin Goldtop)

50'sスタイルのLPスタジオ、ハムバッカー搭載モデル(写真 右)
Gibson Les Paul Studio 50s Tribute Humbucker (Satin Goldtop Dark Back)

Gibsonのレギュラーラインでは比較的購入しやすい価格でありながらも、どちらのモデルも「Gibson」をしっかりと味わえる作りとなっています。どちらも人気の艶消しのゴールドトップフィニッシュ仕様です。

Les Paul Traditional 1960 Zebraにはカバーの付いていないオープンタイプの'57 Classic PUで白・黒のゼブラタイプを搭載。
Les Paul Studio 50s Tribute Humbuckerはオープンの498T & 490R黒・黒のブラックタイプです。オープンタイプPUはギターの印象が大きく変わるだけでなく、カバー付きの物と比べ歯切れよいサウンドとなる傾向があります。どちらもオールドミュージックから現代的なサウンドにも対応したオールマイティなPUと言えます。

3_7_LP_2.jpg
バックカラーはLes Paul Traditional 1960 Zebraでは木の温もりを感じられるナチュラルフィニッシュを採用し、Les Paul Studio 50s Tribute Humbuckerはほぼブラックのダークバックとなっています。

3_7_LP_3.jpg3_7_LP_4.jpg
この2枚の写真を見比べて見て下さい。先ほどのPUの違いとバックカラーの違い以外に大きく異なる部分がございます。
さて何処でしょうか??

これは「バインディング」が正解です。指板サイドとボディサイドにあるラインが「バインディング」と呼ばれる装飾で見た目の変化は勿論の事、指板サイドのバインディングはフレットの突き出しを防ぎスムースな演奏を可能にします。
ただバインディングは製作時に非常に手間の掛かる作業となっておりコスト高となってしまう所があります。そこでそのバインディングと言った装飾品を省きコストを抑えたモデルが写真右側のLes Paul Studio 50s Tribute Humbuckerなのです。


また、この2本には目には見えない違いがあります。

それは・・・【Chamberd】構造です。Les Paul Studio 50s Tribute Humbuckerには【Chamberd】が採用されており、ギター本体が重すぎる事が無いようにボディをくり貫きウェイト調整を行なっているのです。これによってギター本体が軽くなり取り回しがしやすく、女性やこれからギターを始める方にも優しいギターとなっています!

如何でしたでしょうかスマイルGibsonギターをお考えの方に少しでも参考となれば幸いでございます。
以上!まつもとでした!

最終更新:2012/03/08 12:38

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

エレキギター専門セレクトショップ プレミアムギターズ

つぶやき

カレンダー

2012年3月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム