【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2011/10/25 07:40

みなさんおはようございます。
濱崎です。

DSC09447.jpg
私もBトレインショーティーRSE「限定版」缶入り2個セットを購入しました。
早速、近所の量販店でBトレインショーティー専用「走行台車T」と「動力ユニット3」を入手。
_MG_5610.jpg_MG_5611.jpg
このパーツを使ってNゲージ化を試みてみます。


<まずは組立から>
RSEをきれいに組み立てるにはちょっとコツがあります。
基本的には他のBトレと同じなのですが、材料の流し込みの通り道となるゲート痕(パーツを取り外したときに残る突起)を丁寧に取るだけでかなりきれいに組み立てられます。

※初回記事UP時にゲートのことを「バリ」と書きましたが、バリは成形不良により発生する余分なはみ出しを指すので、ゲート痕/突起という表記に訂正しました。

この突起は、ほとんどの方がご存知の例のアレです。
img4eef867fzik5zj.jpg


このゲート痕(以下、突起と表現します)を取るだけで出来上がりがぜんぜん違ってきます。
他のBトレシリーズに応用しても効果が高いので、ぜひ試してみてください。
今回はRSEの押さえどころをピックアップします。

まずはガラスパーツ。
チェックするのは赤と緑の丸印の部分です。
DSC00054aa.JPG

赤丸の突起を平滑にするとは側面に隙間がなくなり、緑丸は車体の高さがきれいに揃います。
黄色い丸印の部分に影響はありませんが、せっかくなので取っちゃいましょう。

ボディを組む前にもう一度丸印の部分に切離し時の突起がないかチェックしてみてください。
下側のピンは思ったより出っ張っていますので押し込むときはご注意を。
※写真は突起を残して撮影しています。
3.JPG

次に一番難しい屋根部分。
突起を削りすぎると屋根と側面に隙間が出来てしまうので、慎重に行きます。
2.jpg

やり直しが効かないので、こんな風に大きめに切って、カッターで少しずつ削ぐか、ヤスリで削ってみてください。
一気に作業をせず、少しずつ削ってゆくのがコツです。
_MG_5539.jpg

組み上げ見本を作ってみました。(上から見た写真です)
_MG_5544.jpg

左から順に
1 きれいに組めたもの。
2 屋根の突起を削りすぎたもの。
3 屋根の突起を取らないで組んだもの。
4 窓ガラスと側面の間に突起が残っているもの。

もう一つのコツは、屋根パーツの組み方です。
屋根は基本的に上から押し込んで組み付けるのですが、硬いときはひっくり返して内側からペン先などで押してあげると上手く行きます。
DSC00037.jpg
開口部の大きい3・4号車の組立てに効果があります。

妻面(側面パーツ)は細かく造り分けています。
DSC00027.JPG
写真のように屋根のR形状が違いますので、説明書と照らし合わせながら取り付けてください。

<Nゲージ化>
RSEをバンダイのBトレインショーティー専用「走行台車T」と「動力ユニット3」を使ってNゲージ化する場合、作業はすごく簡単です。
RSEの先頭車は連結器の必要が無いので、赤い線の部分でカプラーをカットした台車が2個あればOK。
あとはそのまま組めば完成です。
DSC00044.cJPG.jpg
Bトレインショーティー専用走行台車は、素組みのままトミックスのスーパーミニカーブレールC103ぐらいまでは普通に走ります。
私は4号車に動力を入れ、M車には付属のウェイトを全部詰めています。
編成は1M6Tです。


※1 トミックスのスーパーミニカーブレールC103を使用しています。
※2 映像はキットをそのまま組んだものを走行させていますが、実際の走行性能を保障するものではありません。


<3・4号車は大丈夫なの?>
なぜバンダイの専用台車が大丈夫なのかと言うと、台車レリーフに秘密があります。
実は他のものよりちょっとだけ薄く作ってあるのです。
※ちなみにMSEや1000形なども薄く出来ています。

