【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

記事詳細

2012-06-02 19:13

こんにちは、スタッフKです。
先日、久々に14-1(ストレート・プール)をする機会がありました。
ハイラン10点がいいとこのヘタレ状態でしたが、ラックをまたいでランを
続けることができたときは気分がいいですね。
そんなわけ(?)で、久々に14-1のクイズを出したいと思います。
今回は取りきる話ではなく、ラックのトラブルを解決する話です。
14-1では、一撃でラックをきれいに割ることはなかなか難しく、
第2、第3のブレイクショットが必要になることもしばしばです。

では配置をご覧ください。
テーブル上にはまだ多くの的球が残っています。
        ↓
配置3-1.jpg

この図では、コーナーポケット近くにある1番か2番をとって、左側の
短クッション中央付近にある3番を入れながらラックを割る事が可能ですが、
どちらの方向から割るのが得策でしょうか。
なお、1番も2番も少しフリがついています。
あなたの選択が決まったら、解説へ進みましょう。
考えている間、スタッフKの落書き(これも久々)をお楽しみください。

ビリヤード001-2.jpg

決まりましたか?
では、説明を始めましょう。
ラックを割るときは、なるべく密集・密着した的球の集団を狙った方が効果的なのは
ご理解いただけると思います。ブレイクショットのときにラックに隙間があったために
うまく割れなかったという経験は多くの方にあると思います。フルパワーでショット
できない14-1では、なおさらです。
フットスポット近辺の的球の塊は、7個のグループと3個のグループに別れますが、
当然7個のグループを狙ったほうが得策であることはおわかりですね。できれば
7番の正面近くに手球を当てたいところです。
しかし1番の位置からだと、3番を入れながら手球を7番に強く当てるのは難しいと
言えます。7番の正面に当てるためにはドローショットになり、手球に十分な
スピードがつきません。
2番の方向からなら無理なく手球を7番の正面に当てることができ、7個のグループを
割ることができるでしょう。
解答001.jpg

2番を入れたあと、手球は短クッションに張り付くぐらいのつもりでポジション
していいと思います。間違っても3番がコーナーにまっすぐになったり、逆フリに
ならないように気をつけましょう。

今回のクイズはちょっと簡単すぎたかもしれませんね。
次回はもう少し頭を悩ます出題を予定しています。数日のうちにアップする
予定なので、お楽しみに。

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

現在、情報を取得中です

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

トラックバック 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2012年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2017年
2016年
2015年

ケータイで見る

URLをケータイに送信

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム

現在、情報を取得中です。