【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2015/05/29 11:06

こんにちはスマイル

まっちゃんです!!音符

まだ梅雨前なのに、東京ではもう真夏晴れになっちゃったような天気が続いています。

暑さに身体が慣れていないから、今からぐったりわからん雫
今年の夏を乗り越えることが出来るか、今から不安を感じていますしょんぼり

一年で紫外線が一番強いこの時期。

紫外線と言えばUVクラフトレジン。

強引な前振りで申し訳ございません。

UVクラフトレジンは、好きなものをレジン液で封じ込めて、
オリジナルのアクセサリーが作れるのが最大の魅力のですよね。

と言う訳で、今回はUVクラフトレジンのアイディアをドーンと紹介しちゃいます!!


(1)紙を入れてみよう!

吸水する紙をレジンに入れると、紙にレジン液が滲みて色が変わってしまうことがあります。
透明のマニキュアを紙の裏表に塗るとレジン液が滲みるのを防ぐことが出来ます。
!充分にマニキュアが乾いてから使います。

1.jpg
裏から見るとこれだけ違います。
左がマニキュアを塗ったもの。
右は塗らなかったものです。

ミール皿のベースに紙を敷く時には、レジン液で紙が浮いてきてしまう場合があります。
そんな時には予め、耐水性の接着剤で紙をミール皿に貼ってしまいます。

手書きのイラストを使う場合には、画材によってはマニキュアを塗ると、
マニキュアでにじんでしまう可能性があります。
カラーコピーしたものを使ったり、スキャンしてプリントしたものを使うようにしましょう。
せっかく描いたイラストがにじんで失敗してしまったら悲しすぎますよねわからん


(2)ビーズを入れてみよう!

ビーズは重いのでレジン液に入れると沈んでしまいます。

型から外すと沈んだビーズがてっぺんに集まっていました。
2.jpg

何度にも分けて、ちょこっとずつレジン液とビーズを入れてその都度、硬化させると、
ビーズが均等に入れることができました。

3.jpg
これは5回に分けてちょっとずつ固めて作りました。


(3)レジンアクセサリーのアイディア

ひらめき外国の切手ポスト
日本のものには無い、おしゃれなデザインが魅力的きらきら
!プリントの質が悪くて、マニキュアがにじんでしまうものもあるのでご注意ください。

4.jpg
切手とアルミホイルを重ねて入れてみました。


ひらめき押し花さくら四つ葉
小さめのものを使うと可憐な仕上がりになります。
押し花を使ったアイディアはこちらで紹介しています⇒
!お花の種類や色によっては、時間が経つと退色してしまうものもあるようです。

5.jpg


ひらめき英字新聞
マニキュアを塗らずにそのまま使うのがおすすめ。
レジンを吸うと紙の白い部分がちょっぴり透けて、蝋引き紙のような雰囲気になります。
透けるので文字の印刷が片面だけで、裏面が余白の部分を使います。

6.jpg

ビリビリと使いたいサイズに手でちぎって使うと
切り端がぼんやりとさらにいい感じになります。


ひらめきオーロラフィルムの包装紙
しわを作って入れるとレジンがオーロラ状になります。
!オーロラフィルムの隙間に気泡が入りやすいので、つまようじでつっついて気泡を消すようにします。 7.jpg
画像の作品にはいっしょにパールビーズも入れました。

!厚みのある作品を作る場合には硬化時間を長めにしてください。


番外編音符きらきら

バングル(ブレスレット)使って、サンキャッチャーを作ってみました。

a.jpg

クリアファイルにバングルをマスキングテープを使って隙間が出来ないように貼って、
ビーズを並べて、レジンを流し込んで硬化させるだけ。

ヒモを通す穴を開けたら完成です!!


下矢印レジンのご購入はこちらから下矢印

rejin.jpg
UVクラフトレジン
rejin.jpg
ミール皿
rejin.jpg
アクセサリーパーツ


皆さんも素敵な作品作ってみてくださいね音符きらきら

以上、まっちゃんでしたバイバイ

最終更新:2015/05/29 11:06

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2015年5月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年