DSC00039.JPG

写真左は5000形の台車、右側はRSEの台車です。

DSC00045.jpgDSC00044.jpg

※C103クラスになると、レリーフがわずかにボディに当たるので、S字や勾配などがからむレイアウトをお持ちの方は現物合わせでレリーフを削ってみてください。

<予算>
Bトレイン専用台車
「動力ユニット3」1台 2,100円×1=2,100円
「走行台車T」3両分  1,120円×2=2,240円
           走行用部品 合 計=4,340円 

おまけ
パンタグラフ
GM製PT48 2個入り 502円×2=1,008円
      総 合 計          5,348円

<道具>
ニッパー、デザインナイフ(カッターナイフ)

前回BトレインEXEのNゲージ化に挑戦してみました。の記事では、KATOの台車を使っています。

KATO製の動力ユニットと台車を使用する場合に比べると合計で1,000円ほど高くなっています。
個人的には「4軸動力」「加工が簡単」「台車レリーフがそのまま使える」メリットのほうが大きいので今回はバンダイのものを使用しています。

次回はKATO製の台車を3・4号車に組み込む実験をしたいと思っています。
加工は果たして必要なのか?
どのくらい台車が当たるのか調べてみたいと思います。
KATO台車で既にC103をクリアしている方もいらっしゃるので、ウデに覚えのある方はぜひ挑戦してみてください。

商品開発担当
濱崎

最終更新:2012/11/26 18:21

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 9件 コメントを書く

2011/10/27 23:32:05

こんばんは

FT-3093さん

はじめまして、今回初めてコメントさせていただきます。
BトレのRSEは鉄道展の時に購入し、その日に組み立てと模型化までしました。模型化に際しては私もバンダイのT台車と動力3を使用しましたが、牽引力を増強するため動力を2つ使用し、2M5Tとなりました。またパンタグラフはKATO製の直流下枠交差型の物を使用しました。電気は喰いますが、余裕をもって走らせることが出来ました。

長文で申し訳ありませんが、今後も機会があったらコメントしたいと思いますので、よろしくお願いします。

2011/10/28 00:41:26

RSE Nゲージ化 バンダイ最小半径

金田輝明さん

大変に参考になりました。バンダイの動力ユニットの最小半径は、同社オフィシャルサイトでは216ミリとなっています。作例のビデオ拝見しました。実際の最小通過半径はどれくらいですか、ご教示いただければ幸甚です。よろしくお願いいたします。

2011/10/28 04:47:56

コメントありがとうございます。

小田急グッズショップTRAINSさん

コメントありがとうございます。
>FT-3093さん
2動力だと力がありそうですね。
私はKATO製のものが品切れだったので、GM製を購入しました。
パンタも色挿しをするとかっこよくなるかもしれません。
先日、ガンダムマーカーのシルバーで車輪の横面を塗って失敗。
あまりかっこ良くなかったので、グレーでやり直したいと思っています。

>金田輝明さん
動画の半径はC103です。
実は私もここまで曲がれるとは想像していませんでしたが、S字も危なげなく走ってくれています。
立派なものです。
公式にはオフィシャルサイトと同じく216ミリまでとなりますが、きちんと組めば予想以上の性能を出してくれます。
私の組んだものはC103同士のS字もOKでした。
勾配、反向曲線、逆カント、転てつ機など、諸条件により調整が必要な場合もあると思いますが、走行は非常に安定しています。

KATOの台車組み込みのコツは、ミロスラフ・カミンスキーさんが10月12日の日記「BトレRSEの見本が到着しました」にコメントを頂いているものが参考になります。

みなさんの加工例、ぜひお聞かせください。

商品開発担当
濱崎

2011/10/29 06:12:20

KATO製パーツを使ってNゲージ化する際の注意点

ミロスラフ・カミンスキーさん

 濱崎様、ユーザーの皆様、何だかしつこい投稿ですが、濱崎様のコメントに私の名前が出ているので、ここでもう一度「おさらい」ということで…
 その1、KATO製の動力ユニットをRSEのBトレインに組み込む際、そのままだと側面パーツのピンに当たってしまうので、組み立てた後ピンを内側から切り取る必要があることです。ちなみに、バンダイ製の動力ユニットでは、このようなことはなく、そのまま組み込めます。
 その2、KATO製の動力ユニットでは、1M6Tでは少々苦しいようで、2M5Tにすると安定して走るようです。これは、その後買った新幹線N700系のBトレで、もう一度検証する必要がありそうですが…ちなみに、だいぶ前に買った新幹線0系と500系では、3M13Tにしています。
 その3、ダブルデッカー車にKATO製の台車を組み込む際、そのままだとボルスターが階下部分の出っ張りに当たってうまく動かないので、ボルスターをヤスリで少し削るといいようです。
 以上、皆様、参考にして下さい。

2011/10/29 17:35:35

カミンスキーさん、ありがとうございます。!

小田急グッズショップTRAINSさん

濱崎です。
詳細情報ありがとうございます。
実際に試してみた方のお話をいただけるのは、とても助かります。
生きている情報って本当に大事だなと感じています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

感謝の気持を込めて。
濱崎

2011/10/29 22:26:44

素晴らしい!

ぺこちゃん3世さん

ご無沙汰しております。
店長さま
素晴らしいです。売りっぱなしでは無く、アフターフォローもばっちりなんて。
そして、何より動力化を考えて、台車を薄くしていただいたところなんて
感動です!
Bトレって立派な教育ツールだと思います。
ランナーや梱包袋の後始末。そして何よりきっちり作る事によって本当に良いものができる。
教えて頂けます。
RSEの説明書には、是非このブログのURLも書き加えて頂いてください。

2011/11/01 22:08:35

ありがとうございました

金田輝明さん

濱崎様、ミロスラフ・カミンスキー様ありがとうございました。これまでVSE,SSE、SEのBトレのNゲージ化についてはKATO製品で行ってきたのですが、このRSEについてはお二方のコメントを参考にさせていただき、はじめてバンダイ製品でやってみることに決めました。

2011/11/24 22:46:36

抜群の完成度と満足感(ご報告)

金田輝明さん

貴店でRSE限定版を購入して濱崎様の記事通りに製作してみました。車体については特に前面板、側面板、屋根板、妻板などの各接合部分の仕上がりがとてもきれいにできました。
足回りについてはバンダイの動力の走行性がいまひとつで、実はかなり苦労してしまいました。ずいぶんと試行錯誤を繰り返しました。最終的には2号車をM車として、ウエイトを付属の4個に加えてTAMIYAのミニ四駆用のものを4グラム(2グラムx2)追加しました。結果としては1M6Tで極めて安定した走行性を得ることができました。ただ取説には付属のウエイト以上にはウエイトを積むなと記してあるので、これは「自己責任」として行いました。
最後にパンタグラフは、KATOの阪急用下枠交差形を流用しました。
レイアウトのレールはTOMIXで、曲線半径が140の小さな細長い小判型エンドレスです。直線部分にミニ電動ポイントが2か所あって、そこから引込線が本線直線に平行に2本伸びています。
こんなささやかなレイアウトを、この実に美しいフォルムのRSEがきわめてスムーズに走ってくれます。まことに嬉しい気分です。どれくらい嬉しいかといえば、宝くじが50万円当たったくらいの嬉しい気分です。
このRSEの完成度は抜群だと思いました。そして製作後の満足感は大変に大きなものでした。素晴らしい製品をリリースして下さりありがとうございました。



2012/12/04 20:28:31

素晴らしいです

はこね36号さん

どうもこんばんは。はこね36号です。
BトレインショーティーのRSE最高です。
いつかほしいです。
HISEや京急2100のBトレを組み立てたとき、結構パリが残ってしまいました。
やっぱり、パリが残らないように作るのがきれいに出来ますね。
Nゲージ化するにも色々な工夫は必要なんですね。
まぁ僕はNゲージの知識は対してないんで、Nゲージ化はしないと思いますww
長文失礼しました。

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2011年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年