【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2018/03/02 12:40

冬のスポーツの祭典、ピョンチャンオリンピックもついに閉幕。

今回もたくさんのドラマが生まれました。


日本代表選手の活躍も目立ち、

今回のオリンピックでは冬季いちばんのメダル獲得数となりました。

金メダル4、銀メダル5、銅メダル4。

「強い日本のアスリート」が世界中を沸かせましたね。

私も連日テレビの報道に注目し、寝不足になるほどでした。


今回の記事では、そんな「オリンピック」をテーマにとりあげます。

また、来たるべき「2020年東京大会」に向けても触れていきます。ぜひご一読を!


オリンピック


オリンピックの歴史は長く、古代ギリシアで行われていた「オリンピア祭典競技」に起源をもちます。

いわゆる「古代オリンピック」です。

これはもともとスポーツというより、神々をたたえるお祭りでした。


古代オリンピックは太陰暦にもとづき、最初は8年に1回行われていたそうです。

それがのちに半周期の4年に1回に変わりました。

そして、1896年からは「近代オリンピック」が開催され、現在に至っています。


そんなオリンピックですが、私がいつも注目しているのは「アスリートの名言」です。

ピョンチャンオリンピックではカーリング女子の「そだねー」が話題になっていますね。

「これが今年の流行語になる」と予測している識者もいますが、

はたして「そだねー」は、流行語になることができるでしょうか?期待が高まります。


私が最初に「そだねー」を聞いたとき、少し前に流行った「だよねー」を思い出してしまいました。

ラップ調の曲に使われた「だよねー」は、当時の流行語です。

やはり、歴史は繰り返されるのですね。


今回以外でも、オリンピックでは数々の名言が生まれています。

たとえばマラソン女子の有森選手。

彼女の「はじめて自分で自分を褒めたいと思います」という名言は、日本中に希望を与えました。


また、私は悔しい名言にも注目しています。

「銀メダル?めっちゃ悔しい!金がいいです」

「金以外は同じ色です…」

こんなオリンピック名言もありました。覚えていますでしょうか?


事実、選手たちにとっては4年に一度の夢舞台。すべてを賭けて臨むオリンピックです。

だからこそ、ボソッとこぼす一言がとても深いのでしょう。

毎回、選手の言葉を聞いては励まされている自分がいます。


そして2020年、ついに東京大会が開催されます。

みなさん、準備はできていますか?


とくに日本での開催となると、外国からもたくさんの観光客が訪れます。

そんなとき、英語で会話できたら、楽しそうですね!

私も東京オリンピックにそなえて、英語の勉強にとりくんでいます。


もちろん、準備は外国語だけではありません。

2020年に向けて、全員で「元気なニッポン」を準備したい。

そのためには、ひとりひとりが「おもてなし」の実践者になること。

あなたの元気が拡散され、最高のステージへとつながっていきます。


「今日」という一日は、あなたにとっての夢舞台。

最高の状態でオリンピックを迎えられるよう「元気のリレー」をしてみましょう。


人間、一生懸命になればドラマが生まれるもの。

たとえオリンピック選手ではなくても、ひとりひとりの人生においてもドラマが生まれます。

東京オリンピックを成功させるために、私もはりきってみたいと思います。

「待ってろ2020年!」


NOVA ONLINESHOP、湯澤でした。

最終更新:2018/03/02 12:40

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2018年3月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2019年
2018年
2017年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム