【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2021/05/09 12:37

テニス技術に関する質問に

テニスコーチ歴20年以上の店長田畑(ラケットワールド梅田店)が、知ってる限りお答えします。

技術に関するお悩みがありましたら、

メールタイトルに「田畑店長のテニス技術Q&A」と記載の上、こちらよりお問合せ下さい。

ご質問への返答は、ホームーページでの掲載のみとなります。

メールでの返答は行いませんので、ご了承下さい。

Q)
平行陣のQ&A拝見しました。
月二回程度、平日開催の女子ダブルスに出ております。
最近ペアを組み始めたパートナーとは、違うコーチに倣っているのですが。
ペアはコーチに「平行陣でとにかくクロスボレーで粘れ」と指導されています。
私はコーチに、「ストレートやアングルに早い段階で攻める」ように指導されています。
はて?どちらを優先させればよいのでしょうか?

A)
ものすごく難しい選択です・・・
これは賛否両論あると思いますが、私個人的な考え方を申しますと。
チャンスがあればストレートにアタック(展開)やアングルにといった「崩し」や「揺さぶり」は必要以上だと思います。
もし、思いっきりのチャンスでなくても早めに先手を取るべきです。
相手ボールが良くて崩しようのないほどの難易度のボールは「仕方がないので」クロスに返球と考えています。(クロスにボレー返しているだけで相手がミスしてくれる場合は別ですが)
自分の中でのボレーに行くということは、「決める」「崩す」が目的なので「つなぐ」という選択は優先順位の一番最後です。
平行陣をするということは「すきを逃さず先手を取る」という意思表示みたいなものだと思っていますし、それが相手に伝わるとおのずと相手のミスも増えていくと思います。
そうでなくボレーに行って「クロスに深くつなぐ」なら「ストロークで中ロブ」でもあんまり変わらないように思ってしまいますので(何ならストロークで中ロブのほうが安全かも)

こればかりは、先程も言ったように賛否両論ある話題だと思いますが
「コース変えないで」とペアから言われる場合は大体「決める」意識が低いのにストレートやアングルに打って常に返ってくるときに言われているように思いますね。

よって、「思い」があってコースを早めに変えていく事が重要なのかなっておもいます。

最終更新:2021/05/09 12:37

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2021年5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今月