【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2015/12/28 18:29

いつも小田急グッズショップをご利用いただきありがとうございます。
(携帯やスマートフォン等でご覧になる場合は、機種を横に傾けてご覧ください)

小田急電鉄オリジナル「鉄道コレクション1700形」 ついに製品化決定!

小田急電鉄初となるオール転換クロスの”ロマンスシート”を装備した、大きな正面窓が特徴の二代目ロマンスカー「小田急1700形(第3編成)3両セット」 を、 来年(2016年)1月下旬より、TRAINS各店舗にて発売(予定)いたします。 

当鉄道コレクションのモデルとなった第3編成は、昭和27(1952)年に製造され、前面は旧国鉄80系湘南電車の登場以降広まった「湘南形スタイル」を踏襲し、非貫通2枚窓のほか、最大の特徴である張上げ屋根式の導入により、当時においては近代的なスタイルの新造車両としてデビューしました。

この第3編成を含む1700形は、「はこね」や「さがみ」といったおなじみの列車はもちろんのこと、「かもめ」や「ちどり」など数々の臨時列車にも運用し、丸いヘッドマークを輝かせて走る姿は、小田急沿線の「花形」とも呼ばれ、”箱根へ行くなら小田急”がますます定着することになりました。

<鉄道コレクションシリーズ>
鉄道車両をNゲージスケール(150分1)で再現したディスプレイモデル(展示用模型)です。
コレクションとしてお楽しみいただけるほか、ジオラマを飾るアクセントとしてもご利用いただけます。別売りパーツの動力ユニットを装備することで、Nゲージとして走行させることが可能です。

<1950年代当時の1700形(第3編成)>
車両画像2.jpg
車両画像.jpg
※画像はイメージ図です。

<1700形特急車の車体側面に付いた百合のマーク>
無題.png
車体側面中央部には神奈川県花の”百合の花”と会社の頭文字「OER}をデザインしたシンボルマークが取り付けられたことも、当時話題となりました。
※当ブログに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

星製品の詳細(発売日他)については、来年年明けにお知らせいたします。
どうぞお楽しみに!

商品開発担当
冨田

最終更新:2015/12/29 14:18

コメント 3件

2015/12/29 09:28:58

凄すぎる!!

ひで兄やんさん

1700形の3次車が製品化するとは…。自分の予想としたら2300形の各時代の仕様か2320形かなと思っただけに予想外だけど凄く欲しい商品です。欲を言うなれば同時発売で1次車と晩年期の通勤車も是非とも!以前製品化した1910も晩年期の通勤車も製品化して欲しいです。

2015/12/29 17:30:07

1700形製品化決定

瓜坊さん

1700形製品化決定ありがとうございます!凄く楽しみにしています!

第1編成が来るかな?と思っていたのですごいサプライズでした(笑)

SE車以前のロマンスカーまでNゲージで楽しめる良い時代になりましたね!

‥ってことはあと2300系でフルコンプリートでしょうか!


2015/12/30 21:21:27

待ってました

大根おろしさん

今夏Trainsからの鉄コレ新作がなかったため昨年の1910形で打ち切られたものと思っていましたので正直驚いています。

1700形は特急専用車として約5、6年、格下げ後を考慮しても20数年の寿命だったので同時期に同じようなコンセプトで製作され、40年近く大きく姿を変えずに天寿を全うした東武5700形程のインパクトは無い気がします。なので余計に製品化の決定を有り難く思います。

発表から小一ヶ月での発売とのことで試作品の公開も間近いのでしょうか?楽しみですね。

ページ上部へ

カレンダー

2015年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2022年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2021年
2020年